09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアで依然続くスペインからの青田買い 

PC崩壊の危機を自力で乗り切り(サポートセンターの人も匙を投げたのに、よく頑張ったw)、ウイルスも何とか退治し、今に至ります。
(゚Д゚)ノ

一応、外付けHDDが届いたので、そちらへの移行を早めに済まそうとは思っていますがね。新しいPCが来たら、スムーズにそちらでFM&FM日記を進めたいので。またデータを移す時に問題が発生して、ここで嘆くこともあるかと思われますが、その際には助言頂けると嬉しいです(自分で何とかしろよ
m( __ __ )m

さて、いよいよJリーグが開幕しましたね!!鹿島が3連覇に向けて磐石な勝利を見せ、山形が圧巻のゴールラッシュでJ1初勝利を飾る中、我等が川崎フロンターレは地味に1-1ドローで発進しました。仕事のためスタジアムには行けませんでしたが、携帯サイトのリアルタイムスコアをチェックしてはハラハラしていました。何とか追い付いてよかった。後半はだいぶ盛り返し、「決めてれば勝てた」という論調も多いようですから、これからに期待します。

ちなみに、私の「ファンタジーサッカー」開幕戦は、ジュビロ固めで死亡しました。。。
(´・ω・`)

まぁ、昨夜はインテルが苦しみながらもジェノアを下して勝ち点3をゲットしてくれたので随分と救われました。
(ノ´∀`*)

バロテッリのゴールは、またもや“疑惑”をかけられているようですが、そんなのシラネ( ゚д゚)

おっと、前置きが長くなりました。今日は、こちら。

またまたまた“青田買い”についてです。同じような話題ばっかり紹介してすみません・・・。

※以下、フットボリスタ3月11日号の川内イオ氏のコラムより

セスク、ピケ、メリダ(ともに当時バルセロナ)と続いた、プレミア勢によるスペインクラブの若手選手の青田買い。イングランドでは16歳から奨学金の受け取りが可能なスカラシップ契約ができるが、スペインでは18歳までプロ契約できないという法のギャップを突いたこの風潮は、07年、FIFAがメリダを獲得したアーセナルに対し、所属元のバルセロナへ賠償金約4億1600万円の支払いを命じたことで沈静化するかと思われたが、あまり抑制効果はなかったようだ。

メリダが16歳になる前から秘密裏に交渉を進めるなど、その強引な手法がスペインで強い批判を浴びたアーセナルだが、スカウト活動は継続中。次のターゲットとして噂されるのは、アトレティコ・マドリーBのボランチで、U-17スペイン代表のキャプテンも務めるメロディオ、通称“コケ”だ。コケ自身、毎試合アーセナルのスカウトが見に来ていることを認めており、Aマドリーとしては気が気ではないだろう。

まだ選手がトップチームに昇格していないので目立たないが、アーセナルより青田買いを徹底しているのはリバプール。現在、リバプールの下部組織にはスペインのクラブのカンテラから獲得した18歳から20歳のスペイン人4人、アルゼンチン人1人、セネガル人1人が所属している。さらに、スペインU-16代表でバルセロナのカンテラに所属する14歳のFWデウロフェウの獲得にも動いていると報道されている。

この動きを見る限り、数億円の賠償金の支払いは覚悟の上、ということなのだろう。有望な若手の獲得は、結果的に活躍すれば安い買い物だし、活躍できなかったとしても少ない出費で済む。経済危機の影響でどのクラブも財政事情が厳しい中、プレミア勢の青田買いはリスクが少ない投資として今後も続きそうだ。

---------- キリトリ -----------

以前から何度も私自身書いてますが、数億円の支払いが苦でないビッグクラブにとっては、青田買いのリスクというものは非常に少ないんですよね。10億円以上の大枚をはたいて全然活躍しないスター選手がザラにいる中、若手ならば手元でじっくりと“クラブの色”に育てられる。世界中にスカウトを派遣しても、ダイヤの原石はなかなか見付けられません。そのためにかける費用も億を下らないわけで。だったら、「見付けたところから買えばいい」となるのは当然です。結果、法の抜け道を使って青田買いが進む。これまた何度も書いていて虚しくなりますが、規制する仕組みはできないものでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

確か

ブラジル国内のブラジル人選手は、
18歳になるまで他国のクラブとの交渉はできないみたいなルールがあったと思うのですが、
そのようなルールでも作らない限りは、今後もこういったことは続くのでしょうね・・・。

国によってまちまちですが

ブラジルの場合、最も被害を受けてきた国ですし、最近は若手の違約金を物凄い額に設定していますね。ペレ法なども一応は抑止力になっているようです。今後は同じような仕組みを欧州全体で考えていかないといけませんね。

もっとも、欧州の場合、今度はEU法との兼ね合いが出てくるわけですが・・・。

No title.

(shinでコメントつけさせて頂いてましたが名前が被ってる様なので)

一応UEFAが18歳以下の国外移籍禁止の案を提案するようですね
仮に通ってもじゃあそういう事で、と行くのかどうか。
6+5ルールとかもどうなるんでしょうね

EU法が足枷に

>進様

フットボールの特殊性を、EU法に縛られたエセ人権派が認めるかどうかですよね。一部、他のスポーツでも特殊性を考慮して制限を設け始めていますが、フットボールは世界最大のプロスポーツですから、同じようにいくかどうか・・・。ルールづくりに向けてFIFAやUEFAのお偉方は積極的に動いていますが、さてさて。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。