FC2ブログ

01 | 2011/02 | 03

緊急事態に広報がベンチ入りへ 

チームの危機に、広報が立ち上がった――。独1部ザンクトパウリの広報を務めるHauke Brückner(ハウケ・ブリュックナー)氏が、26日のハノーファー戦でベンチ入りする。ザンクトパウリは怪我人や体調不良者が続出。まだ30歳と若く、2部でのプレー経験のあるブリュックナー氏を急遽、選手登録した。シュタニスラフスキ監督から電話を受け、直前の練習に参加したという。ブリュックナー氏は「ロッカールームに入っていった時には、選手達は信じられないという顔をしていた。でも、選手達のプレーはよく分かっているし、問題ないよ」と意気込みを語った。

big_image_1275567827890.jpeg
※昨年に撮影されたブリュックナー氏

ブリュックナー氏は、地域リーグで61試合、3部リーグで6試合、2部リーグで10試合の出場経験を持つ。ザンクトパウリには2001年から07年まで所属し、49試合で1得点という成績を残した。ポジションはセンターバックおよび左サイドバックで、プレースタイルは“守備専門”だった。

スポンサーサイト