10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sevilla日記・6 

FM2008日記・俺は代表監督になる!~Mali発、欧州成り上がり物語~

第3章・其の6


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

○これまでのあらすじ○

マリ代表監督に就いたのは偶然だった。

うだつの上がらない選手時代に知り合った〝親友〟が、いつの間にかビジネスの成功で大富豪となり、それを足がかりに祖国のフットボール協会の頂点へと登り詰めていたことによってもたらされた「縁故採用」に過ぎない。

所詮は彼の〝寵愛〟で得たポスト。陰口が痛烈に耳朶を打つ。しかし、裏にどんな経緯があろうと、結果を出せば黒も白となるのがフットボールの世界だ。

「俺はここから成り上がる」

いつの日か、あのビッグイヤーをこの手に――。

見果てぬ夢を叶えるため、彼はアフリカの地へと降り立った。

それから3年余。

2010年ACN準優勝、初めてのW杯出場とベスト16…

輝かしい栄光をマリへともたらし、手腕の確かさは全世界へ発信された。

もはや、資質を疑問視する者はいない。

新たな名将の誕生。世界は、彼の一挙手一投足に熱視線を注ぎ始めた。

Cheivoでの2年間。

彼は天国と地獄の両方を味わった。

悲喜こもごもの中で得た確かな手応え。それを信じ、さらなる高みへと昇りつめる。

今、新たな戦いの火蓋が、切って落とされた。

降格の危機に瀕していたSevillaを文字通り救った暁空也。

また一つ加わった〝勲章〟を胸に、新シーズンを迎える――。


クラブの金庫は空っぽも、チームは好調子をキープ。勝ち点がどんどん貯まり、チャンピオンズリーグ出場権は目の前だ。もはや、チャンピオンズリーグ出場による“集金”なくして今の戦力を維持することはできないだけに、死力を尽くして獲りにいくしかない!!





---------- キリトリ -----------

7日

Sevilla(4位) VS Zaragoza(3位)

目の上のたんこぶを蹴落とすチャンスがキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

この試合に勝てば、ほぼ4位以内は間違いない。残りは敵地でのラシン戦とホームでのヴィジャレアル戦。今の勢いで負けるとは考えにくい。となれば、ここに全力投球。勝って、来季のチャレンジに繋げる。

【両者のフォーメーション&采配】

vsZaragoza13-h-for.jpg

前回対戦時とほぼ同じ。相変わらずサラゴサは珍種の4-2-2-2。中盤の支配率は犠牲にして、2トップの強さと両サイドの速さで何とかしようという魂胆に違いない。実際、それで勝ってるわけだし、特にFalcaoの優秀さは嫌というほど知っている。こいつをいかにマークするかが大事。対面にMbiaを配してタイトマーク&ハードタックル、さらに両サイドハーフに敵の両サイドをマークさせる。そしてGKのOchoaね。スイッチが入ると全く点を取れなくなる。一番の強敵はこいつかもしれない。

【試合開始】

予想通りにポゼッションを握ったのはセヴィージャ。細かいパス交換で相手ゴールに迫る。10分には早くもCeravoloのゴールで先制!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

でも、これってOchoaがフリーキックからCeravoloにパスしてくれただけwww
ヽ(´―`)ノ


そりゃ、決めるでしょw

これで気落ちしたのか、Ochoaにいつものキレがない♪

35分にはFKをOchoaが好セーブしたところに再びCeravoloが突っ込んで2点目をゲット!!!
キタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━ !!!!!

後半に1点を返されたものの、終始優勢を保って勝利!!!
v( ̄Д ̄)v

直接対決を制して3位浮上だぜ!!!!!
(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人


vsZaragoza13-h-result.jpg

ただ、またGabiが怪我。。。全治1カ月間ということで、彼のシーズンは終了。その前に2カ月休んでて、ほとんど働いてないのに。怪我多すぎる。。。
(;´Д`)

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【残りが2試合となりました】

nokori2shiai13.jpg

あれ?バルセロナがElche戦(A)で躓いたーーーーー!!!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!


1-2で負けてやがるwwwww
ガッハガハガハ(・∀・)ガッハガハガハ

これで来季のチャンピオンズリーグ出場権を(σ・∀・)σゲッツ!!

クラブの金庫も潤うぞーーーーーーーーーーー!!!!!
(≧∇≦)b


ただ、昨季は残留争いしていたチームが翌シーズンにCLへ出れちゃうってのはどうなのか。通用するレベルじゃないもんな~。今季UEFA杯でアンデルレヒトに負けちゃったわけだし。来季の予算次第だけど、期待より不安のが大きい。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

さて、あとの2試合は3位か4位かになるだけなので、適当に流しで。

Racing VS Sevilla

vsRacing13-a.jpg

オッズ1.5倍の圧倒的人気を裏切る敗北。起用不満の右サイドバックDiazを入れたらPKを献上しやがった。そして決める来季加入予定のde Zeeuw(苦笑)。おいおいおい。
(;^ω^)

