09 | 2012/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走力が技術を上回る時 

「ボールは疲れない。だから走るのではなく、ボールを走らせろ」、「走力よりも技術」。近年のフットボールシーンでは、バルセロナやスペインに代表される技術を極めたチームが“最強”を謳歌している。しかし、愚直なまでのランニング、不屈の闘志に裏打ちされた絶え間ないプレス、つまり走力が時に最強を凌駕すると証明したのが、レバークーゼンだ。独ブンデスリーガ第9節、開幕から8連勝というリーグ記録を携えてホームで待ち構えたバイエルンを、2-1で撃破。バイエルンにリーグ戦で初の黒星を刻み込んだ。その原動力となったのが、まさに走力だった。

この試合でレバークーゼンの選手達が走った距離の合計は125.5キロメートル。バイエルンのそれは118.9キロメートルで、レバークーゼンが6・6キロメートルも長い。さらに、アンカー役を務めたライナルツは90分間に13.6キロメートルを走り、シュツットガルトのハルニクが持っていた13.4キロメートルのリーグ記録を更新した。これにはレバークーゼンのルディ・フェラーSDも「ライナルツのプレーはセンセーショナルだった」と脱帽だ。

チーム一丸となって敵地で“走り切り”、勝利を掴んだレバークーゼン。独走態勢に入りつつあったバイエルンを止めた一戦で、彼らは改めて走力の重要性を浮き彫りにした。

※独「ビルト」を参考に執筆しました。

---------- キリトリ -----------

最近は忙しく、更新が滞っていてすみません。FM2013も、あまりプレーできていませんが、相変わらず楽しいですね。今はHSVで、のんびりとプレーしています。また近日中にFM2013について何か書こうと思いますが、予定は未定です(苦笑)。

スポンサーサイト

【再加筆】ヴォルフスブルク、マガト監督を解任 

ヴォルフスブルクは、フェリックス・マガト監督と契約を解消したと発表した。当面は、セカンドチームを率いるロレンツ・ギュンター・コストナーが暫定で指揮を執る。コストナーは、2010年1月に現フランクフルト監督のアルミン・フェーが解任された時も、シーズン終了まで後任を務めた。地元メディアによれば、マガト監督が兼任していたGMは、前バイエルンのSDクリスティアン・ネルリンガーと交渉しているようだ。ヴォルフスブルクは8試合を終えて最下位に低迷し、サポーターからの批判が高まっていた。

VfL-Wolfsburg-SC-Freiburg.jpg

---------- キリトリ -----------

ついに、その日がやってきました。一昨日、地元メディアは「水曜日か木曜日に首脳陣とマガト監督が会い、そこで去就が決まる」と報じていましたが、その論調は「メインスポンサーであるフォルクスワーゲンのCEOとマガトは“友人”であり、結局は解任されないのでは」と悲観的。私も同じ見解でしたが、良い意味で裏切られました。これまでに1億ユーロ以上を投資し、好き勝手に選手を入れ替えてきましたが、結果は全く出ず。獲得した選手は、ことごとくハズレでした。責任を追及されるのは当然です。ただ、そうした権限を彼に与え、放任してきた首脳陣の責任も重い。今後に生かさなければなりません。

さて、これで実質的に戦力外とされてきた長谷部にもチャンスが巡ってきます。前回、コストナーが指揮を執っていた時も試合に出ていましたからね。リーグ戦15試合中11試合に出場し、うち先発が9試合。フル出場は4試合ながら、主力として扱われていました。昔の話ですが、ファンにとっては嬉しいデータと言えるのではないでしょうか。練習でキレのある動きを見せれば、出番は来るはずです。

勝手気ままなFM2013レポート・1 

仕事が忙しく、まともな更新をできる状況ではないので、思いつくままに適当な「FM2013」のレポートをします。

まず、評価額のベスト5から。

1位
1

2位
2_20121024213134.jpg

3位
3_20121024213133.jpg

4位
4_20121024213132.jpg

5位
5_20121024213131.jpg

5位
5-1.jpg

7位
7_20121024213512.jpg

8位
8.jpg

9位
9.jpg

10位
10.jpg


単純に設定されている評価額のため、これをもってベスト10とは言えないが、実力派が顔を揃えた。各ポジションのベスト3くらいはまとめようかと思ったが、膨大な量になるため断念した(おい

続いて、新しくなったトレーニングについて。

training.jpg

週単位で集中的に鍛える項目を設定できる。例えば「この1週間はフィジカルを高い負荷で鍛えよう」、「来週はバランスよく平均的な負荷で鍛えよう」などだ。また、試合に向けた練習も「戦術のみ」、「セットプレー(攻撃)」などの項目だけでなく、「試合前は休む」と「試合後は休む」なども決められる。

