03 | 2012/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン五輪の組み合わせ決定 

ロンドン五輪のフットボールの組み合わせ抽選会が24日、ロンドンで行われた。男子はグループDに入り、スペイン、ホンジュラス、モロッコと同居。女子はグループFで、カナダ、スウェーデン、南アフリカと対戦する。男子はグループステージを突破すると、グループCのブラジル、エジプト、ベラルーシ、ニュージーランドのいずれかと激突。女子は、首位通過した場合にはアメリカ、フランス、コロンビア、北朝鮮で構成するグループGの2位と、2位で通過した場合にはイギリス、ニュージーランド、カメルーン、ブラジルからなるグループEの2位と、それぞれ相まみえる。

男子を率いる関塚隆監督は書面で「いよいよ組み分けが決まり、世界トップレベルのスペイン、アフリカ予選を2位通過したモロッコ、そして地力がある北中米のホンジュラスと同組になった。まさに各大陸の強豪が集まったやりがいのあるグループだと実感している。グループステージにおいて、まずは初戦のスペイン戦が大事。しっかりと準備して真剣勝負を挑み、選手やスタッフと共に一体感を持って、日本サッカーの飛躍を目指して戦い抜きたい」とコメント。意気込みを露わにした。

女子の指揮を執る佐々木則夫監督も同様に書面を通じて「世界のトップランクに位置するスウェーデンやカナダ、身体能力が非常に高い南アフリカといずれも強豪国とグループステージを戦うこととなった。なでしこジャパンは前回の北京大会で4位となり、以降ここまでロンドンでの頂点を目指して歩んできた。この4年間の集大成に向けて、選手とスタッフが一丸となりチャレンジしていきたい」と語った。

なお、各グループの顔ぶれは以下の通り。

●男子

「グループA」

イギリス、ウルグアイ、UAE、セネガル

「グループB」

メキシコ、スイス、韓国、ガボン

「グループC」

ブラジル、ベラルーシ、ニュージーランド、エジプト

「グループD」

スペイン、ホンジュラス、日本、モロッコ


●女子

「グループE」

イギリス、ニュージーランド、カメルーン、ブラジル

「グループF」

日本、カナダ、スウェーデン、南アフリカ

「グループG」

アメリカ、フランス、コロンビア、北朝鮮

---------- キリトリ -----------

男子は、欧州いや世界でトップクラスの育成大国でありロンドン五輪の優勝候補でもあるスペインと初戦でぶつかります。スペインは連覇を目指す欧州選手権との兼ね合いで、どの程度のメンバーを揃えてくるのか分かりませんが、将来性を高く評価されている日本のU-23代表――オーバーエイジ枠を使う場合もありますが――の戦いぶりは見逃せません。ここで良い結果を出せれば、メダル獲得だけでなくブラジルW杯に向けても明るい道が拓けてきます。

女子は、優勝候補の筆頭として堂々たるプレーを見せられるか。カナダやスウェーデンはフィジカルが強く、厳しい戦いを強いられるでしょうが、目指すは金メダルのみ。負けられません。

---------- キリトリ -----------

ご無沙汰しております。今日、帰ってきました。断続的に出張へ繰り出しており、なかなかブログを更新できずにいます。明後日からはまた2泊3日で出張ですしね。お付き合いのある方々のブログにも足を運べておりませんが、また折を見て必ず。
スポンサーサイト

出張 

今日、明日と泊まる2泊3日の出張を強いられるため、更新をお休みします。ご了承下さい。最近、放置気味ですみません。

最高傑作の名にかけて 

第72回皐月賞


◎グランデッツァ
○ワールドエース
▲コスモオオゾラ
×ゴールドシップ
△ディープブリランテ
△アダムスピーク
続きを読む

アブラモビッチ会長の2億4700万ポンドのショッピングリスト 

英「デイリー・メール」は11日、チェルシーのアブラモビッチ会長が、次期監督に総額2億4700万ポンドものプレゼントをするかもしれないと報じている。報道によれば、アブラモビッチ会長は今夏に1人のセンターフォワード、2人のフルバック(サイドバック)、1人の攻撃的ミッドフィルダーを補強する予定という。さらに、具体的な候補として、トッテナムのモドリッチ、ポルトのフッキとアルバロ・ペレイラ、レアル・マドリーのイグアイン、ドルトムントのゲッツェ、リールのアスピリクエタとアザール、ナポリのカバーニの名前を示した。いずれも各クラブの主力選手であり、獲得には大きな抵抗が予想される上、UEFAからは「ファイナンシャル・フェアプレー」の順守も求められるが、愛するクラブの立て直しに向け、ロシア人富豪はなりふり構わぬ構えだ。

なお、デイリー・メールが報じたアブラモビッチ会長の買い物リストは以下の通り。

article-2128432-128DF38A000005DC-670_634x459.jpg

それぞれの市場価値は、モドリッチが4000万ポンド、フッキが3500万ポンド、アルバロ・ペレイラが1700万ポンド、イグアインが3000万ポンド、ゲッツェが4000万ポンド、アスピリクエタが2500万ポンド、アザールが2500万ポンド、カバーニが3500万ポンドとされている。