攻撃のチャンスも少なく、それもGKの好セーブに防がれた。結果、サラゴサに抜かれて4位転落。。。
┐(´∀`)┌

Sevilla VS Villarreal

勝って気持ちよくシーズンを終えたい。ドイツとオランダの代表監督が見守る中、ゲームは始まった。常に相手の先行を許す嫌な流れだったが、1点ビハインドの後半に4-3-3に変えて反撃。最後はKerzhakovが決めて黒星だけは避けた。

vsVillarreal13-h.jpg

スタッツ的には互角。チーム力的には若干うちが劣るかな。2トップのHuntelaarとAgueroはやっぱり驚異的だった。ゴールはなかったけど、その2人に釣られて2列目の良いミドルシュートで2発入れられたから

そんなわけで、2013/14シーズンが終~~~了~~~!!
(・∀・)/~~


いつものように総括へと参りましょう。

【2013/14シーズンまとめ】

Spain1314_20080903102037.jpg

最終順位は4位。マドリーの勝ち点99は異常でしょ。。。
(;・∀・)

しかも、得点103、失点18って。。。圧倒的すぎるぞ、(#゚Д゚)ゴルァ!!

これで5連覇ですって。
┐(´∇`)┌

本来、2位の勝ち点84、3位の勝ち点81は優勝しててもおかしくない。それどころか、うちの勝ち点77だって優勝できる成績。過去を見てみると、07/08シーズンの優勝が勝ち点80で、以降、79、72、70、66、80となってる。今季がどれだけおかしかったかということがよく分かる。

現実のリーガは下位であってもビッグクラブを破るのに、この箱庭では下位はまさに草刈り場。完全に二極化しちゃってる。イレギュラーなのは今季だけだといいんだけどなぁ。。。

ちなみに選手成績は・・・

Spain1314-player.jpg

こんな感じ。うちの選手は得点ランキングの4位と6位に入ってる。マドリー勢は働き過ぎ。その後の発表でリーグベスト11に右サイドバックのLeyrieltonが選ばれたけど。

そして、セヴィージャの成績はというと・・・

Sevilla-date-1314.jpg

Ceravoloの貢献がどれだけ大きかったか。売ったのは間違いだったかも。ゴールもアシスとでもトップだもんなぁ。本人が希望してたから仕方ないにせよ、同じような活躍をしてくれる代役はなかなか見付かりそうにない。

チームとしては、1試合平均で2ゴール以上を挙げており、標榜する攻撃的なフットボールができたかなと。ただ、相手がちょっと強くなると点が奪えなくなるあたりはまだまだ。もっとも、メディア予想15位の中で4位は立派。よく頑張った。メディアから「最も(良い意味で)予想を裏切ったチーム」として表彰されたし。

成績面では上々だった13/14シーズンも、クラブの資金は火の車。毎月5億~6億の赤字を出し、途中で大量の資金が追加されたものの、シーズン終了後の時点で2.04Bの負債を抱えている。来季はチャンピオンズリーグ出場によってかなりの大金を得られるが、はっきり言って先行きに不安が募る。果たして補強はできるのか。。。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

なんて書いてたら、いつの間にか銀行から借金してやがった!!!
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!


3.75Bを2029年までに返すらしい。。
(((;-д- )=3


【各国リーグ総括】

○England

England1314.jpg

お馴染みのビッグクラブが順当に上位を占めた。ユナイテッドは2シーズンぶりの戴冠。

○France

France1314.jpg

ボルドーの3連覇を阻止したPSGが3シーズンぶりに優勝。リヨンにも復調の兆し。

○Germany

Germany1314.jpg

戦国ブンデスリーガはシュツットガルトが頂点に。06/07シーズン以来のマイスターシャーレ獲得。HSVは危うく降格するところだった。

○Holland

Holland1314.jpg

AZがフェイエノールトの3連覇を阻み、3シーズンぶりにリーグ制覇。やはりビッグ4が強かった。

○Italy

なんという大波乱。画像を撮り忘れてしまうほどの衝撃ヴィオラが1968/69シーズン以来となる悲願のスクデットを獲得し、2位にはレッジーナが奇跡の滑り込み。インテルは10位に沈み、白黒に至っては降格!!!歴史に残る1年となった。キエーボは今季も残留に成功♪

それにしても、白黒ワロスwwwwwwww
アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ


○チャンピオンズリーグ

CL1314.jpg

ミランが3-1でリバプールを撃破!!セリエAでの失敗を取り返した。ちなみに割愛したけど、UEFA杯はマドリーが延長戦の末にポルトを破って優勝。そんな大会に出てる場合か!

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【ワールドカップ2014】

気付かないうちに始まってた。
Σ(・ε・;)

もうグループが終わりました!

