06 | 2016/07 | 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビビビッと来た 

ビビビッと来た――。と言っても、松田聖子の話ではない。スコットランドのフットボーラー、John Fleckだ。相互リンクの間柄であるケンティー氏の「名将現る -Football Manager-」の「負けに不思議の負けなし」(2016年7月23日付)に登場した彼の名前を読んだ瞬間、私の脳内に「以前、Football Managerで獲った選手だ!」と大きな声が鳴り響いた。

私も34歳を迎え、あやふやな記憶が増えてきた。度忘れも少なくない。しかし、John Fleckの記憶は確かだった。当ブログの検索機能に「John Fleck」と打ち込めば、かつてのプレー日記がヒットした。

http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/blog-entry-1766.html

FM2010による「1860ミュンヘン日記・9」である。

読むと、スコットランドのレンジャーズからクラブ史上最高額の18億5000万円で、彼を獲得していた。

Fleck_20100823115739_201607240146143e1.jpg

その金額に相応しい、21歳にしてワールドクラスの能力だ。2010年時、実際の年齢は19。ゲーム内で2年が経過しており、成長分もあるだろうが、いずれにせよ素質を高く評価されていたのは間違いない。

しかし、現在、彼はトップリーグでプレーしていない。2012年1月にレンジャーズからブラックプール(英2部、当時)へ期限付き移籍、同7月にはコベントリー(英3部、当時)へ完全移籍。今年7月からはシェフィールド・ユナイテッド(英3部)でプレーしている。スコットランド代表もU-21を最後に途絶えた。言い方は酷だが、伸び悩み、表舞台から消えかかっている。

実際、上記の「負けに不思議の負けなし」に掲載されているJohn Fleckの能力を見ると、FM2010から大幅に弱体化している。

2016y07m23d_032047331_R.png
ケンティーさん、勝手にキャプチャーしてすみません

Football Managerのリサーチャーは優秀で、だからこそプロのフットボールクラブや監督らが提携したり、スカウティングに用いたりする。個人的に印象に残っているのはSimone Padoinで、彼はビチェンツァでプレーしていた頃から「Championship Manager」(Football Managerの前身)で能力が高く、今では白黒(ユベントス)にいる。

ただ、“結果的に”期待が大き過ぎた選手も多い。John Fleckも、このままその一員となってしまうのか、それとも苦労の末にブレイクするのか。

まだ24歳。時間は、十分に残されている。
スポンサーサイト

Arkaと共に在るか・4 

~16人もいる!~

クドカン作品とは何ら関係ありませんw

1部に定着するためには、血の涙を流す必要もある(大袈裟
続きを読む

Arkaと共に在るか・3.1 

~欧州4大リーグおよび主な表彰の結果を探る~

ポーランド2部とは別世界、“天上”の様子を眺めます。
続きを読む

Arkaと共に在るか・3 

runner.jpg
続きを読む

Arkaと共に在るか・2.1 

~還ってきた男~

Zenit-Legia_(4).jpg
続きを読む

Arkaと共に在るか・2 

今回の内容は・・・


gunyaa.jpg





kaa.jpg
続きを読む

Arkaと共に在るか・1 

ティトン(シュツットガルト)、ピシュチェク(ドルトムント)、オルコウスキ(ケルン)、クバ(前ドルトムント)、ミリク(前レバークーゼン)、レバンドフスキ(バイエルン)・・・。歴史的な理由も含め、独ブンデスリーガとポーランド人との“縁”は深い。日々、独ブンデスリーガを追う者として、いつしかポーランドのリーグにも興味を抱いた。

同様に多くの選手がプレーするオーストリアと悩んだのは秘密だ!

そして、「Football Manager 2016」(以下、FM2016)のアイコンをクリック。その扉を開いた。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。