07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まもなく、彼が還ってくる 

eduardo4666x450521730asz4.jpg


2008年2月23日という日を、彼は生涯忘れないだろう。この日、バーミンガム・シティとの試合に臨んだエドゥアルド・ダ・シルバは、マーティン・テイラーの常軌を逸したタックルを左足に受け、選手生命断絶の危機に陥った。“凶刃”を浴びた左足からは骨が飛び出ていたほどで、すぐさま病院へと運ばれ、手術を受けた。幸いにして「即引退」という“死の宣告”は下されなかったが、腓骨の解放骨折と左足首の脱臼で全治9カ月。気の遠くなるような、長く辛いリハビリの日々が待ち受けていた。

しかし、彼は不屈の闘志でそれを完遂した。

そして。

昨年12月のリザーブリーグでついにピッチに立つと、21日に行われた同じくリザーブリーグのストーク・シティ戦ではスタメンフル出場。後半42分には――オフサイドで取り消されてしまったが――ゴールネットも揺らした。

「悪天候での試合だったけど、僕は90分間、何の問題もなくプレーできた。とてもポジティブな結果を得られて自信が湧いてきたよ。もうトップチームでプレーする準備はできている。後は、そのチャンスを待つだけだよ」

と、本人の口調も滑らか。

プレミアリーグの舞台に、多くの拍手に包まれて舞い戻る彼の姿を、我々は近く目にすることになるだろう。

---------- キリトリ -----------

あの衝撃は、今でも鮮明に覚えています。復帰できて、本当に良かった。心からそう思います。彼がいれば、アーセナルは優勝したかもしれません。クロアチア代表はユーロで決勝に辿り着いていたかもしれません。そんな風に思えるほど、充実したパフォーマンスを見せていました。フィジカルコンタクトへの恐怖心に加え、「本当に完治したのか」という不安もあるでしょう。負荷がかかれば、予想だにしなかった痛みが生じる可能性もあります。闘いは、むしろこれから厳しくなります。彼の未来が、明るいものであることを祈ってやみません。
スポンサーサイト

コメント

待ちに待った

復帰の時ですね・゚・+゚・(ノд`)・゚+・゚・.
怪我をする前の状態に戻れるかどうかはまだわかりませんが、
とにかく再びプレミアのピッチに立てることだけでも、喜ばしいことです。

待ってました!

そうですねぇ、去年のアーセナルはエドゥアルドの怪我をきっかけにトップから滑り落ちた印象でした。
現状、満足に信頼をおけるのがファンペルシとアデバヨールくらい(ベントナーはまだまだな印象)だと思うのでエドゥアルドが戻ってくるのはとんでもなく頼もしく感じます。
トップフォームに戻れるかは確証できないとはいえ、幾分かチーム内の雰囲気も良くなることでしょう。
あとはロシツキーが戻ってきて、フラミニの穴を感じさせない選手の獲得、もしくはデニウソンかソング辺りがそのレベルに成長さえしてくれればアーセナルも去年のように優勝を狙える位置につくことができるでしょうね。

まずは大黒柱のいない現状でプレミアとチャンピオンズリーグをどう戦っていくのか。今シーズンはヴェンゲル監督にとって試練のシーズンになっていますね。

No title.

私、ボロカッスル日記でもバーミンガムの選手を推したように、バーミンガムファンです。(といっても、FMで最初に指揮したのがバーミンガムなだけで、実際の試合はほとんど見たことないですが)

なのでこのニュースを聞いたとき、凄く申し訳なく思い、復活を願っていました。(アーセナルが2番目に好きなのでw)

若いアーセナルにもしエドゥアルドが完全復活できたら、これとない追い風でしょうね。

まずは無事に

>どらぐら様

ゴールを決めろとか結果を出せとか言う前に、無事ピッチに還ってきてくれるだけで嬉しいです。

まだまだ年齢的には上積みがありますし、今後は怪我なく頑張って欲しいと思ってます。

アーセナルの得点源はやはり彼ですからね

>ブーム様

アデバヨールの負担は大きいですし、ベントナーもようやく育ってきたという感じですから、やはりエドゥアルドは不可欠な戦力ですよね。相変わらず怪我人の絶えないガナーズにとって、喉から手が出るほどの“補強”でしょう。いきなりフル稼働というわけにはいきませんが、後半戦の巻き返しの原動力になって欲しいものです。

ロシツキーは3月くらいに戻れるみたいですね。彼もここ数年は怪我に泣かされていますが、モーツァルトの異名の通りの繊細かつ美しいプレーを早く見たいものです。

いつまで経ってもアルシャービンの加入が決まらず、後半戦に勢いをもたらす要素が乏しいガナーズですが、アーセンのやり繰りにも注目ですね。

FMを通じて

>かまぼこ様

特定のクラブに愛着を持つってことは、よくありますよね♪それもまたFMの魅力の一つでしょう。
(*´∀`)

私も、やっぱり気になりますし。

バーミンガムは歴史のあるクラブで人気もありますから、早くトップディヴィジョンに返り咲いて欲しいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。