WC-a-d.jpg

WC-e-h.jpg

波乱のない展開ですな。
(・д・)

続いて一気にベスト8まで。

WC-bwst8.jpg

順当に実力上位国が勝ってるかなと。フランス対オランダはこの段階でぶつかるのは勿体無い。ドイツ対ポルトガルもだけど。アフリカ勢ではカメルーンが唯一勝ち上がり。

そしてベスト4が決定。

WC-best4.jpg

スペインが散った。。。
( TДT)

カメルーンは健闘もPKで敗退。オランダはフランスに続きイングランドも倒した。ベスト4はオランダ、アルゼンチン、ブラジル、イタリア。真の強豪のみが残った。

オランダ対イタリア

アルゼンチン対ブラジル

が準決勝。これで決勝は欧州対南米が確定した。
( ・ω・)

結果は・・・

オランダ対イタリアが2-2からPKでイタリアの勝利、アルゼンチン対ブラジルが1-1からPKでブラジルが勝利し、1994年大会と同じイタリア対ブラジルの決勝でございます
( ・ω・)∩

懐かしい。当時、中学1年生。今でもロビーが5本目を天高く打ち上げてうなだれるシーンは鮮やかだ。イタリアの優勝に賭けて母親に千円を回収されたこともwww

3位決定戦はオランダが2-1でアルゼンチンを撃破。オランダ対アルゼンチンといえばベルカンプのスーパートラップだよな~。あれは圧巻だった。
(*´д`*)ハァハァ

そして決勝戦。

WC-final-for.jpg

さすがに2014年にもなると、両国のメンバーがガラッと変わっている。

試合は珍しくイタリアがボールを持つ展開も、4分にDaniel Alvesが挙げたゴールを守りきったブラジルが6度目の世界王者となった。

WC-final_20080903103106.jpg

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【金満ランキング発表】

1位はローマ。なぜかいつも金満化する。もはやFMの7不思議の1つw
(;´∀`)

以下、バルセロナ、白黒、R・マドリー、チェルシー、ベンフィカ、アーセナル、スポルティング、ミラン、インテルで10位まで。3位の白黒は来季セリエBなのにw

セヴィージャは、93位から42へとジャンプアップ!もっとも借金のが沢山あるけど(苦笑)。逆にアストンビラは34位から90位へと大幅ダウン。大丈夫か?
(;・∀・)

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【新シーズンに向けて】

○ファンの選ぶMVP&ベスト11

Ceravoloになると思いきや、さすがにもういないプレイヤーを選ぶのは――ということかな、Kerzhakovになりました。いや、彼も十分頑張ってくれたけども。

で、こちらがベスト11。やっぱりCeravoloはいないのね。

Best11-1314_20080903103227.jpg

○TV放映権料

2.4Bを頂戴しました。
( ・ω・)∩


少しはクラブの金庫も潤ったはず。

○シーズン目標

欧州選手権出場を目標にしたら・・・移籍金が625Mしか出なかった。
(゚Д゚;)


○選手獲得

経営難のため、移籍金を払っての新戦力はたったの1人だけ。2B払って獲得しました!!!
(゚Д゚)ノ

Alejandro Alfaro フィオレンティーナから2Bで獲得

Alfaro.jpg

元々はセヴィージャの選手で、買い戻した格好。チャンピオンズリーグで自クラブ育成選手の枠を埋められるからありがたい。しかし、フィオレンティーナにフリーで移籍されているなんて当時のクラブは何やってたんだよ。。。一応、手薄なFWで起用するつもり。高さはなくてもドリブルで抜けるはず。

○再び代表監督へ

W杯の終了後にアルゼンチンとフランスの代表監督が空いたから、軽い気持ちで手を挙げてみたら両方からオファーがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

悩んで、平均年齢の若いフランスを選んでみた。

ついに世界最高峰の国の監督になれたぞ!!!
(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【2014/15シーズンのタイトルオッズ】

odds-1415.jpg

うちは34倍で6番人気か~。それにしても、マドリーが3.5倍で次がバレンシアの13倍って、どんだけ差があるのか。バルセロナがもう少ししっかりしてくれないと。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【プレシーズンマッチを振り返る】

preseason14_20080903103521.jpg

可も無く不可も無くって感じか。ホームで金稼ぎばっかりしてたから、真価はよく分からないw

一応、4-4-2ダイヤモンドだけでなく、3-5-2、3-6-1、4-3-2-1辺りも試してみた。しっくりくるのは4-4-2ダイヤモンドだったけど、FWの枚数が足りない現状では、怪我人が出た時には中盤を厚くするしかない。危機管理が大事。優秀なセンターバックが多いから、3バックシステムが2番手かな~。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【チャンピオンズリーグ予備予選】

8月

13日

AEK VS Sevilla

ここを勝たない限り、本選には辿り着けない。相手はAEK。どうやら過去には6試合対戦して負けてないみたいで、チャンピオンズリーグでも2008年に対戦していて1勝1分。相性は良いし、大半が架空選手なだけに、ここは勝ってホームに戻りたい。

【要注目選手】

・John Arne Riise

Riise.jpg

唯一の大物が彼。33歳でも衰えはさしてなし。強烈な左足は健在で、十分に気を付けたい。

【両者のフォーメーション&采配】

vsAEK-a-for.jpg

左サイドを警戒して右サイドバックには守備力のあるOttenを起用。他は一応、今季のベストメンバー(予定)を揃えた。Riiseは左サイドバックなのか。なら、そこまで気にしなくていいか。特別な能力を持った選手もいないから、タイトマークなどは設定せず。

【試合開始】

前半29分、センターサークル付近で相手ボールを奪ったLeyrieltonがディフェンダーを3人ぶち抜いてエリア内へ侵入すると、冷静にフリーのKerzhakovへ折り返し、先制ゴーーーール!!!
キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

さらに34分、右へ開いたAlfaroのクロスに走り込んだKerzhakovがダイレクトボレー!!!
マタキタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!

