09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ、飛べない豚ではないらしい 

怪我を治す気があるのかないのかブクブクと肥え太り、挙句の果てに「売春夫」に騙されて金をせびられるなど、晩節を汚す一方だったロナウド。しかし、捨てる神はまだいた。コリン星の強豪・・・でなく、ブラジルの名門コリンチャンスだ。そして彼はヤった。いや、やった。大統領からの非難にも負けず、ついにゴールを決めたのだ。

○元ブラジル代表FWロナウドが復帰後初ゴール サンパウロ州選手権のパルメイラス戦

サッカーの元ブラジル代表で、昨年2月の左ひざ負傷以来約1年ぶりに母国の名門コリンチャンスでピッチに復帰したFWロナウド(32)が8日、サンパウロ州選手権のパルメイラス戦に途中出場し、復帰後初ゴールを挙げた。
 
ロナウドは今月5日に続く復帰2試合目で、後半18分から出場。再三チャンスを演出し、シュートがクロスバーに阻まれる場面もあったが、ロスタイムの同47分、CKにヘディングで合わせ同点のシュートを決めた。試合は1-1で引き分け。
 
ロナウドは「自分の気持ちを説明できないが、復帰までのつらかった瞬間が頭を駆け巡った。感激している」と喜んだ。

~スポナビより~

復帰戦でのパフォーマンスは酷いものだった。コリンチャンスの大ファンであるルーラ大統領からは、「ロナウドは3時間試合を続けていれば、1ゴール奪えたかもしれない。ただ、それほど長い時間を前線でプレーできるとは思えないがね」と皮肉られる始末。それをパワーに換えてゴールを決めるあたり、やはりロナウドは只者ではない。太っても、年を取っても、“嗅覚”は衰えない。やはり彼はスーパースターだ。もし、大怪我をしなければ。もし、脳味噌がまともだったら。そんなifを最も抱かせるのがロナウドである。
スポンサーサイト

コメント

祝・復帰後初ゴール

かつてのパフォーマンスを求めるのは酷でしょうが、
それでもこうやって再び結果を出すあたり、
やっぱり只者ではありませんね。

>もし、大怪我をしなければ
よく言われますが、小倉がもし大怪我してなければ、
グラ、そして日本サッカーの歴史もまた違っていたんでしょうなぁ。
話題がズレてすみません・・・。

No title.

さすが、日韓W杯の得点王でW杯通算得点王ですね。天性の感覚見たいのがあるんでしょうね。
これでJ2とかに来るとかそんなバカな話ないですよねw

大怪我って言ったら
小野伸二ですかねー
創造性とかパスとか大好き人間なのでw

小倉もですね

>どらぐら様

ロナウドに関しては、TシャツでC・ロナウドともめているようですがw、プレーでもようやく存在感を示し始めましたね。ロマーリオのようなプレイヤーになれば、まだまだ現役生活は続けられると思います。それぐらい、嗅覚が優れていますから。

そして小倉ですか。彼も未完の大器でしたね。代表戦でデビューゴールを決めているあたり、間違いなく何かを持っていたんでしょうが、残念です。

得点感覚は凄いです

>かまぼこ様

バロンドールやFIFA最優秀選手賞も手にしてますし、レジェンドクラスの選手ですよね。素質だけなら、ペレやマラドーナに迫るものがあったのではないでしょうか。

さすがに日本に来るとは考えにくいですが(給料が高すぎる)、ブラジルと日本の関係を考えれば、可能性は0ではないかと。とはいえJ2はちょっと・・・。

小野伸二は、今でも日本人フットボーラー最高の天才だと思っています。彼の場合は、フィジカルが付いてこなかった。フェイエノールト時代の彼は、ピッチ上で光り輝いていたんですが・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。