10 | 2010/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【加筆】今季初のエル・クラシコ、ついに開戦 

Barcelona vs Real Madrid

lionelmessiandcristianoronaldobarcelonavrealmadrid20101125_576x324.jpg

日時:日本時間30日朝5時から

[レフェリー]

Eduardo Iturralde González

iturralde.jpg

43歳。28歳の時、95年からリーガでレフェリーを務める。プレミアカテゴリーのレフェリーで、いわゆるエリート。98年からは国際舞台でレフェリーを務めている。ただ、チャンピオンズリーグで主審を務めていたのは02年から06年までで、近年はヨーロッパリーグが主戦場。その技量には若干の疑問が残る。

バルセロナ対レアル・マドリーは過去に1999年と2005年の2度、裁いており、バルセロナが共に勝利している。レアル・マドリーのモウリーニョ監督は「バルセロナは喜んでいるだろう」と口撃した。


[データ]

まずは、今季のパフォーマンスから。

clasico-date.jpg

リーグ戦はレアル・マドリーが6連勝中、バルセロナが5連勝中。首位はマドリー、1ポイント差でバルセロナが2位につけている。得失点差、1試合平均得点・失点は僅差で、両軍のエースも得点数、アシスト数ともほぼ同じ。

もう少し細かい数値を見る。

clasico-statistic.jpg

共にリーグ戦では10勝ながら、バルセロナはアウェイで6勝、レアル・マドリーはホームで6勝している。無失点試合は5と6。1試合平均得点は、バルセロナがアウェイでホームの1.5倍決めているのに対し、レアル・マドリーはホームの半分以下に落ちてしまう。これは面白いデータだ。

平均失点はバルセロナが若干劣る。ホームでの失点が嵩んでいる。マドリーはホームもアウェイも0.5と素晴らしい数値を誇る。

さて、対戦成績はどうか。

通算成績はバルセロナ99勝、レアル・マドリー89勝、ドローが51。ただし、カンプノウに限れば、バルセロナ47勝、レアル・マドリー20勝、引き分け16とバルセロナ優位になる。そして直近の38試合をまとめたのが、次の画像だ。

clasicoh2h.jpg

こうして見ると、この10試合はバルセロナが5勝、レアル・マドリーが3勝、2分とバルセロナが勝ち越している。また、グアルディオラ監督は対レアル・マドリー4戦4勝と全勝。一方、モウリーニョの対バルセロナは3勝3分4敗(チェルシーで2勝2敗2分、インテルで1勝2敗1分)と良いとは言いづらい。

プラスアルファのデータを挙げるなら、昨季のエル・クラシコでレアル・マドリーのエース・ロナウドはノーゴールだった。バルセロナのエース・メッシは直近のマドリー戦で4試合4ゴールと活躍しているものの、モウリーニョが率いるチームには8試合無得点というジンクスがある。


[クラシコに向けて]

バルセロナは金曜日を休みにし、万全の状態。G・ミリートを除き負傷者はいない。レアル・マドリーは、水曜日のアヤックス戦でイグアインとケディラが負傷。翌日はジムでの練習にとどまったが、クラシコには間に合う見通しだ。ただ、ケディラのコンディションに不安があるため、一部スペインメディアによれば、レアル・マドリーはラサナ・ディアッラを起用する可能性もあるようだ。守備力を高めるとともに、エジルの創造性をより生かすために他ならない。

モウリーニョ監督はチェルシーとインテルを率いて、バルセロナに3勝3分4敗で、カンプ・ノウで勝ったことがない(2分2敗)。

しかし、モウリーニョは自信を示す。

「私は過去の記憶から、バルセロナとどう戦えばいいのか知っている。同じスタイルを採るのではなく、より規律を持ち、体力と精神力を高く保ち、ロングボールを素早くディフェンスラインの裏へ放り込むなどで戦うべき。また、中盤のキーマンであるシャビからエースのメッシへの供給ラインをストップさせる」ことで勝利を掴みたい考えだ。

他方、マジョルカのラウドルップ監督は、「バルセロナはボールを持ってリズムをつくることで勝つが、レアル・マドリーはカウンターの質があまりにも高いため、わずか3本のパスでゴールを奪える」とレアル・マドリーの脅威を語る。

ここで、両チームのエースの言葉を引用する。まずは、ホーム・バルセロナのメッシから。

「クラシコは凄い試合になるだろう。こんな試合はなかなかない。レアル・マドリーは昨季よりも強いが、僕らが自分達のプレーをできれば、今回も勝てるはずだ」

そして、レアル・マドリーのエース、ロナウド。

「バルセロナは非常に難しいチームだ。特にホームでは非常に強い。僕らは今季高いレベルでプレーしているが、この試合は重要で美しいゲームになるだろう。その上で、最高のチームが勝つ。そしてそれはレアル・マドリーだ」