2点リードで後半へ。
いい(≧∇≦)b

圧倒的な強さを見せ付けるセヴィージャは、51分にもAlfaroのデビュー戦ゴールが決まり、完勝!!!
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

Alfaroのゴールは、エリア内で巧みなターンでディフェンダーを外してのファインゴールで、さすがにモノが違うなと。(*^―゚)b グッジョブ!!

vsAEK-a-result.jpg

敵地での3-0で、本選出場はほぼ間違いないでしょう。
゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【キャプテンおよび副キャプテン選出】

昨季のキャプテンと副キャプテンが既に登録メンバーから漏れていることもあり、新しい体制へと移行する。で、選んだのはKerzhakov。在籍年数は1番だし、チームメイトからの信頼も厚い。実際、主力の大半が彼のキャプテン就任に歓迎の意を表した。副キャプテンはスペイン人のGavilan。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【シーズン開幕】

AEKとの試合の後にフェネルバフチェを呼んで金を稼ぎw、いよいよ開幕戦へ。怪我人もなく、きっちりとチームが仕上がったのは、我ながら素晴らしい。
v( ̄Д ̄)v

大勢のサポーターの前で勝って、開幕ダッシュを決めるぜ!!
ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

Sevilla VS Espanyol

【両者のフォーメーション&采配】

vsEspanyol-h14.jpg

今季もスタンダードは4-4-2ダイヤモンド。GKとセンターバック2人、右サイドバック、それから中盤の底はオランダ人で、急造ながらコンビネーションはそれなりに取れるはず。左サイドバックには新加入のSandroが定着。2トップの一角は既に結果を出しているAlfaro。こうして見ると、オランダ人が5人、ブラジル人が3人、スペイン人が2人、ロシア人が1人と、とてもスペインのチームとは思えない。
(゚Д゚;)

これじゃ地元民に愛されないだろうな。。。
(((;-д- )=3


とはいえ、チャンピオンズリーグに出場するチームである以上は仕方ない。許してちょ。
(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

采配は、特に変わったことはしません。一応、1トップにはタイトマークを指定しておいたけど。

【試合開始】

キャプテン就任以来、非常に高いモチベーションを示していたKerzhakovが早速魅せる。GKのロングキックから抜け出すと、豪快なミドルシュートでネットを揺らして先制に成功!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

すぐさま追い付かれたものの、今度はCKからAlfaroがニアサイドで合わせて勝ち越し!!
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

31分にはLeyrieltonのクロスにKerzhakovが合わせて3-1とし、後半へ。「ワクワクしている」で、引き続き好パフォーマンスを期待する。

後半はやや失速したものの、追い上げられる雰囲気は全くなかったため、70分から徐々に主力を下げて逃げ切り。3日後のAEK戦へ余裕を持って臨める完勝でござった。
v( ̄Д ̄)v

vsEspanyol-h14-result.jpg

ただ、Kerzhakovに軽傷マークが点いて途中で引っ込めたんだよなぁ・・・。FWの頭数は少ないだけに、そして絶好調なだけに心配。
(;´Д`)

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【Kerzhakovは…】

無事でした!!!
(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人

危ない、危ない。
( ´―`)フゥー...

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

27日

Sevilla VS AEK

0-2までの負けなら大丈夫な試合。本戦出場を早くも見据えてサブ組の実力拝見。Palacioも復帰して、まさにトライアル。

【試合開始】

なんというか、雨降りしきるホームに駆けつけた43399人に謝罪したくなるほどの情けない内容でのスコアレスドロー。
┐(´д`)┌

枠内シュートが1本って。。。
( ´―`)フゥー...

収穫は押されながらも無失点で切り抜けた守備陣の奮闘のみ。こんなんじゃ本戦で醜態さらすだけでしょう。
(((;-д- )=3

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【チャンピオンズリーグ本戦出場決定】

まず、本戦出場に伴って600Mを頂戴しました。
( ・ω・)∩


そして、緊張の一瞬、組み分け抽選会です!

セヴィージャは第4シード、つまり3チームが決まっているところへ最後に入るわけだから、ドキドキ感という意味ではちょっと物足りないかな。

で、サクサクと抽選を進めて、ついに決定!!

対戦相手はこの3クラブ!!!

ユナイテッド

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

フィオ

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

シャフタール

エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?

この日記を読んでいるようなディープな方には説明不要ですね。

Man-U.jpg

Fio.jpg

Shakhtar.jpg

どう考えても3位争いです、本当にありがとうございました。
(;´∀`)


ただ、ヴィオラには何とか勝てるかもな~。運に恵まれれば決勝トーナメント進出もありえる。いずれにせよ、ユナイテッドが一頭地を抜いてる。

最後に、全グループの組み分けを。

CL-kumiawase.jpg

グループGとか、これチャンピオンズリーグか?!
(;・∀・)

馬鹿にするわけじゃないけど、この4チームじゃ客呼べないでしょ。。。グループFやHも微妙だけど。うちのグループが激戦区に見えるじゃないか!
(-∀―#)

