07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【記事追加】世界同時不況にも動じぬ英・プレミアリーグ 

サブプライムローン問題、リーマンショックを経て、転がり落ちるかのようなスピードで世界各国の景気が傾く中、フットボールに携わる人間も多くの負債を抱え、四苦八苦している。バブルに沸くイングランド・プレミアリーグも例外ではなく、一部報道によれば全クラブで5000億円を超える負債を抱えているという。ウエスト・ハムはオーナーが破産の危機で身売り濃厚となり、オーナーのアブラモビッチが約3000億円もの資産を減らしたチェルシーと、投機対象としての魅力が薄れたことに落胆した2人のオーナーが興味を失ったリバプールでは、クラブ売却が囁かれている。まさに一寸先は闇だ。世界同時恐慌下においては、09年度で契約が切れるテレビ放映権料の大幅減少は避けられず、プレミアリーグの隆盛も収束へ向かうと目されていたのだが――。

サッカーのイングランド・プレミアリーグは4日、2010年から3シーズンの同リーグ生中継(英国内)の放送権を、英衛星テレビ大手BスカイBが獲得したと発表した。

BスカイBが入札で獲得したのは、リーグ戦の放送権を6組(1組23試合)に分けたうちの4組分(92試合)。英紙タイムズは入札額が10億ポンド(約1300億円)以上と報じている。残り2組分は、別途入札で決まる。

同リーグの実況放送権はBスカイBの独占が続いていたが、欧州委員会の独禁当局の指導で07年シーズン分から、他のテレビ局にも振り分けられるようになった。

現在、世界で最も活況といわれる同リーグが手にする巨額放映権収入は各クラブに分配され、選手獲得などに使われる主要な資金源となっている。

~時事通信より~

07年に結んだ契約が、全試合で約1500億円。新契約は、契約済みの1300億円にその数字を4で割った325億円を未契約の2組分に加算すれば約2000億円へとのぼります。未曾有の不況下にもかかわらず、さらに増えているわけです。「不況でチケットが買えなくなれば家でテレビ観戦する人が増えるはず」という目算なのでしょうが、いやはや驚きました。





○トレンドは「サイドバック起点」

戦術の多様化・高度化はとどまるところを知らず、またしても新たなトレンドが芽吹きつつある。最近、様々なところで耳にする「サイドバック起点」だ。攻撃のビルドアップを、敵からのプレッシャーが少ないサイドバックに求めようという発想で、特にリーガ・エスパニョーラの中小クラブにおいて採用されるケースが増えている。

例えば、先日ビルバオに敗れるまで6試合4勝2分という好調を保っていたマラガ。このチームはDFラインからのビルドアップが優れており、とりわけ両サイドバックを務めるJ・ガメス、カジェハは「フィード能力に加えて展開力を備え」(小澤一郎氏)、チャンスを創出する。特筆すべきは、カジェハが本来攻撃的MFであるということ。タピア監督は、彼が攻撃の舵取りに専念できるよう、敵の“妨害”を受けづらいSBへと配置しているのだ。サイドラインに側面を守られ――自分の180度だけを警戒し、コントロールすればいい――、後方をCBやセンターハーフがカバーしてくれるSBは、フィールドプレイヤーの中で最も“自由”を享受するポジションの一つ。

ハイプレス全盛の現代フットボールにおいて、安全かつ躊躇なく前へと飛び出せるSBを「攻撃拠点」とする戦術は、これからますます広まっていくのかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

世界同時不況で

さすがにその勢いもここまでかと思われたプレミアですが、
その勢いはとどまるところを知りませんね。
プレミア好きとしては、嬉しいことです^^;

サイドバックが攻撃の起点ってのは、
グラの阿部も似たようなところがあると思います。
ちなみに私、いまだにPES6のデモで遊ぶことがあるんですが(苦笑)、
その時もSBが攻撃の起点になることが結構あります。
理由は、単に下手だからなんですがね・・・。

まさかまさかの…

私もこの金融危機で絶対にプレミアは失速する!と思ってたのでビックリしています。
お金が無い無い騒いでいるチェルシーも電撃戦でクアレスマ獲ってくれましたし…レンタルで、ですけどw
でもおかげでようやくマルダとサヨナラできそうです。
インテル様、本当にありがとう!

観るならプレミア

>どらぐら様

私もプレミアリーグの試合を中心に観ているので、ひとまず安心しました。まだまだ良い選手がプレミアには来そうですね♪

名古屋は両サイドが非常に強力ですよね。ハーフとバックの両方とも組み立てができる。クロスも精度が高いですし、あのサイド突破はJリーグ屈指でしょう。

ウイイレもPESも最近めっきりやらなくなってしまいましたが、私もサイドから崩すタイプです。近作はSBがきちんと上がってくれますし、サイドバックの使い方はカギになるはずです!

放映権バブルは続く

>REUSU様

FMでプレミアをプレーする際にはありがたいものですが、リアルだと試合を観られなくなる可能性があるので、あまり高騰するのも困りますが、まだまだ放映権料ビジネスはバブル期なんでしょうね。

チェルシーはいつの間にか“しぶちん”になってしまいましたが、クアレスマをレンタルで獲るあたりは巧みですね~。でも、不発だったようで・・・。ご迷惑をおかけしてすみません。
ヽ(;´Д`)ノ

こちらは1トップに代えて久々に快勝したというのに。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。