最後に、世界で最も支持されているフットボールシミュレーションゲーム「Football Manager 2011」を用いてのシミュレーションをしてみた。スターティングイレブンは、海外メディアを参考に決めた。

clasico-fomation.jpg

イグアインではなくベンゼマが入るという記事もあるが。

試合は、シャビ・アロンソのミドルシュートで先制したレアル・マドリーが、2分後のエジルのゴールで2点をリードする予想外の展開。しかし、バルセロナはホームアドバンテージを生かし、得意のポゼッションゲームで反撃する。すると、ピケ、ペドロにゴールが生まれて同点。2-2で決着した。

FM-clasico.jpg

内容的にはバルセロナが圧倒したが、鋭いカウンターでレアル・マドリーは勝利を手にしかけた。実際の試合はどうなるか。

世界中で数百万人が観戦するとされるエル・クラシコ。キックオフまで、もう6時間を切った。
スポンサーサイト

府中の絶景、最強女王ここに在り 

第30回ジャパンカップ


◎ブエナビスタ
○オウケンブルースリ
▲ローズキングダム
×ペルーサ
△ナカヤマフェスタ
☆シンゲン
続きを読む

激務中にて 

結婚式&披露宴が終わったと思ったら、猛烈な勢いで仕事が舞い込んできて、今朝も4時起きでした。皆様から頂いたコメントへのレスもできていませんが、明日には少し余裕があるので、それまでご容赦下さい。すみません。来週には落ち着くので、通常営業をこなせると思います。

追伸:Jリーグの2011シーズンの開幕に合わせて、FM2011用のJパッチを出せたらなんて頭をよぎる日々ですが、活動再開の目処は立っていません。せめてもの罪滅ぼしとして、滞っていた2010年版の移籍反映作業を個人的に再開しますかね・・・。

リーグ・アンで注目を集める守護神 

フランスのリーグ・アンで今季、誰もが驚く快進撃を続けているクラブがある。昇格組でありながら、一時は首位にも立ったブレストだ(11月25日現在は6位)。そのブレストのゴールマウスを守るGK、スティーブ・エラナが評価を高めている。昨季までは全くの無名で、未だにWikipediaにはほとんど情報が記載されていないが、第4節から8試合続けてクリーンシートを達成。リーグ・アンの連続無失点記録5位に名を刻んだ。

brSP_1569448_1_px_490__w_ouestfrance_.jpg

スティーブ・エラナは、1980年7月11日生まれ。身長は185cm。パリ近郊の生まれながら、マルセイユの養成所に引き抜かれ、2001-02シーズンに3部のバランスでプロデビュー。29試合に出場し、2部昇格に貢献すると、カーンへと移籍し、ここでも2部から1部への昇格に貢献する。05年に移籍したブレストでは昨季、2部の年間最優秀GKに選ばれ、三たび昇格をサポート。ボール扱いや細かなテクニックは、元フランス代表GKベルナール・ラマを彷彿とさせると言われる。ブレストは今季、ここまでリーグで2番目に失点が少ないが、彼の果たす役割は大きい。30歳を迎え、脂の乗り切った今、躍進するクラブとともに熱視線を集めている。

※フットボリスタ12月1日号の小川由紀子氏のコラムおよびWikipediaを参考に執筆。

「Football Manager 2011」での能力値は以下の通り。

Elana.jpg

反応が高く評価されている。ただ、全体的には小粒で、今季の活躍次第で能力が上昇するかもしれない。

赤い悪魔の新守護神はデンマーク人?! 

英メディアは先ごろ、ノルウェーのオーレスンに所属するデンマーク代表GKアンデルス・リンデゴーア(26)が、マンチェスター・ユナイテッド移籍に向けたメディカルチェックを受けたと報じた。一連の報道によれば、違約金は約4億6000万円。マンチェスター・ユナイテッドのファーガソン監督は「現時点で交渉は成立していないが、2~3週間後には成立するだろう」とコメントし、ファン・デル・サール(40)の後継者の獲得に自信を見せた。

リンデゴーアは1984年4月13日生まれで、デンマークのオデンセ出身。身長193cmの長身を生かしたダイナミックなセービングと足元の技術に定評がある。ただ、デンマーク代表のレジェンド、ピーター・シュマイケルは、「彼はまだプレミアリーグでプレーするレベルに達していない」と辛口だ。実際、代表では4試合に出場しているが、正GKの座は掴めていない。ノルウェー1部から世界のトップリーグへの急激な環境変化に対応できるかも疑問が残り、期待よりも不安の大きい移籍となりそうだ。