ただ、少なくともベータ版は練習での怪我が頻発する。あまり負荷を上げ過ぎると危険だろう。もちろん、完成版では修正される可能性もあるが・・・。

今日は、これくらいで。もう一つ付け加えるなら、ゲームの進行は速くなった気がする。

黄金船に2冠のチャンス 

第73回菊花賞


◎ゴールドシップ
○フェデラルホール
▲タガノビッグバン
×ロードアクレイム
△マウントシャスタ
続きを読む

「Football Manager 2013」の日本人達 

「Football Manager」シリーズには、多くの日本人が登場する。そしてその数は、回を重ねるごとに増えている。本日公開された2013のベータ版では、“新規”や“復帰”を含めて沢山の日本人の姿を確認できた。宇佐美や酒井高などJクラブからローンで移籍している選手が収録されていないのは残念だが、以下に主な日本人選手を紹介していく。

※紹介の順番は適当

noto_20121019223158.jpg

tada.jpg

ienaga_20121019223156.jpg

baba.jpg
makino_20121019223154.jpg

havenaar_20121019223153.jpg

yasuda_20121019223404.jpg

tasaka.jpg

davidson.jpg

kimura_20121019223401.jpg

honda_20121019223400.jpg

seto_20121019223359.jpg

ono-yuto.jpg

Cullen_20121019223537.jpg

otsu.jpg

takagi_20121019223535.jpg

hasebe-makoto.jpg

okazaki_20121019223533.jpg

uchida_20121019223739.jpg

kiyotake.jpg

hosogai_20121019223737.jpg

sakai-hiroki.jpg

inui_20121019223735.jpg

Lee_20121019223734.jpg

yoshida_20121019223904.jpg

miyaichi_20121019223903.jpg

kagawa_20121019223902.jpg

matsui_20121019223901.jpg

Ibusuki_20121019223901.jpg

ono_20121019223900.jpg

nagatomo_20121019224000.jpg

morimoto_20121019223959.jpg

---------- キリトリ -----------

新登場では清武と酒井宏の能力値が高く設定されており、既存では指宿と乾は能力が大きく上方修正された。復帰では、小野伸二が過去の実績に裏打ちされた高評価。香川や長友はメガクラブに相応しい選手になった感がある。一方で、宮市はスピードに対する査定が厳しめか。

「Football Manager 2013」ベータ版、リリース 

ついに、予約者へのベータ版が公開されました。まだ気付いていない方は、ぜひチェックして下さい。

なお、次の更新では恒例の日本人選手の能力値を公開します。もう暫く、お待ち下さい。

今朝インストールして、仕事から帰って今からチェックします。

beta.jpg

ウンターハヒンク日記・9 

ウンターハヒンク日記


image_5208-.png
続きを読む

フランス戦の日本代表を採点する 

劣勢を耐え、カウンターで仕留める。まさに、イタリア式の勝ち方を見せた日本。ただ、もう少しボールを保持し、主導権を握って攻める時間帯をつくって欲しかった。激しいプレッシャーを怖がり、パスは横や後ろばかりで、受け手のパスを呼び込む動きも少ない。困って放り込んだボールも、ことごとくサコーにはね返される。

とかく、攻めは工夫に乏しかった。まず露呈したのは、香川のサイド適正のなさ。ドリブルで相手を押し下げられるわけでもなく、走力や守備力に欠けるため、対面するフランスの右SBドビュッシーに蹂躙された。香川の良さは、ボールの受け方と鋭いターン。それが生きるのは、ゴールに近い位置で両CBと駆け引きできるトップ下だ。中村を下げ、乾を入れて、香川をトップ下に移してからは、良い形が何度か生まれた。それだけに、もどかしい。

また、ハーフナーは何もできなかった。空中戦ではサコーに競り負け続け、地上では機動力に欠けて2列目の攻撃参加を促せず。運動量も少なく、覇気が窺えなかった・・・とは言い過ぎか。

その他、書きたいことは多々あれど、スペースが幾らあっても足りないため、このくらいで。明日の対戦相手であるブラジルは、フランスのように猛烈なプレスをかけてくるとは考えづらい。ある程度、ボールは持てる。それだけに、よりアグレッシヴで、能動的な仕掛けを見せて欲しい。勝敗よりも、そこを重視する。

以下、フランス戦の採点を。

rate-vsFrance.jpg

宿願は成らず オルフェーヴル惜敗 

日本競馬の宿願は、残り20メートルで潰えた。オルフェーヴルは、7日に行われた凱旋門賞でゴール寸前に交わされ、首差の2着に惜敗。日本馬、そして欧州馬以外の初制覇はならなかった。