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【ちょろっとリーグ戦2試合分通過】

ホームでのXerez戦、アウェイのMurcia戦は以下の通り。

shortcut-1415.jpg

Xerez戦はお互いの選手が前半だけで2人負傷退場する荒れた試合で、さらに終盤にPKを与えて追い付かれるという展開ながら、終了間際にLeyrieltonのヘッドが決まって勝ち越し。

Murcia戦はCKからと直接FKで2点をリードしながら、いつの間にか3点を取られて負けそうに。そこで采配の妙。レイティング6のKerzhakovを諦めて中盤の選手を入れ、逆にトップ下のGuilhermeを2トップの一角に上げたところ、Guilhermeが起死回生の同点弾をゲット。オッズでは負けてた相手にドローをもぎ取った。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【フランス代表監督のお仕事】

ユーロ2016の予選が始まりました!
(゚Д゚)ノ

ちょっと高齢化しつつあるため、世代交代を推し進めながらの戦いを決意。新キャプテンにはRiberyを(元々はGKのFreyだったが代表落ち)、副キャプテンはJeremy Toulalanを任命した。まだ平均年齢は高めだけど、能力を考えると多少の妥協はやむなし。早くアンダー世代から育ってこないかな~。
(ノ´∀`*)

で、予選はチェコ、マケドニア、マルタ、ノルウェー、スロバキアと同組らしい。余裕だわ、これw
ヽ(´―`)ノ

<主力選手紹介>

怪我で代表から離れている選手も数人いるけど、概ね彼らが主力になるはず。ただ、サブとレギュラーの能力差はほとんどないから、入れ替えはどんどんしていく。

・Hugo Lloris

Lloris_20080903105242.jpg

※写真はセヴィージャ所属時代。さほど能力が変化してないため、そのまま活用。

・Mamadou Sakho

Sakho_20080903105335.jpg

・Younes Kaboul

Kaboul-france.jpg

Gael Clichy

Clichy_20080903105423.jpg

・Francois Clerc

Clerc.jpg

・Ricardo Faty

Faty.jpg

・Jeremy Toulalan

Touolalan.jpg

・Julien Faubert

Faubert.jpg

・Franck Ribery

Ribery.jpg

・Karim Benzema

Benzema.jpg

・Andre-Pierre Gignac

Gignac.jpg

この11人が初戦のチェコ戦のスタメン。控えは豪華で、中盤だけ挙げればJeremy Menez、Samir Nasri、Hatem Ben Arfa、Abou Diaby辺りがいる。怪我人が出ても全然対応できるな~。

それから、フランス代表監督はあくまで副業のため、これ以降は本大会まで取り扱いませんw
(・∀・)/~~

France VS Czech

Rosickyが衰えているのをはじめ、リーグ戦をシミュレートしていないチェコは老朽化が顕著。Fenin、Sivok、Cechあたりは健在も、彼らだけじゃどうにもならない。

マリ代表で使っていた攻撃的な4-4-2で臨んだフランスは、右サイドを突破したFaubertのクロスにBenzemaが合わせて先制すると、64分にもBenzemaが追加点をゲット!!
━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

なんとチェコにはシュート1本しか打たせない大楽勝。その割にポゼッションが44%とはどういうこっちゃ?
Σ(・ε・;)

vsCzech_20080903105748.jpg

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【チャンピオンズリーグタイトルオッズ】

odds-CL_20080903105815.jpg

予想外にもうちのオッズは上位だ。。。
( ゚Д゚)


リーガ勢は人気集めてるな~。サラゴサやバレンシアがユナイテッドやローマと同じだなんて。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

16日

Fiorentina VS Sevilla:CL Grp B

07/08シーズン以来のチャンピオンズリーグへ臨むセヴィージャ。相手はセリエAの強豪フィオレンティーナで、キエーボ監督時代を思い出すな~。またこうして戦えるとはね。もっとも、セヴィージャはキエーボ以上のチーム。勝てる確率は当時より高いはず。

【要注目選手】

・Diogo

Diogo_20080903105924.jpg

高さとスピードはないものの、ブラジル人らしい技巧が光るアタッカー。1トップ向きというよりは、いわゆる0トップ向きの個性だと思われ。

【両者のフォーメーション&采配】

vsFio-a-CL.jpg

敵地ではリスクヘッジに力を注ぐのが自分のやり方。2列目の3人はそれぞれサイドハーフとアンカーにマークさせ、1トップにはタイト&ハードマークを設定した。

【試合開始】

あれだけ試合前に警戒したDiogoに、守備陣は翻弄されっぱなし。
(;つД`)


開始4分にオフサイドラインぎりぎりで抜け出されて先制されると、42分には鮮やかなステップワークから豪快にネットを揺らされて0-2。さらに53分、無人の荒野を行くが如しの突破を許してハットトリックを達成され、挙句の果てに79分にミドルシュートを沈められる始末。個の力のどうにもならない差を痛感する、最悪のゲームだった。。。
┐(´д`)┌


内容は押してたんだけどな~。相手GKがスーパーセーブを連発したのも厳しかった。ようやくFreyがいなくなったと思ったら、またとんでもないGKを据えてやがった。
(-∀―#)

能力値は隠れてるからスクリーンショットは載せないけど。レイティングは9でしたとさ。

vsFio-a-cl-result.jpg

内容では勝っていたため、チームトークは「同情する」。中3日でマドリーとのアウェイゲームがあるのに心配だなぁ。。。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

