10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名うてのFM愛好家に学ぶ、“俺流”・2 

フットボールのシミュレーションゲームとしては、名実ともに世界最高峰の存在である「Football Manager(以下、FM)」シリーズ。日本語版の発売以来、我が国でもフットボールマニアを中心に急速度で支持率を高めている。大国から小国まで世界中のリーグを網羅し、数十万人にも及ぶ選手・コーチ・監督・スタッフを収録。緻密な各種データ計算と、フットボールの母国ならではの感性に裏打ちされたプログラミングは、ゲームの域を越えてフットボールを再現する。セミプロクラブからビッグイアーを目指す、あるいはメガクラブで“黄金時代”を築く。プレースタイルも自由自在だ。

無限の可能性を持つ至高のフットボールシミュレーターに魅了され、日本でも独自の“文化”が形成されつつある。それは、自らのプレーをWeb上で綴る「監督日記」だ。今や、多くのFM愛好家達がホームページやブログで“戦記”を公開している。プレースタイルや表現方法は千差万別だが、全てに共通するのは、FMへの深い愛情に他ならない。

当連載では、自身のホームページやブログで「FM・愛」を貫く方々に、その愛のカタチやこだわりを披露して頂く。FMにどっぷり浸かった方にも、これからFMライフへ入る方にも、彼らの“金言”は刺激となるはずだ。

第2回は、頭抜けた更新頻度と采配能力を有するREUSU氏にご登場をお願いした。





■本日は「これなんてネタゲーム日記?」を連載されているREUSU氏をお招きしました。どうぞ宜しくお願い致します。まず確認させて頂きたいのですが、お名前はどう読むのでしょうか?

「レウスです」

■ローマ字読みで、レウスですね。ではREUSUさん、CM・FMのプレー歴から教えて下さい。

「FM2007(日本語版)からです。ワールドサッカーダイジェスト(以下、WSD)の広告を見て、購入を決めた覚えがあります」

■私も長くWSDを購入していますが、FMの広告を見た時にはちょっと驚いた記憶があります。あの頃は、セガも売る気があったんでしょうね・・・。話が横道に逸れてしまいましたが、FMをプレーする際と日記を書かれる際のこだわりを教えて下さい。

「プレー日記については、ノリと勢い。質より量です。FMをプレーする際のこだわりは、若手を育ててビッククラブに売るのが好きですね。選手を毎年積極的に入れ替えるプレーをしています」

■日記に“個性”を付けるのはなかなか難しいですが、REUSUさんのリズム感というか遊び心は個人的にかなり好きです。失礼にあたるかもしれませんが、「やられた時にも画になる」というか。とにかく、毎回楽しく読ませて頂いております。それから、若手の積極的な獲得は日記からも伝わってきます。09になって若手が使いやすくなりましたし、その手腕はさらに発揮されましたね。時には毎日のようにプレー日記を更新されることもありますが、FMで自慢できることや珍プレーを教えて下さい。

「暇さえあればとにかくFMをやっています。一時期は廃人の一歩手前まで行きました。アホです(笑)」

■廃人の一歩手前ですか?!そこまでの愛情を注いできたからこそ、09を使用した初プレー日記でいきなりパレルモに栄光をもたらせたのでしょうね(詳細はREUSU氏のブログにて)。さて、ここからはFMやフットボールのより細かいこだわりを聞かせて頂きます。フォーメーションおよび戦術についてはいかがですか。

「4-3-3や4-4-2ダイヤモンド等、アンカーを置くフォーメーションが好みかもしれません。あとは選手の個人技による得点も結構好きだったりするんで、ウイングとかトップ下を良く使うかも」

■アンカーを置くと、守備面はかなり安定しますよね。DMCのポジションに入る選手のレイティングが低めになってしまうFMの仕様は気になりますが・・・。ウイングを置けばサイドからの切り込み、トップ下ならドリブル突破や決定的なスルーパス、ミドルシュートが楽しめますよね。いずれにせよ、攻撃志向の強さを感じます。となると、アウェイでもあまりフォーメーションや戦術を変更しないのでしょうか。

