12 | 2013/01 | 02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大幅加筆】ウンターハヒンク日記・12 

ウンターハヒンク日記

image_5208-_20130130122607.png


■ここまで■

大幅に選手を入れ替え、新シーズンに臨む。そして、ヨーロッパリーグという新たな舞台に立った。



続きを読む
スポンサーサイト

阿部拓馬が移籍したVfRアーレンを学ぶ・1 

東京Vで2季連続2桁得点を挙げたストライカー・阿部拓馬が1月22日、独2部のVfRアーレンへ移籍した。ドイツのフットボール事情に詳しくなければ耳馴染がなく、時にアー「ヘ」ンと間違われるアーレン。その歴史やスポンサー、スタジアム、監督、選手について紹介する。

abe_20130130094232.jpg
続きを読む

Football Managerのプレー日記 

長らく「Football Manager」の話題から遠ざかっていますが、プレー日記を書いていらっしゃる方を見付けました。御存じない方は、ぜひ。

わわらばのFM日記

もはやプレー日記の紹介すら、以前の体裁を貫いていないという(苦笑)。「お前のプレー日記はどうした?」というツッコミに対しては、「PCのある部屋に暖房機器がなく、寒い(から長く過ごせない)」というお詫びしかありません。ただ、「着る毛布」を買ってもらったので、なるべく早く取り組みます。決して、今更ながら「ギレンの野望 アクシズの脅威V」のPSP版にハマったからではありません(おい

独ブンデスリーガの前半戦を振り返る・3 

ウインターブレイクを経て後半戦に突入した独ブンデスリーガ。その前半戦を幾つかのテーマを基に振り返る。最終回は、「後半戦に注目のチームおよび選手」を挙げるとともに「後半戦の展開」を予想する。
続きを読む

独ブンデスリーガの前半戦を振り返る・2 

ウインターブレイクを経て後半戦に突入した独ブンデスリーガ。その前半戦を幾つかのテーマを基に振り返る。今回は「目立った選手・ダイヤの原石」と「日本人選手のパフォーマンス」。好調が目立った選手と将来性を感じさせた若手、そして9人の日本人選手のパフォーマンスについて言及する。
続きを読む

独ブンデスリーガの前半戦を振り返る・1 

ウインターブレイクを経て後半戦に突入した独ブンデスリーガ。その前半戦を幾つかのテーマを基に振り返る。今回は「順位と数字から見える傾向」と「明と暗」。開幕前の評判と前半戦の順位の“整合性”、好調だったクラブと低調だったクラブについて言及する。
続きを読む

新年と京都橘と私 

明けましておめでとうございます・・・の時期は過ぎてしまいましたが、本年はひっそりと活動しますので、宜しくお願い致します。

長らく放置しておりましたが、体調不良と激務でそれどころではありませんでした(苦笑)。もっとも、2回戦の仙台育英戦で“一目惚れ”した京都橘に夢中になる余裕はありましたがw 彼らに出逢えて、時には現地まで追い掛けて、そして決勝まで応援できる幸せを、今は噛み締めています。

今日の桐光学園との準決勝も見事でした。

1番の永井、今日も勇気ある飛び出しと「絶対にこぼさない」という気迫を感じさせるハイボール処理で相手のロングスロー、放り込みを凌いでくれました。2番の倉本、粘り強く相手の縦を塞ぎ、果敢なドリブルで右サイドに活力をもたらしてくれました。

3番の林、その地空を問わない1対1の強さは、とても1年生とは思えないレベルでした。4番の橋本、的確なカバーとギリギリで足を出せる気持ちの強さは、3年生の責任感でしょうか。林とのコンビは鉄壁でした。13番の吉中、高林の代役とは言わせない、勤勉なアップダウンで左サイドを死守しました。

9番の宮吉、いつものような攻め上がりを自重し、堅実に繋ぎ役をこなして中盤を引き締めてくれました。6番の釋、ボールを刈り取る平常業務に加え、今日はゴール前に顔を出してアクセントになりました。8番の伊藤、右に左に縦横無尽。推進力は衰え知らずで、ゴールまで射止めました。

11番の中野、馬力のあるドリブルとタイミングの良いダイアゴナルランで、アタッキングサードの攻略に多大な貢献を果たしました。7番の仙頭、絶妙なポジショニング、熟達のファーストタッチ、広い視野、京都橘の攻撃は今日も彼から始まりました。

10番の小屋松、圧巻のスピードとスキルだけでなく、怪我を抱えているとは思えない相手を引きずるようなパワーで、相手の守備陣を混迷に陥らせました。17番の赤澤、スラリとした体型から姿勢の良いドリブルは今日も相手を押し下げ、得点の起点となるパスも出しました。

18番の文字、190cmの長身を生かしてセットプレー時の守備と前線でのボールキープで与えられたタスクをコンプリートしました。そして5番の高林、よく帰ってきてくれました。これまで、試合後のインタビューで常に選手達は貴方の名を呼んでいましたね。まさにキャプテンです。

ファイナルサードでの抜群の決定力と自陣での鉄壁の守り。説得力のある強さを示し、明後日の決勝に挑みます。願わくば、彼らに凱歌を。

いつも偉そうにフットボールを語りながら、「予想」と名の付くものは悉くダメでしたが、今回の選手権で京都橘を推し続けてきた人は少ないのではないでしょうか。「結局、自慢かよ」と怒られそうですがw、たまには有頂天になってもいいですよね。

長くなりましたが、2013年の第1弾をお届けしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。