20日

R.Madrid VS Sevilla

憎らしいほど強いマドリーとの今季初戦。チャンピオンズリーグでけちょんけちょんに叩かれた上に、ここでも負けてしまうのか?!
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

あれ、毎シーズン移籍市場に大金を投下するマドリーが、今季は全く動かなかったみたい。昨季と同じメンバーで十分と判断したのか。偉そうに!!
(-∀―#)

【両者のフォーメーション&采配】

vsR-Madrid14-a.jpg

チャンピオンズリーグを戦っている都合でメンバーがちょっとずつ入れ替わってる。もっとも、主力中の主力はコンディションが95%程度でも出さざるを得ない。ビッグクラブじゃないからね、うちは。厳しい戦いになるだろうな。

マドリーの4-4-2に対しては、両サイドハーフ同士を戦わせ、2トップにはタイトマーク&ハードタックルを敢行。いつものやり方ですわ。
(゚Д゚)ノ

【試合開始】

やはりテクニックの差、フィジカルの差は歴然か。
(゚Д゚;)

というか、立ち上がりの集中力が低すぎる!!
(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

いつになったらこの悪癖が直るのか。

この日も2分に裏を取られてSoldadoにあっさり先制され、8分にはプレスの網をFabregasにかいくぐられてミドルシュートを叩き込まれた。。。
 Σ(´Д`lll)

その後は何とか守れたんだから、きっちり序盤を戦えてれば結果も変わってきただろうに。

vsR-Madrid14-a-result.jpg

はい、今季初敗北キタ―――――ヽ(´―`)ノ―――――!!!。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【9月28日~10月21日までの試合結果】

2014-0928-1019.jpg

ビルバオ戦でLeyrieltonが負傷退場して全治2カ月。。。
ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン


シャフタール相手にチャンピオンズリーグでの1勝目を挙げ、その後のリーグ戦はアウェイで1勝1分。エルチェとは大激戦の末に引き分けだったけど、いつの間にかAndersonがユナイテッドから移籍していて鮮やかなミドルをねじ込まれた。
(;・∀・)

ってか、3失点いずれもミドルシュートってどういうわけよ。。。
┐(´д`)┌


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

10月

22日

Sevilla VS Man Utd:CL Grp B

「ユナイテッドと公式戦で戦うのは初めてなんじゃないかな、この日記で」なんて思ったけど、よく考えれば当たり前だった。キエーボやセヴィージャで指揮している限り、チャンピオンズリーグでしかユナイテッドと戦う機会なんて無いんだから。
( ・ω・)

さて、ざっと選手を見渡すと・・・あれ?なんか選手の質が悪いぞ・・・。
Σ(・ε・;)

全体的に高齢化してて、かつ若手~中堅の選手がろくなもんじゃない。特にディフェンス陣はBarzagliとRafinhaはともかく、あとの先発見込みの2人がザル。中盤より前はHuddlestone、Nani、Aisssati、Prince Boateng、HiguainそしてRooneyと揃ってるけど――控えにはRiberyの名前も――、ホームで相手を受身にできれば勝てるかも。オッズは2.5倍対2.63倍と優勢だし。
m9っ`・ω・´)

【両者のフォーメーション&采配】

vsManU-CL-h-for.jpg

ここ最近のアウェイゲームでは深いラインからカウンターに転じる戦術を使っていたけど、ホームということでいつもの攻撃的な4-4-2ダイヤモンドで勝負。トップ下には意外性と突破力、パスセンスに長けたP.Mosqueraを起用する。あとはお馴染みのメンバーで、怪我でLeyrieltonとKerzhakovがいない。Kerzhakovは代表戦での怪我。
(;つД`)

まだ代表引退しないのかよ・・・って、31歳じゃ仕方ないか。

采配面で特にユナイテッド対策らしいものはなし。タイトマーク&ハードタックルも指定していない。フリーキックもあるし、スピードでは相手が上だから、あまり効果的でないと判断した。

【要注目選手】

・Wayne Rooney

Rooney.jpg

円熟の境地に至ったRooneyさん。高さが皆無なのを除けば、流石に優秀。

【試合開始】

ユナイテッドはどうやら攻める気があまりないみたい。ボールを持っても仕掛けてこないし、前線の運動量とパス精度が足りないから攻め手そのものがあまり見当たらないっぽい。畢竟、攻勢はセヴィージャ。3分、4分といきなり相手GK・Ustariを慌てさせる。
いい(≧∇≦)b

そして11分、P.Mosqueraのスルーパスに抜け出したAlfaroが一度はUstariにストップされるも、跳ね返りを自ら押し込んでゴーーーーーーーーーーーーーーーール!!!
キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!