「そうですね。基本的にホームとアウェーで戦術を変えることはありません。ただ、状況によっては多少の変更を加えることはあります」

■前回登場頂いたwataoni氏とほぼ同意見ですね。スコアや数的問題などで多少は手を加えるということでしょうか。では、引きこもり対策については。

「チームメンタリティを攻撃的にして、スローテンポでネチネチ崩します(笑)。ただ、それでも崩せずに逆にカウンター食らって敗北することも多いんですよね…orz」

■よく分かります(笑)。嵩にかかって攻めると、どうしたって後方が空いてきますよね。警戒するにも限度がありますし、バランス感覚が難しいところです。ただ、引きこもりの嫌らしさを味わっているだけに、格上との対戦時は積極的にカウンターを狙っていくかというと・・・

「私の場合、引きこもりカウンターで戦うと何故かボコボコにされるので、ノーガードで撃ち合うことのほうが多いですね(笑)」

■やはり(笑)。私の場合、守備的な戦術をつくってもあまり上手くいった試しがないので、諦めて通常通り戦っています(苦笑)。フォーメーションや戦術の話は以上になります。次に、選手獲得の際に重視されることを教えて下さい。

「最近は運動量と積極性を重視して獲得しています。走り勝てれば負けることはない!と信じてプレーしています(笑)」

■近年のフットボールは、まず走れないと勝負になりませんもんね。「走れるファンタジスタ」なんて言葉も出てきていますが、C・ロナウドにせよ、メッシーにせよ、カカーにせよ、走力も並外れてますもんね。運動量と積極性は大前提として、ポジションごとに求める要素は何でしょうか。

「CBは強靱さ・ジャンプ力・身長・タックルが高い肉弾戦や空中戦に強いタイプと、ポジショニング・予測力・スピードが高い頭脳タイプ?を組ませるのが好きです。SBはスピード・スタミナ・タックル・運動量・ポジショニングは最低でも欲しい。+αでオフザボール・ドリブル・クロス精度があればいいかな~なんて(笑)」

「アンカーは運動量・積極性・タックル、あとは身長とジャンプ力もあれば最高。MCは運動量と…パス・判断力・創造性?サイドの選手は、ドリブルとスピード!出来ればオフザボール・テクニック・運動量もあれば…。FWはファーストタッチ・決定力・オフザボールは絶対に欲しい。+αでテクニック・予測力・冷静さもあると良いかも」

■センターバックはリアルでもトレンドの形ですよね。サイドバックはフィジカルに加えて攻撃面で寄与できる技能が欲しいと。アンカーはヘディングで競り合うことも多いですし、高さがあるといいですよね。MCへの要求度が高いのは私と似ています(笑)。FWはREUSUさんもファーストタッチを重視されているんですね。wataoniさんもでしたし、私も今度からFW選びの際に気にしてみます。選手獲得の際のこだわりについては以上です。今度は、FMをプレーする際の質問になります。成り上がりや金満プレーなど色々ありますが、どのようなプレー方法を好みますか。

「伸びしろがある1部リーグの中小クラブで成り上がりが好きです。でも好きなビッククラブで好きな選手を揃えて戦うってプレーも好きです(笑)。結局のところ、貧乏すぎなければどこでも良いのかも(笑)」

■適度な成り上がりでないと、トップディヴィジョンに辿り着く前に燃え尽きてしまうケースがありますもんね。私もそういう気質です(苦笑)。Yeovil Townもプレミアに昇格させて、残留させたところで満足してしまいましたから。あとは金銭面。やり繰りするのも楽しいといえば楽しいですが、あまり気にせずに済むチームのが気楽ですよね。FMについての質問は終わりになります。続いて、リアル世界で好きなチームと選手を教えて下さい。

「好きなクラブはチェルシー。好きな選手はゾラ、チェフ、リカルド・カルヴァーリョ、ジョン・テリー、ランパード、ジョー・コール…等々です」

■まさにチェルシー尽くしですね(笑)。ゾラはスコラーリの後任候補として名前が挙がってますが、クラブOBに任せるのはフリットやビアリで懲りたのでは・・・。なんて、余計なお世話ですよね。現在の日本のフットボールについても一言お願いします。

