09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇猛鉄壁の青黒、博打に勝って宿敵を撃破 

Derby Italiano

Inter 1-0 Juventus

'72 Muntari

筆者選定MOM:Cambiasso

完璧なポジショニングとクリーンかつ鋭いタックルでボール奪取に奔走し、攻撃面でも広い視野と精度の高いパスで巧みな散らしを見せた。一言で表せば、エレガント。

        ____/ ̄ ̄  
          / │ ̄\__     ゴゴゴゴ・・・
            /  
  
  
        ..     、      ,_    
        ̄\_/ ̄ ̄\/ ̄     ゴゴゴゴゴゴ・・・
    ___/ ̄へ√⌒l⌒´ ̄ ̄\_ 
    ´        /   \

 \いやっほおあああああああああああああああああああ/


 ,r'ニニニヾヽ、                 //ニニニヽ、
("´ ̄ ̄ヾ))     _____   ((/ ̄ ̄`゙`)
|   、ィ_ノと)'   / "\, 、/"\  (つ(_,,ア   |!
i|   ` イ_/  / (‐-、)、 ,(,-‐ ) \. \_Y   |!
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /
  \  \l     i|    |!     l/  /
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。   
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。
  ヾ从ソヾ、, ;;ソ'人゚;,ィ~;;へ、ィヘ;;´ンy∧从/∨ゞ〆´  ,.,
_..〆  ..:::ソ  ..:_::ノ .::j   .:::ノ`ソ´::ゝ .::::...ヽ _.:::`



インテル

GK:J・セーザル

DF:マイコン、マテラッツィ、サムエル、マックスウェル

MF:サネッティ、カンビアッソ、ムンタリ、スタンコビッチ

FW:アドリアーノ、イブラヒモビッチ


ユベントス

シラネwwwww



今季初のデルビー・イタリアーノで、モウリーニョは賭けに出た。5戦連続で登録外になっていたアドリアーノの先発起用と前節のパレルモ戦で初採用した4-4-2の継続だ。この大一番で、首位をひた走るホームチームが打ったまさかの“博打”。失敗すれば悪影響を生じかねない諸刃の剣だったが、代表戦でゴールを決めて“帰還”したアドリアーノは立ち上がりからエネルギッシュなプレーを見せ、選手間の距離を的確に保ちやすいダイヤモンド型の採用で中盤のリズムと安定感も改善。ユベントスが細かいミスを連発したこともあり、序盤はインテルが主導権を握る。

12分には、スタンコビッチがサムエルの正確なロングフィードでDFラインの背後へ抜け出し、決定的なチャンスを迎えたが、上手くボールをコントロールできず。さらに25分、イブラヒモビッチが卓越したボディバランスでロングボールを収め、エリア内でシュートを放つも、GKがキャッチ。33分にはレグロッターリの信じられないミス──味方からのパスをトラップミス──からイブラヒモビッチがGKと1対1なったが、ゴールへ慎重に“置きにいった”シュートは、僅かに枠を逸れた。

その後もインテルが試合を優勢に進め、チャンスの山を築く。ロスタイムには、DFを引き連れながら左へ流れたイブラヒモビッチがエリア内へグラウンダーでパス。これをダイヤゴナルランで走り込んだムンタリが豪快に振り抜いたが、GKマニンガーの素晴らしい反応に防がれる。フィニッシュの精度を欠いたインテルは、無得点で前半を折り返す。サネッティとカンビアッソを軸にプレス&カバーを辛抱強く続けたMF、集中力を切らさなかったDFはユベントスの攻撃をほぼ完璧に封じ込めていただけに、悔いが残る展開となった。

後半も、攻めるインテル・守るユベントスの構図は変わらない。ただ、インテルは時間を経るごとに攻め急ぐ意識が顕現。2トップへの単調な放り込みが増え、厚みのある攻撃を仕掛けられない。65分には、カンビアッソのボール奪取からスタンコビッチがイブラヒモビッチへ浮き球のスルーパスを通し、この試合2度目のGKとの1対1になったが、シュートは左へ外れた。

それでもインテルは“幸運”だった。72分、イブラヒモビッチの打ったダフり気味のシュートが、DFの裏を突きムンタリの足元へと渡る絶好のパスとなり、さらにムンタリの“合わせそこない”はコロコロとゴール右へと吸い込まれていった。

モウリーニョの“博才(ばくさい)”、ここに在り。リードを奪ってからは守備的な選手を相次ぎ投入するなど、運を戦術で補完。5連勝中のユベントスを叩き、勝ち点を30へと伸ばした。

---------- キリトリ -----------

携帯から試合を観ながら打ったため、間違いがあったらすみません。後ほど確認します。

いや~、気持ちよく寝られそうだ。ね、Lたんwww
(・∀・)
スポンサーサイト

コメント

おめでとうございます!

イタリア・ダービーでの勝利で、さらに勢いがつきそうですね。

ありがとうございます!!

>どらぐら様

そして、京都戦の劇的な勝利に乾杯!!

うちも諦めかけた終了間際にレアンドロが決めて新潟に追い付きました。優勝争いも残留争いも未だ激戦ですが、お互い笑顔で終われるといいですね♪
(* ^ー゚)

セリエAはどうやら暫く安泰ですが、今週のCLも含めてそろそろ内容の濃いフットボールを見せて欲しいものです。

・・・

負けたよ・・・
あれじゃ勝てないよ・・・
いつの間にか赤黒が2位にいるし・・・

イブラは凄い選手だね・・・
返して・・・・・・・・・・・・・・・・

ここを見ているとは・・・

>殿

まさか、またこうしてコメントを頂くとは。
( ; ゚Д゚)

こっちではディープなフットボールの話題をひたすらしているので、何らかの暇つぶしになれば幸いです。

さて、イタリア・ダービーについてですが・・・内容もインテルの攻勢が続いてましたからね。まずは完勝と言っていいのではないでしょうか。ユベントスはらしくないミスが多くて、運動量や工夫も少なかったと思います。

イブラは・・・「あざーす」としか言えませんがwww、彼は子供の時からのインテリスタですから、必然の運命だったのでしょうw
(・∀・)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。