鮮やかに先制♪
v( ̄Д ̄)v

ユナイテッドもHiguainにボールを集めて反撃に出るも、オフサイドにかかったり、ふかしたりで彼は期待に応えられない。
m9( ̄― ̄)ニヤリッ

29分にはNaniを負傷退場させて(マテマテ)、右サイドの活力を奪う。
Ψ(`∀´)Ψケケケ

このまま1点リードで後半へ。チームトークは「喜んでいる」。

後半も流れはセヴィージャ。68分にはフリーで抜け出したGuilhermeがGKとの1対1を迎えるが、低く押さえられた強シュートは枠の外へ。
(;´Д`)

追加点は奪えないものの、ユナイテッドのチャンスはCKからぐらいで守備陣が大奮闘。Rooneyも幽霊みたいになっとるw

すると終了間際のロスタイム、Alfaroのスルーパスに反応した途中出場のPalacioがディフェンダーを軽やかに交わして勝利を決定付ける追加点!!!
キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!


直後にGuilhermeが負傷退場するも、2-0勝利♪
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

vsManU-CL-h.jpg

スタッツでも勝利に相応しい数値が出とるね!
(ノ´∀`*)

と、これで終わってれば万々歳だったのに・・・Guilhermeは全治2カ月。。。
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【リーグ戦3試合消化】

1026-1101-1415.jpg

Almeria戦は先制を許しながら、Palacioの2ゴールとMbiaの今季初ゴールで逆転。終了間際に1点を返されたのが気に入らない。
(-∀―#)

続く強敵ヴィジャレアルとの戦いは、またも先制されるも(怒)、エースKerzhakovが前半ロスタイムに同点弾。54分には相手キャプテンのGonzalo Rodriguezがエルボーで一発退場し、流れはセヴィージャに。62分にAlfaroが決勝ゴールを奪い、上位争いを制した。

ヘタフェとのアウェイゲームは、ドラマティック性という意味では屈指の展開に。16分にまたまた先制され、81分に追加点を許して敗色濃厚のセヴィージャ。

ところが、Kerzhakov神が降臨なされた!

86分、そしてロスタイムにミドルシュートと単独突破で2ゴール!!奇跡的な活躍で勝ち点1を(σ・∀・)σゲッツ!!

それにしても、3試合連続で先制され、計5失点とはいただけない。攻撃色の強いチームとはいえ、あれだけディフェンダーに投資した甲斐がないじゃないか!
(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

もっとも、守備陣のレイティングはこの日も7で、やっぱり戦術的に不備があるのかもな~。ダメな監督だ。。。
・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・


この3戦を終えて、順位は3位。

11gatsu-1415.jpg

10試合で6勝3分1敗は上々の滑り出し。ただ、失点15というのは恥ずかしい。なんとかならないかな~。
(;つД`)

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【補強費増額のお知らせ】

基本的に赤字体質なくせに(ホームゲームが数試合あって、かつチャンピオンズリーグの試合がないと確実に赤字)、「財政が改善されたから」と突如1.3Bを投入。
(;・∀・)

いや、冬に遣いたいけど・・・銀行のローンなんかもあるし、ちょっと手をつけにくい。どうしようか。。。

なんてところで今回は終わり。ちょっと張り切って長くし過ぎたなと反省。間が空いた分、長めにしてみましたが、どうでしょう。チャンピオンズリーグでは決勝トーナメント進出へ色気が出始め、リーグ戦も極めて順調と、上々の気配のセヴィージャ。果たして、この勢いはどこまで続きますか。次回は一気に中盤~終盤戦へ!!

急がないとFM2009が出てしまうw
(;^ω^)

---------- キリトリ -----------

暫くお休みを頂いておりましたが、本日社会復帰しました。忌引で休んでいる間も、何気に各所を回っていましたが、コメントに関しては自重させて頂いてました。また本日から、活動を再開致しますので、どうぞ宜しくお願い致します。

なお、今夜ホッフェンハイムについての続きを掲載します。

それにしても、セリエAといい、リーガといい、今季は波乱の開幕となりましたね。インテルはサンプドリアとのアウェイゲームということで、多少のエクスキューズは利きますが、昇格してきたばかりのボローニャにホームで負けたお隣は心配。周りにミラニスタが多いので・・・。リーガは、バルセロナの躓きは予想外でしたが、マドリーは長くリアソールで勝ってないだけに敗戦もありえると思ってました。ロビーニョの騒動といい、FWの頭数不足といい、白い巨人は冬まで厳しい戦いを強いられるのかなと。

ロビーニョといえば、まさかのマンチェスター・シティ入り。チェルシーでプレーしたがっていたロビーニョですが、あんな態度を示されて希望を聞いてやるお人よしはいないわけで。もはやマドリーには戻れないだけに、やむなくシティ移籍を決断したのでしょうが、自業自得です。得をしたのは、チェルシーの強化を防ぎつつ、より高く売って冬の補強費を稼いだマドリー。新体制の目玉ができたシティの新経営陣も喜んでそう。
スポンサーサイト

コメント

お帰りなさいまし

ボリューム満点の日記でどこに目をつけていいのか困ってしまうほどですが、ケチな私はやはり財政の面を・・・(;・∀・)

負債が2.04BならCLの放映料やらその他もろもろで返せそうですね。FMの銀行の負債なんてあってないようなもんですから(笑)

しかしローマの金満っぷりは本当にFM7不思議の一つです(´Д`;)一度金満の秘訣を探るためにローマで検証プレイしてみましょうかね・・・?