このうち何人が、“ブルーズ”に加入するか。今夏の動向に注目だ。

---------- キリトリ -----------

最近、非常に忙しく、土日も仕事をしております。ブログの更新および頂いたコメントへのレスが滞っていますが、ご容赦下さい。申し訳ありません。

ツイッターの名前をユニフォームに 

女性フットボーラーが、英国で最初のツイッター上の名前をユニフォームに付けるアスリートになりそうだ。アーセナル・レディースのステファニー・ホートンとエバートンのジル・スコットが「デジタルアンバサダー」に就任。彼女達は、今度の日曜日に行われるFAウィメンズ・スーパーリーグ(WSL)の開幕戦で、ツイッター上の名前をプリントしたシャツをまとう。WSLの幹部は、英国内でWSLに関する報道がほとんどない現状に失望を示すとともに、ソーシャルメディアの利用によって知名度の向上を目指す意向だ。

---------- キリトリ -----------

昨季、フォーマットを刷新して再スタートを切ったイングランドのWSLですが、1試合の平均観客数は528人にとどまり、ほとんどの新聞は結果すら掲載しませんでした。イングランドの女子のチームスポーツでは3番目に大きいとされる規模にありながら、無視されていると言っても過言ではない状況。それを打開するための手段として、ソーシャルメディアに着目しました。選手が観客とダイレクトにコミュニケーションできるツールを有効活用し、WSLの発展に繋げられたらいいですね。

詳しくは、デイリー・メールの記事を参照下さい。

http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-2126330/Womens-FA-Premier-League-turn-Twitter.html

 

第72回桜花賞


◎ジョワドヴィーヴル
○アイムユアーズ
▲オメガハートランド
×ヴィルシーナ
△サウンドオブハート
続きを読む

香川真司、ドルトムントとの契約延長を拒否か 

独「ビルト」は3日、香川真司がドルトムントからの契約延長オファーを断るのではないかと報じた。香川とドルトムントとの契約は2013年までで、現在はドルトムントが香川に今の2倍となる年俸300万ユーロを提示して2016年までの延長を求めているが、イングランド・プレミアリーグへの移籍を視野に入れる香川は拒否するかもしれないという。ドルトムントのミヒャエル・ゾルクGMの「いずれ決断が下されるだろう。我々は彼との契約を延長したい。ボールはすでにペナルティエリア内にあり、真司はそれを決めなければならない。彼がイングランドやスペインに憧れを抱いているのは知っている。問題は、それがいつかだ」というコメントからも、交渉の難航ぶりが窺える。今季12得点9アシストと好調な香川には、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーが興味を持っているとされ、仮に移籍する場合は1500万ユーロの値札が付くとされている。なお、ビルトによれば、ドルトムントは香川に2週間以内の返答を求めているようだ。

kagawa_jubelt-1333526314.jpg


---------- キリトリ -----------

独「ビルト」の記事は、東スポと同じように読むのが吉。日本のスポーツ紙は、「すわ一大事」とこぞって報じているが、契約を延長する可能性は高いのではないか。

確かに、彼はブンデスリーガでトップクラスの結果を残している。もはやスター選手の1人だ。このまま首位を保ちブンデスリーガを連覇した場合、より高いレベルでのプレーを切望してもおかしくはない。すなわち、イングランドやスペインのメガクラブである。その場合、違約金を下げるため、契約は延長せずにいた方がいい。

しかし一方で、ドルトムントには来夏、ドイツ代表のマルコ・ロイスの加入が決まっており、チャンピオンズリーグでの雪辱を狙える戦力が整う。マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーとも遜色ないはずだ。憧れのバルセロナからのオファーならともかく、言語や環境の変化というリスクを背負ってまで移籍を決断するかどうか。疑問は残る。

G大阪、新スタジアム建設費の個人寄付の受付開始 

J1・G大阪は2日、新スタジアムを建設するための個人から寄付の受付を開始した。同クラブの「建設募金団体」の理事らが同日、記者会見で発表した。同団体は、建設費の140億円のうち、15億円を個人からの寄付で集めるとしている。5万円以上の金額を寄付すると、名前入りのプレートがスタジアムに展示される。

同団体の理事を務める川淵三郎日本サッカー協会名誉会長は「日本を代表するスタジアムをつくろうとサポーターの一致団結がきっと見られる」と期待を寄せた。なお、寄付にはふるさと納税制度が適応され、一定の税金が控除される。募金は銀行など金融機関で振り込む形式で集めるが、今月下旬からはインターネット決済でも可能となる。

---------- キリトリ -----------

企業と個人の寄付による新スタジアムの建設計画が、着実に進行しています。ただ、個人の寄付で集めようとしている15億円という金額は決して少なくなく、例えば名前入りのプレートを展示してもらえる5万円以上の寄付者で換算すると、3万人が必要です。あれ、書いてみるとそれほど大きな数字ではない?!

いずれにしても、果たして何人で15億円に達するかは注目しています。15億円になった時点で打ち切るのでなければ、募金総額が幾らになるのか。ある意味で、「サポーター力」が問われる取り組ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。