「一度予選敗退したほうが良いと思います!ショック療法的な意味で!」

■そうですね、それで目覚めるのだとすれば必要かもしれません。私の周囲にも同じことを言う方がいます。ただ、リスクもありますよね。フットボールへの失望感が子供達を遠ざけるかもしれない。競技人口が減ると、どうしたって弱体化しますし。あとは、W杯の中継が減る可能性も怖いです。いずれにせよ、そこまでの意見が出てしまうほど期待感に乏しいということでしょうか。いよいよ質問も最後になりますが、FM、リアルにかかわらず一押しの選手がいれば教えて下さい。日本人でも外国人でも構いません。

「シンクレアとモントリーボには期待しています。トニ・クロースも気になってはいるんですが、TVで見る機会が殆ど無いのでなんとも言えません(笑)」

■元イングランド代表のトレバー・シンクレアでなく、もちろんスコット・シンクレアですよね。モントリーボは着々と名声を高めていますし、トニ・クロースも報道される機会が増えてきましたね。FMでの能力も伸び盛りでしょうし、リアルともども要注目ですね。長いインタビューになりましたが、ご協力ありがとうございました。次回のプレー日記も楽しみにしております。

---------- キリトリ -----------

<編集後記>

第2回は、恐らく唯一FM09での日記を完結させているREUSUさんのインタビューを掲載しました。09での架空若手の優秀さ、それから移籍マーケットでの立ち回り方、また新機能の使い方なども含め、大変参考になると思います。ぜひ、一読下さい。それにしても、廃人の一歩手前までプレーするなんて凄すぎます・・・。

なお、第3回はどらぐら氏が登場です。読みやすいサイズにまとめられた日記とセットプレーの設定検証はいつも参考にさせて頂いています。最近はFMの啓蒙活動にも取り組んでおり、私も見習わなければなと思っています。

ちなみに、第3回にして早くも打ち切りのピンチであります。
( TДT)

もうストックはないので、第3回以降は未定です。
スポンサーサイト

コメント

前回もそうでしたが

このように他の方の考えを知ることができるのは、
同じFMプレイヤーとして非常に貴重です!
前回でも話題になりましたが、攻撃的なポジションの選手ほど、
ファーストタッチって重要なんでしょうね。
ボールを受けた時に、うまくボールがコントロールできなければ、
次の動きがうまくいかなかったり、ボールを失ったりしますから。

あれ、もう次は私なんですか((*´∀`))ケラケラ
>セットプレーの設定検証
あ~、昔やりましたなぁ。
もっともFM2007の時ですから、今となっては他の方の参考にはなりませんが・・・。
FM2008なら、確かwataoniさんがやってらっしゃいましたよね。

ついについに

私の出番ですね!
自分のインタビューがこういう形で乗るのって嬉しいです!
でもちょっと恥ずかしいw

>>それにしても、廃人の一歩手前までプレーするなんて凄すぎます・・・

噂では「今でも大して変わってないよ」とのことですw

私も書いていて楽しいです

>どらぐら様

私も、毎回新しい気付きを得られるので楽しみです。こだわりも様々ですしね。自分のプレーに還元できればと思ってます。
( ・ω・)∩

次回はどらぐらさんですよ~。誠さんも書いて下さると言って頂いたんですが、お仕事がお忙しいようでまだなんです。かなり細かく書いて頂き、感謝しています。
m( __ __ )m

どらぐらさんのセットプレーの設定は、印刷して今でも手元にありますよ!応用して使ってますし。もちろん、wataoniさんのも参考にしてます♪

協力ありがとうございました

>REUSU様

ほぼ、文面はそのまま使わせて頂きましたが、一部手を入れました。ご了承ください。
m( __ __ )m

REUSUさんの日記はいつも楽しみにしてます♪今後ともどうぞ宜しく願います!

プレー量は今でも多そうですね~。私も、なるべく1日2時間くらいは確保しようと思ってるんですが、1時間くらいが限界です。
( TДT)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。