09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好対照なライバルの“エース” 

バルセロナとレアル・マドリーの“エース”といえば、エトーとラウール――ニステルローイという意見もあるだろうが――である。ただ、同じエースであっても、前者は典型的な問題児、後者はクラブのシンボルであり品行方正な理想的なリーダーと、人間性は正反対。自らの“将来”に対するプランも全く相反している。

○ラウール、2011年で選手生活に区切り

レアル・マドリーの元スペイン代表FWラウール・ゴンザレス(31)が、今後の去就について注目の発言をしている。ラウールとレアル・マドリーの契約は2011年までとなっているが、「誰もが最高レベルでプレーしたいと思っているから、2011年以降もマドリーで現役を続けるのは難しいかもしれない。今のところ、2011年で区切りをつけたいと思っている。契約が切れる6カ月前くらい、12月か1月に自分の状況を見極めて、クラブのために何ができるかを考えたい」と、退団を示唆。

さらに「自分の経験として、また家族のためにもアメリカで1年くらいプレーするのは悪いことではない。もしレアル・マドリーでプレーを続けられるならば、ここでキャリアを終えても何の問題もない」と、MLS挑戦の意思があることを明かした。

~超ワールドサッカーより~

2年後は33歳になるラウール。プレースタイル的には、年齢によるフィジカルの衰えがさほど響くとも思えないが、常勝を義務付けられた「白い巨人」でプレーし続けるのは難しいか。とはいえ、同じポジションで同様にクラブのバンディエラを務めるデル・ピエロは“第二の春”を謳歌している。現役生活を愛するクラブで貫き通すことは不可能ではないはずだ。

さて、いつでもクラブ愛を欠かさないラウールに対し、最大のライバルであるバルセロナのエトーからはまたもや問題発言が飛び出した。

○「バルセロナはただの職場」 エトー、代理人がミランと交渉開始か

バルセロナのカメルーン代表FWエトー(28)から久々に問題発言が飛び出した。フランスの週刊誌「スポルトウィーク」のインタビューで「自分の将来は既に決めている。今はまだ何も話せないけどね」と発言。さらに「僕の心のクラブはマジョルカであり、バルセロナは現在の職場なだけ」と、写真撮影でバルセロナのユニフォーム着用を拒んだのだ。

戦力外とされた昨夏の一件を自分への裏切り行為と捉えているエトーは、2010年6月で満了となる現契約の延長を望むクラブに対し、シーズンオフまで交渉の席に着かない意思を示している。そのような状況下で発せられた今回の発言の波紋は大きく、早くもイタリアではミランとエトーの代理人との極秘交渉が報じられ、イングランドでもマンチェスター・シティが高額オファーを用意しているという噂が浮上。3大リーグを巻き込む移籍騒動に発展する様相を見せ始めている。

一方でバルセロナは、チーム内の最高年俸を要求すると見られているエトーとの交渉決裂を視野にいれ、ビージャ(27/バレンシア)、トーレス(24/リバプール)、ベンゼマ(21/リヨン)らをリストアップしている。なお、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」がウェブ上で行ったアンケートでは、67%のファンが来夏のエトー移籍を予想。また彼の後釜にはビージャを望む声が80%を占め、20%のベンゼマを大きく上回る人気を集めている。

~フットボリスタ3月4日号、工藤拓氏のコラムより~

ちなみに、3人のコメントが載っている。

エトー

「ゴール後にシャツのエンブレムにキスする選手は嫌いなんだ。翌日に高額オファーが届いたら迷わずチームを変えるくせにね。僕の心のクラブはマジョルカであり、バルセロナは現在の職場なだけだ」

グアルディオラ監督

「マジョルカを心のクラブだと言うのは素晴らしいことだと思う。エトーにはただ、このクラブにいる時間を幸せに過ごし、その日が来たら良い思い出とともに去って欲しいと願っている。(シャツにキスをする選手とはメッシーを指すのでは?)レオはエトーとは仲が良いし、そんな選手は他にごまんといるだろう」

ラポルタ会長

「エトーほど並外れた人物にありきたりの言動を期待してはならない。この発言も満足することを知らない彼の性格の一部であり、彼はそのキャラクターでゴールを決めているんだ。我々は世界一のストライカーがバルセロナにいてくれることを望んでいる。それは本人の意思次第だが、エトーは毎試合その意思を示していると思う」

今夏の状況を考えれば、エトーの気持ちも分からなくはないが、いかんせんそれは心に秘めておけばいいことであって、インタビューという公の場で明らかにする必要はない。しかも、スペインの媒体でなくフランスの媒体でというところも疚しさが表れている。ゴールを決める才能は天下一品でも、処世術は三流以下のようだ。とはいえ、自分に正直であり続けられる彼の資質が羨ましくもある。
スポンサーサイト

コメント

エトーさん

良くも悪くもストレートですよね(苦笑)
気難しい性格ですが、プレイスタイルは意外と献身的ってのが面白い選手なのですが。
まあ、なんだかんだで今年はバルサに残留するんでしょうが、
W杯終了後はわかりませんね。

お騒がせ男

>どらぐら様

自分に正直に生きるってどういうことかを体現してますよねwww

ご指摘の通り、ピッチ上では守備もサボりませんし、献身的な素晴らしいチームプレーヤーなんですが。。。

来季開幕前に移籍しそうな雰囲気ですが、プレミアかセリエか。どこでも通用するワールドクラスだけに、去就は注目ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。