FC2ブログ

07 | 2021/08 | 09

セリエAが独立?! 

現地時間7日、イタリア・プロサッカーリーグの最高峰であるセリエAが同リーグから離脱し、スーパーリーグを立ち上げる構想を計画していることが分かった。ロイター通信が報じている。

セリエBの各クラブはここ数年にわたり入場者の減少に苦しんでおり、昨シーズンはテレビ中継数の縮小により放映権料が減少し、苦しいクラブ運営を強いられている。一方、イングランドでは、1990年代前半に旧リーグの3つのディビジョンから独立したプレミアリーグが、放映権料の恩恵を受け潤沢なリーグ運営を行なっている。

今季セリエAは分配金として6500万ユーロ(約88億円)の拠出をセリエBに申し出ているが、今週末に行なわれる会議では否決されることが予想されている。

このような背景を踏まえカリアリのマッシモ・セッリーノ会長は、「時は訪れた。このリーグは20年遅れを取っており、もはやこれ以上時間を無駄にできない。セリエAはセリエBから分離する」と、伊『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙に対してリーグからの独立を宣言している。

~ヤフースポーツより~

どらぐらさんのコメントで初めて知り、探してみました。とりあえずセリエAが独立したところで、あれほど画にならないフットボールが他の国で受け入れられるか甚だ疑問であり――なにせインテリスタを自認する私でさえ、インテルのフットボールは退屈で仕方ないですからw――、何かしらの恩恵が得られるとは思いません。そんな無駄な行為に時間を費やすより、暴動問題や人種差別行為の取り締まり、スタジアム環境の整備を進めるべきでしょう。イタリア人はどうも短絡的ですよね。。。

---------- キリトリ -----------

○UEFAが負債過多クラブに“欧州カップ戦への参加禁止”を警告

UEFA(欧州サッカー連盟)のベテラン幹部の1人、デビッド・テイラー氏が巨額の負債を抱えるクラブに対し、「ヨーロッパのカップ戦への参加禁止もあり得る」と警笛を鳴らした。テイラー氏は、サッカー関連の会議の中で、「巨額の借金を一掃できないクラブは “決定的な制裁”を受けるべき」との主張を行ったという。

「最終決定の前に警告などのコミュニケーションをとる方法は存在するが、場合によっては参加禁止も十分あり得ることだ」

テイラー氏は、負債のために複数のクラブの将来が危険にさらされている現状を危惧(きぐ)している。「われわれはヨーロッパのカップ戦への参戦を望むクラブに対し、より厳格な審査が適用されるよう、財政面における最低遵守基準の設定および各クラブのコントロールシステムの強化を検討している」

~同~

以前から導入が検討されていたルールですが、脅えるクラブはトップリーグにもごまんとあります。身の丈に合った経営へのシフトが進むのは健全化の第一歩ですが、今後はますます持つ者・持たざる者の格差が拡大していきそうな予感。

---------- キリトリ -----------

ちょっと短いので、帰宅してから何か足すかもしれません。
( ・ω・)∩


スポンサーサイト



コメント

なんとなんと

さすがはヘタリア!
なにかがずれてる…

これぞイタリア

>REUSU様

イタリアはいつまで経ってもイタリアだということです(苦笑)。

とりあえずセリエBのストライキは避けられたようで何より。TV放映権の高騰によって、その利権を巡る争いが起こる。ピッチ外の騒動にかけてイタリアの右に出る国はありませんねw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)