スタートから後方2番手を追走。大外枠の不利を克服するため、じっくりと構えて力を溜めた。懸念された折り合いも問題なし。直線に入った時の手応えは十分だった。満を持してクリストフ・スミヨン騎手が仕掛けると、オルフェーヴルは鋭く反応。一瞬で他馬を突き放した。勝利を確信するほどの差。それが“金細工”に隙を生んだ。凱旋門賞3勝の「ミスター・凱旋門賞」、オリビエ・ペリエ騎手の鞭に応えてソレミアが猛追。一完歩ごとに差を詰める。残り50メートルを切った時点で、脚色はすでに逆転していた。ソレミアが首だけ前に出てゴールイン。日本の夢は3たび霧散した。

エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタに次ぐ、3頭目の2着。健闘だが、関係者は悔しさを露わにする。スミヨン騎手は「先頭に立った時は勝ったと思った」と落胆。池江調教師は「勝つ力は十分にあった。勝たなければいけないレースだった。ただ、抜け出す脚が速過ぎた。あんなに切れるとは。切れ味が仇になった」と悔しさをにじませた。

それでも、世界最高の格式とレベルを誇る凱旋門賞を、勝つに値する走りは見せた。今後はオーナーサイドと相談して決めるというが、遠くないうちに“チーム・オルフェーヴル”はリベンジを果たしてくれるはずだ。日本の最強から世界の最強へ。それは決して夢物語ではない。

article-2214136-15654A9B000005DC-865_634x455.jpg
※英「デイリー・メール」を通じてお借りしました

---------- キリトリ -----------

勝ったと思いました。それほど抜け出した時の反応と脚色は圧倒的でした。どれほどの差を付けるのだろうかと胸が躍りました。しかし、残り100メートル。興奮は悲鳴に変わりました。明らかにソレミアの脚色が良い。そこからは「粘れ!」の絶叫でした。それでも、どこかで解ってしまいました。「これは交わされてしまう」と。競馬好きなら、嫌でも悟ったのではないでしょうか。事実、残り20メートルで逆転。悪夢は、現実になりました。

父ステイゴールド、母父メジロマックイーンという日本で磨かれた血統。勝たせてあげたかった。これだけのレースをしても、なお勝てない。欧州馬以外が勝っていない凱旋門賞の重みを、改めて実感しました。ただ、いつか勝てると思える。それは日本競馬の確かな進歩でしょう。

最後に。私のツイッター上では、普段は競馬を観ない人が多くの声援を送ってくれていました。フジテレビが地上波で生中継してくれたお陰でしょう。日頃、なにかと言われるフジテレビですが、その貢献には感謝を。そして、オルフェーヴルの挑戦を見守ってくれた全ての人に、心からの感謝を。

和の金細工、凱旋門賞の頂点を狙う 

筆者は現在、テレビの前で凱旋門賞のスタートを待っています。なんと地上波(フジテレビ系列)で生中継があります。フットボールでいえば、日本代表がW杯の決勝を戦うようなもの。さらに、欧州の馬以外は過去に勝っていないのです。それほどの難攻不落。まさに“夢舞台”です。競馬ゲームでは、それなりに努力すれば勝てるんですけどね(苦笑)。とにかく、競馬ファンでない方にも見守って欲しく、こんな時間にではありますが、ブログを更新しました。1人でも多くの方が、生中継を通じてオルフェーヴルとアヴェンティーノを応援してくれたら幸いです。なお、オルフェーヴルは一番人気に支持されています。また、アヴェンティーノはマラソンでいう「ペースメーカー」役として出走します。

「Football Manager」プレー日記の発掘調査報告~2012年10月3日~ 

定期的にグーグル先生で「Football Manager 2012 監督」や「Football Manager 2012 日記」を検索し、FM日記の発掘調査に精を出している筆者が、最新の成果を報告します。「無断で掲載すんな!」とお怒りの方は、お叱りのご連絡を下さい。速やかにお詫び致します。なお、いつもの通り「筆者が最近、新たに発掘したサイト」のみです。ご了承下さい。「FMのプレー日記を読むのが好き!」という同志に、新たな喜びを提供できれば幸いです。


<NEW>

Gen監督のFootball Managerプレイ日記

監督日記(仮題)~Football Manager~

シャノンのマネージャールーム

ボールは汗をかかない

WhiterochenのFM日記

※発掘順


実は、他にも幾つか発掘したのですが、プレー日記を明確にカテゴライズしていないようなので、今回は見送りました。

いずれにしても、また刺激をもらえる場所を見つけられました。すでに頭の中はFM2013で何をするかに移りつつありますがw、現在進行形のウンターハヒンク日記をきちんと終えられるよう励みます。

ちなみに、2013はSteamで予約済みです。あれ・・・またパッケージ版と両方買うのだろうか・・・。

ウンターハヒンク日記・8 

ウンターハヒンク日記


image_5208-.png
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。