11 | 2012/12 | 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末のご挨拶 

いよいよ2012年も残り僅か。今年は、これまでで最もブログの更新が減ってしまいました。ただ、13年も細々と続けていきますので、今後とも宜しくお願い致します。

私にとっての2012年は決して良い年ではありませんでした。しかし、幸せと不幸せは交互に、そして均等に来るとされています。13年こそは幸多からんと期待しております。皆様の13年も、素晴らしいものになるよう祈念しつつ、結びとさせて頂きます。
スポンサーサイト

ウンターハヒンク日記・11 

ウンターハヒンク日記


image_5208-.png


■ここまで■

3部から2部、1部と一気に駆け上がり、1部での1シーズン目は7位。ヨーロッパリーグの出場権を手にし、さらなる発展を目指す。
続きを読む

3700ユーロのシューズでウォーミングアップ 

仏1部サンテティエンヌでプレーするピエール=エメリク・オーバメヤンが注目を集めている。といっても、プレーではない。リヨン戦でのウォーミングアップ中に履いていたシューズだ。眩い緑色の光を放つシューズの“正体”は、びっしりと張り巡らされた4000個ものスワロフスキー・クリスタル。「Orravan Design」が手掛けた。同社は過去にフランス対ブラジルの際に同様のシューズを作製している。独「ヴェルト」によれば、制作時間は50時間で、価格は3700ユーロという。さすがに試合中は通常のスパイクに履き替えてプレーしたが、宣伝効果は絶大。Drravan Designは当初、クリスティアーノ・ロナウドへの提供を目指していたという情報もあり、実現すれば一層の話題を呼ぶだろう。


4000-0.jpg
サンテティエンヌカラーに彩られている

Nike-Mercurial-Vapor-Swarovski-Crystals-Custom.jpg
実際に履いてみると、違和感はあまりない

マインツから次なる大器 

今季の独1部を観ていて大器を予感させた“第一号”は、マインツのShawn Parkerだ。第14節のフランクフルト戦でプロ初先発を果たした19歳は、高いアジリティとスピードでマーカーを翻弄するとともに、最終ラインの裏を巧みに突く狡猾さも見せ、1得点1アシストと活躍。鮮烈な輝きを放ち、勝利の立役者となった。今季、セカンドチームからトップへと昇格させたTuchel監督も「彼は素晴らしいプレーをした」と賞賛。以降、スターティングイレブンに名を連ねている。同じくマインツの下部組織からドイツ代表へと飛躍したAndré Schürrleの姿を重ねたくなる逸材だ。

parker_20121205225902.jpg
フランクフルト戦で1得点1アシストと活躍し注目された

Parker-fm.jpg
「Football Manager 2013」のParker。身長は174cmとなっている。なお、トップチームでの背番号は31

Shawn Parkerは、1993年3月7日にドイツのヴィースバーデンで生まれた。父はアメリカ人でアメリカ国籍も持つ。身長は179cmと上背はないが、スピードと切れ味に優れ、ボールテクニックも水準以上の質を持つ。若さに似合わず、相手守備者との駆け引きも巧みだ。とても昨季までセカンドチームでプレーしていたとは思えない。

その昨季は、36試合8得点。試合数、そしてリーグのレベルの割に得点が少なく映るが、フランクフルト戦を見る限りではシュート技術が低いわけではなさそうだ。実際、アンダー世代のドイツ代表ではU-16で10試合5得点、U-17で11試合8得点、U-18では7試合4得点、U-19では13試合5得点、U-20では2試合2得点とゴールを量産している。経験を積み、連携が深まれば、トップリーグでも2桁得点を狙えるはずだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。