07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧巻のリ・スタート オリンピコを王者が制圧 

110393-480.jpg


最高の内容で“再スタート”を切った。スクデットを争うライバルに、敵地で4-0の圧勝。中断前と比べ、ポジショニング、攻守の連動性、ダイナミズム、連携が飛躍的に改善したインテルは、トッティの復活で意気揚がるローマを寄せ付けなかった。

国際Aマッチデーによる中断期間を有効に使えたことは明らかだった。選手間の距離がコンパクトに保たれ、低すぎたディフェンスラインも高い位置をキープ。攻撃ではワンツーや“追い越し”が見られるようになり、守備ではセカンドボールを拾える回数が増えた。プレスも秩序だち、幾度となく高い位置でボールを奪還した。これまでは個人の傑出した能力を未熟な組織がスポイルしていた感が否めなかったが、その“つっかえ棒”が外れたことで、ワールドクラスの選手達は存分に実力の程を見せ付けた。

前半5分のイブラヒモビッチのゴールは明らかに副審の“アシスト”による「オフサイドゴール」だったものの、右サイドのマイコンとクアレスマを中心に攻勢を強めたインテルは、安定したパス回しでゲームをコントロール。今まで孤立しがちだったイブラヒモビッチも、巧みなポストワークで周囲と絡み、豊富なイマジネーションでチャンスを創出した。左ウイングに起用されたオビンナが存在感を示せず、左サイドバックのサネッティは守備に専念していたため、攻撃が右サイド一辺倒になるきらいはあったが、総じてケアレスミスは少なく、マイコンがムンタリとのワンツーでエリア内へ侵入して際どいシュートを放つなど、前半を良い流れで折り返す。

すると後半開始直後の47分、ムンタリのスルーパスで抜け出したイブラヒモビッチが冷静にGKの脇を抜いて追加点。54分にはCKのこぼれ球をスタンコビッチが豪快に蹴り込んで3-0とすると、その2分後にもオビンナがミドルシュートを決めて4-0。スタメン出場の価値を遅まきながらに証明した。後半開始から僅か11分間で点差を4へ広げたインテルは、集中力を保ってローマの反撃を許さず、完封勝利でミッドウィークのチャンピオンズリーグに向けて弾みを付けた。

一方の敗れたローマは、消化不良の感がありありと。トッティのカムバックで看板の「ゼロ・トップ」が甦り、彼の懐の深いプレーを原動力に、鮮やかで迫力のある攻撃を繰り出すシーンも見られたが、いかんせん決定力不足。守勢に回ると堪え切れないのも相変わらずで、2点目を入れられたところで完全に気持ちが切れてしまった。トッティの復活、身体を張った守備を最後まで持続させたローリアの奮闘など、今後の光明も見えたが、このひ弱さを解消できない限り、スクデット獲得は極めて難しいだろう。

スポンサーサイト

コメント

敵地での完勝、おめでとうございます!

これでチェルシーも少しは戦いやすくなった!?
(今週、CLでローマと対戦します。)

ようやく強さを見せてくれました

>どらぐら様

ありがとうございます!

チェルシーはプレミアリーグで華々しい活躍を見せてますね。ローマは非常に脆いですから、きっと一蹴できますよ。健闘を祈ります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。