フランス代表監督にも就任されたようで・・・ますます日記の行方が楽しみになってまいりましたヽ(゚∀゚ )ノ

お帰りなさい&祝・CL進出

なんか話題が盛りだくさんで、wataoniさん同様、どこに着眼してして良いのか(笑)

まずはCLに進出できて良かったですね(・∀・)♪
これがクラブの運命を分けるか、と言われてましたから。
新シーズンは概ね好調のようで。
失点の多さは少し気になりますが・・・。

現実世界に目を向けますと、
8月末はいろんなことがありましたね。
チェルシーはロビーニョを獲れると目論んでSWPを放出したら、
なんとロビーニョはマンCに移籍。
おかげで貴重な「駒」が一人いなくなりましたとさ・・・。
もうベレッチのアンカーとか見たくないですから(苦笑)
※先月末のトッテナム戦(1-1)で実際に起用されました。

バルサですが、ヌマンシアのアウェイは実は鬼門だったようで。
苦しい船出となりました・・・。

お帰りなさい!

いやはやボリューム満点ですね!

チャンピオンズリーグの出場権を獲得出来たのはやはり大きいですよね、
放映権とかもそうですが、チャンピオンズリーグに出場するようになると商品売り上げも伸びる…気がするので必ず財政も好転すると思います!

ローマの金満現象は…
最初から負債を抱えているビッククラブだから、
金持ちに買収されるイベントが起きやすいんじゃないかな、とw

おかえりなさいませ

マドリーの素晴らしい布陣に感動しましたw

Alfaroは私がセヴィージャでやった時もサイドにおいてもかなり点を決めてくれて大活躍してくれました。

失点の多さはバルサも同じみたいですしw滑り出しは好調ですね、あのバラバラのチームを一年でここまで建て直すとはさすが暁監督( ゚Д゚ノノ"☆

赤い字を見るのが嫌で嫌でw

>wataoni様

無駄に長ったらしい日記ですみません。ちょっと一気に処理しすぎてしまいました。
(;´∀`)

財政面ですが、体面上は黒字へと転換しました。もちろん、根本的な解決がなされていない以上、一時的には黒字化しても、あっと言う間に赤字へと転落するはずです。
(;つД`)

ただ、幸いにしてCLに出られるので、なるべくこの大会で上に行けるように頑張って、健全化に繋げたいと思っております。
( ・ω・)∩

ローマは何かの設定が間違ってるんですかね?特に理事会が変わった感もないんですが。。。実はあんまり好きなチームでないため、一度も就任したことがないんですが、私も試してみますかね~。

フランス代表は単なる遊びなので、恐らく報じる機会があるとすればW杯ですが・・・そこまでプレーするかどうかw

大量失点・大量得点

>どらぐら様

色々と詰め込みすぎると、分かりづらい上に読みづらいというダメな例です(苦笑)
( TДT)

とりあえず、CL出場権を獲得できたのはラッキーでした。それがなかったら、真面目な話、クラブはおかしくなっていたことでしょう。クビになってかも。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

失点癖は・・・ラインを高くしているわけでも、無茶な指示を与えているわけでもないんですがね~。ラインなんて、深いの一歩手前くらいですし。恐らく、1ボランチの構造的な欠点をカバーしきれていないのかもしれません。このゲームはフィルターの効力というか、パフォーマンスがイマイチですもんね。

チェルシーの件はフットボリスタで読みました。怪我人が多いとはいえ、ベレッチをそこで使うとは、フェリポンも思い切ったことをしたもんです。
( ゚Д゚)

相変わらず負けはしなそうですが、ドログバ不在のダメージは大きかったり、デコと共鳴できる選手がいないとリズムが単調化したりと大変ですね。

バルセロナは…相性の面もあるみたいですが、それにしてもだらしなかったです。危惧されていた通り、アウベスの裏を突かれて負けたとか。1ボランチのチームだと彼は使いづらいですね。。。

CL景気に期待

>REUSU様

必死こいて辿り着いたCL、クラブのため、選手の給料のためにも決勝トーナメントへ進出してみせますよ!!
ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

ご指摘の通り、CLに出場すること自体で恩恵ってありますよね。クラブの人気や知名度が高まり、様々な収入に好影響を及ぼす。この好景気を長く維持しなきゃいけませんね。

買収イベントの有無を確認したくなるほどの金満っぷりなんですよね~。でも、どの日記でもローマは金満化しますが、オーナーが代わってないことも多いような。エディターを使ったことがないので何とも言えませんが、いったい全体どういう設定になっているやら。。。

いえいえラッキーなだけですよ~

>よんろくさん様

私の場合、戦術も練りが足りませんし、緻密さにも欠ける性格なので、はっきり言って選手が確変してくれたお陰のCL出場権獲得でしょう(苦笑)。
ヽ(;´Д`)ノ

大爆発してくれたFW陣には本当に感謝しきりです。

マドリーは完全に隙のない陣容ですね。リーグ優勝は当たり前みたいな強さで、ちょっと阻止できそうにないです。選手の顔ぶれもですが、戦術も巧みなんでしょうね~。

Alfaroには期待してますよ!貧乏クラブがあれだけの金を注いだわけですからw

サイドから切れ込んで対角線へズドンというシュートを何度か見せてくれてますし、大いに活躍してもらうとします!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。