10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名うてのFM愛好家に学ぶ、“俺流”・1 

フットボールのシミュレーションゲームとしては、名実ともに世界最高峰の存在である「Football Manager(以下、FM)」シリーズ。日本語版の発売以来、我が国でもフットボールマニアを中心に急速度で支持率を高めている。大国から小国まで世界中のリーグを網羅し、数十万人にも及ぶ選手・コーチ・監督・スタッフを収録。緻密な各種データ計算と、フットボールの母国ならではの感性に裏打ちされたプログラミングは、ゲームの域を越えてフットボールを再現する。セミプロクラブからビッグイアーを目指す、あるいはメガクラブで“黄金時代”を築く。プレースタイルも自由自在だ。

無限の可能性を持つ至高のフットボールシミュレーターに魅了され、日本でも独自の“文化”が形成されつつある。それは、自らのプレーをWeb上で綴る「監督日記」だ。今や、多くのFM愛好家達がホームページやブログで“戦記”を公開している。プレースタイルや表現方法は千差万別だが、全てに共通するのは、FMへの深い愛情に他ならない。

当連載では、自身のホームページやブログで「FM・愛」を貫く方々に、その愛のカタチやこだわりを披露して頂く。FMにどっぷり浸かった方にも、これからFMライフへ入る方にも、彼らの“金言”は刺激となるはずだ。

記念すべき第1回は、綿密な調査・分析と“経営管理”に定評のあるwataoni氏にご登場をお願いした。







---------- キリトリ -----------

■本日は「鬼のFM攻略日記」を連載されているwataoni氏をお招きしました。どうぞ宜しくお願い致します。まずは、簡単な自己紹介をお願いしたいと思います。wataoniという個性的なお名前の由来からお聞かせ下さい。

「由来は、TVをつけたらたまたま、『渡る世間は~』がやっていまして、これにしよう!という謎な発想からです(ノ∀`)」

■つまり、漢字で書くと「渡鬼」なわけですね。FM・CM(Championship Manager)のプレー歴は。

「CM01/02、FM2005、FM2007です。きっかけはイマズリン氏の日記を見て、これは面白そうだと
衝動買いしたことから始まりました。以来、FMにどっぷり漬かっております」


■イマズリン氏は、プレー日記の始祖とも言うべき方ですもんね。私も、氏や駒氏の日記を読んでプレー日記を書こうと思い立ちましたから。日記のお話が出ましたが、プレー日記を書く際のこだわりはありますか。

「とにかく見やすいように心がけてます。 暇なときにふらっと立ち寄っていただけるようなサイトにしたいと思ってます」

■ブログ自体もカテゴリーごとに整理されていて、見やすいですもんね。私のところとは大違いです(苦笑)。見習わないと・・・。自己紹介はこれくらいにして、いよいよプレースタイルやポリシーについてお聞きしようと思います。戦術やシステムには、個性や志向がよく表れるといいます。フォーメーションや戦術にこだわりはありますか。

「中盤を手厚くできるため、1TOP系の戦術を好んで使いますが、FMのシリーズごとに有効な戦術を試行錯誤しながら実験するのが好きなので、特定の戦術にこだわることはあまりありません。実際FM2008の8.02verでは2TOP戦術ばかりを採用していました」

■確かに、FMはシリーズごとに有効な戦術は違いますよね。きちんとプラネットフットボールの「今」を捉えてプログラミングしているからでしょうか。プレイヤーには柔軟な発想や鮮度の高い知識が求められますね。特定のこだわりはないということですが、例えばホームとアウェイで戦術を使い分けることはありますか。

「戦術によって変えたり変えなかったり・・・ですかね。FM2008でよく使っていた4-1-2-1-2に限って言えば細かい設定を変えたりは しますが、基本的にスタートはホームかアウェイかで戦術をがらっと変化させることはしません。試合内容を見て少しいじるぐらいです(相手チームの サイドの選手にボールが集まっていたら自チームのSBにマンマークを指示するなどなど)。細かい修正をした上で、どうしてもダメならシステムごと変更 します」

■私も、一定の“仕上がり”になるまでは戦術を細かくいじりますが、その後は特定の相手選手に対応するぐらいですね。どうやら戦術へのアプローチ方法は似ているようです。では、いわゆる「引きこもる」相手の打開策についてはどうお考えですか。攻めあぐねてドローに持ち込まれるというのは、FMプレイヤーにとって避けては通れぬ試練ですが。

「FM2007だったら電柱へ放り込み、FM2008の8.01verならDFラインを深く+サイドの選手に入れてとにかくドリブル、8.02 verだったらセットプレー・・・でしょうか?逆に有効な手段があったら教えて欲しいです・゜・(ノ∀`)・゜・」

■「これだ!」という決定打はなかなか見付かりませんよね。こればかりは、永遠の宿題ですね・・・。今度は逆に、格上のクラブと戦う際の戦術について教えて下さい。

「最初から極端に守備的なシステムを使うことは、まずないです。相手がどこであろうと切りあいを挑みますね。敵味方問わずゴールが多いと日記も書 きやすいので・・・」

■派手に散ったら散ったでネタにはなりますもんね。私もキエーボ日記でローマに1-10でボコられた時は、怒り心頭の一方で「ネタにはなるか」と思いました。これは日記職人ならではの“病”かもしれません。システムや戦術の話は以上になります。今度は、選手獲得の際のこだわりを聞いていきたいのですが。

「クラブ規模によりますが、資金力のない小さなクラブならとりあえず頭数をそろえなくてはいけないので、少し足りないところ(例えばGKの奇抜 さが高いだとか、FWのスタミナが一桁だとか)があっても妥協します。 金満クラブなら能力値のフィルターをしっかりかけて吟味します」

■ポジションごとにこだわりはありますか。

「DCはタックルなどの守備スキルに加えて加速力を重視します。SBは攻撃でも貢献できるようにスピードとテクニック重視。バックパスのミスを防ぐために判断力や創造性なんかもあると、なお良し。MCはパサータイプなら判断力と創造性とパス。フィルター役なら運動量とスタミナとポジショニング。SHはドリブルとスピード、加速力に、できればオフザボー ルも。FWはオフザボールとファーストタッチかな。使う戦術にもよりますが大体こんな感じです」

■DCはスピードがないとあっと言う間に振り切られますし、特に加速力は重要ですよね。FWのファーストタッチを重視されるというのは面白いです。ボールを上手く“置く”ことができれば、決定力は補えるということでしょうか。選手選考にもこだわりが窺えます。システム・戦術、選手ときて、次はプレー日記を書くにあたってのコンセプトを教えて下さい。

「成り上がりプレイも、ビッククラブでのプレイもやります。どちらかというと選手獲得に時間のかからないトップリーグのほうが手軽な分始めやすいですね。日記も書きやすいです。マイナー国巡りなどはやったことがありません。伊、英、西のどれかを選択することが多いです。知っている選手がいたほうが楽しめるタイプなので・・・」

■トップリーグだと選手のレベルに惑わされずデータを取れますし、有名選手を扱えるのが楽しいですよね。成り上がりは手塩にかけて育てられるのが嬉しい。両方ともやり甲斐はありますよね。マイナー国巡りについては、分かる気がします。未開の地を探索する楽しさもありますが、知らない選手ばかりだとイメージが湧きづらい部分もありますよね。FMのプレーについての質問は最後になりますが、これまでに自慢できる逸話、ないしは珍プレーはありますか。

「インテルでプレイ中、ビエラをFW起用したら20分で2得点してまったことですかね。ちょうどその頃、FWの得点力不足に悩まされていたので唖然としてしまいました(´Д`;)」

■Jリーグでは終盤に長身のDFをトップに置いてパワープレーに出る作戦をよく見かけますが、FM内でも効くんですかね。その後のシーズンで、ビエラがゴールを量産したのかも気になります(笑)。最後に、現実のフットボールもリンクさせて質問を幾つかさせて頂きます。リアルの世界で好きな選手やクラブは。

「好きなクラブはありますが、クラブを愛してやまない猛烈なファンでもないので秘密。ブログでたまに書く試合レポもどきを見て察していただければなと(笑)普段はイングランドプレミアリーグを見ることが多いです」

■そういえば、プレミアリーグに所属するチームのレポートを何個か書かれていますよね。個人的には、マンチェスター・ユナイテッドやデモ版でプレーされていたチェルシーなんかが怪しいと睨んでいますが、秘密ということですのでこの辺にしておきましょう。海外のフットボールはさておき、日本代表のフットボールについて一言お願いします。

「W杯には出場して欲しい!」

■大丈夫と信じたいですが、先日のバーレーン戦の体たらくを見る限り、心配になりますね。早めに決めて、若手を使って欲しいところですが・・・。さて、これが最後の最後の質問となります。FM、リアルに関係なく、「彼は一押し」という選手がいれば教えて下さい。

「私が押すような選手は大体の方が知っていると思うので・・・他の日記職人の方にお任せします\(^o^)/」

■大変長きに亘り、ありがとうございました。FM2009の本格的なプレー日記もまもなく始動するということで、今から首を長くして待っております。

---------- キリトリ -----------

<編集後記>

ずっと以前から温めていた企画をようやく実現できた喜びと、wataoni氏の魅力を伝えきれていないのではないかという不安が入り混じった第1回をお送りしました。感想や「もっとこんなことを聞いてくれたらいいのに」などがあれば、お寄せ下さい。

ちなみに、このインタビューは「FC2ブログ」のコミュニティ「FM日記職人の集い」に私が質問を書き、それに回答を頂いた上でインタビュー形式に再構成したものです。同コミュニティに所属していて「協力してもいいよ」という方、並びにホームページや他のブログでFMを取り扱っていて「フォーマットをくれれば協力するよ」という方がいらっしゃれば、ぜひ執筆or一報(メールでもコメントでもOKです)下さいませ。夢は、始祖とも言えるイマズリン氏にインタビューすることですね。

なお、次回は卓越した更新頻度の高さと采配力を有するREUSU氏に登場頂きます。

登場順は単純に協力頂いた順番ですw
スポンサーサイト

コメント

さすが実生活で某媒体で記者さんとしてお仕事されているだけあって、きれいにまとめて頂きました。ありがとうございます。なんだか自分のインタビューを見るのは嬉しくもあり、恥ずかしくもあり・・・ですね。


>wataoni氏の魅力を伝えきれていないのではないか

自分で言うのもあれなんですが、心配なさらずとも、本人の持つ力量以上のものが伝わったと思います(笑)少なくとも、自分の意向と違った文章はないですし。今後も何か企画物があれば、都合のつく限り参加させてもらいますね~

コメントありがとうございます

>wataoni様

インタビュー記事は結構書いているので、書き上げるのも楽でしたw
(*´∀`)

それに、質問に対してきっちり答えて頂けてましたからね。ありがとうございました。

今後も、折に触れては変な企画を考えると思いますのでw、懲りずにお付き合い頂ければ幸いです。
m( __ __ )m

どうしても

FC2ブログを利用してないからなのか、
「FM日記職人の集い」にたどり着けなかったので(苦笑)、
できればフォーマットをいただけないでしょうか?

ありがとうございます

>どらぐら様

おお、ご協力ありがとうございます♪

フォーマットは後ほど送りますね!
(゚Д゚)ノ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。