※超ワールドサッカーの記事およびWikipediaを参考に執筆しました。

↓リンデゴーアの雄姿。

Lindegaard-pic.png

↓「Football Manager 2011」における能力値。

Lindegaard.jpg

世界に冠たる“赤い悪魔”の守護神としては、明らかに物足りない。FMのリサーチャーの評価を上回る活躍をできるか。

恐らく、1月に加入して、今季は重要度の低い試合かレンタルで経験を積むことになるはず。26歳という年齢はGKであれば、まだ“若手”。じっくりと育てる算段か。

明日から復帰します 

長くブログを放置していてすみません。
m( __ __ )m

指輪交換で嫁が右手を差し出すなどのハプニングこそあったものの、結婚式および披露宴は無事に終わり、一生分の祝福と写真撮影を体験して、“日常”へと還ってきました。

ただ、すっかり気が抜けてしまい、翌日から今日までダラダラと。ツイッターでは、かなり積極的につぶやいていましたが、ブログを書こうという意欲は湧かず、だいぶ空いてしまいました。

皆様から頂いたコメントへのレスもしておらず、大変申し訳ないのですが、明日からきちんとまた活動を再開します。宜しくお願い致します。まずは、どらぐらさんにJ1優勝の祝辞を述べに行かないと。「初」ですからね。

まずは、生存報告(?)まで。

本日は結婚式 

ここ数日、更新をお休みしておりました。結婚式の準備と仕事を同時にこなさなければならず、さすがに更新する時間と気力がありませんでした。一昨日に本番と同じ衣装とメイクで写真を撮る「前撮り」があり、昨日は体調不良で職場や駅で嘔吐するというハプニング(?)もありましたしね(苦笑)。

そして今日、いよいよ本番を迎えます。私も嫁も雨男・雨女で、天気を心配していましたが――天気予報で一時、雨だった時もありました――秋晴れに恵まれ、私の体調もすっかり戻りました。まだ実感も緊張もありませんが、果たして本番はどうなるか。フットボールの試合は、もう何百とこなしていて、緊張感とは上手く付き合えますが、こればかりは未体験にして人生で一度きり(かどうかは分かりませんがw)ですからね。最後の挨拶も、頭の中にプロットだけ組んで、あとはアドリブのため、思いっきり滑るかもしれません。それでも、真剣に、全力で臨もうと思います。

期せずして、今日は「多摩川クラシコ」の日でもあります。現地観戦したホームでは、テセの2ゴールで勝ちましたが、アウェイではどうか。残留に必死なFC東京の圧力に屈してしまいそうな気がしてなりませんが、勝利で祝ってくれたらと願うばかりです。

人生の節目を迎えるにあたり、報告まで。

1860ミュンヘン日記・最終回 

FM2010連載~皆で1860ミュンヘンに栄光を取り戻そう~


データベースサイズ:最大

追加データ:Jつく

リーグ選択:イングランド1~3部、フランス1~2部、ドイツ1~3部、イタリア1~2部、オランダ1~2部、ポルトガル1~2部、ブラジル1~2部、アルゼンチン1~2部、日本1~2部、韓国1~2部、ベルギー1~2部、ギリシャ1部、トルコ1部

続きを読む

赤と白の復興~プロローグ~ 

「欧州連合」、「グローバル化」といった“免罪符”が、数多の人達の心血によって守られてきた伝統を駆逐し、DNAを書き換えていく時代に在って、清廉なる“魂”を固持し続けるフットボールクラブがある。

スペインはバスク地方・ビルバオに息衝く、アスレティック・ビルバオだ。

彼らは1912年以降、「バスク人」のみで戦い続けながら、リーグ優勝8回、国王杯優勝24回という、燦然たる勝利の歴史を紡いできた。

民族の誇りを戴し、強さよりも純血を尊ぶ。しかして、降格の辛酸は一度たりとも舐めず。

まさに、真の“勝者”だ。

単一色に塗り潰されつつあるキャンパスに、今も残る赤と白の点。どれほど縮み、褪せようと、なお変わらぬ其の色合いが、少しずつ明度を増してきた――。

789545.jpg


「Football Manager 2011」プレー日記、「アスレティック・ビルバオ編」

Coming Soon...






---------- キリトリ -----------

純血主義を貫いてきたアスレティック・ビルバオも、生き残るためには「バスク人」を増やし――バスク人の血が入っていれば、国籍は問わず――、胸にスポンサーも入れる。少しずつ、その魂の純度は落ちつつある。それでも、一線を越えようとはしない。プレースタイルでも、資金の多寡でもない、確固たる個性。稀有なオリジナリティを持つビルバオは、それだけで勝者なのかもしれないが、タイトルという勝利も掴ませてあげたい。

選手には限りがあり、未来は生まれ出づる若人の量と質によって決められてしまう。艱難辛苦の茨の道。それでも、彼らと共にテッペンを目指す。足枷が重いほど、人は燃えるのだから。

アパパネ、5冠への飛翔 

第35回エリザベス女王杯


◎アパパネ
○メイショウベルーガ
▲ヒカルアマランサス
×アニメイトバイオ
△アーヴェイ
★サンテミリオン
続きを読む

【訂正】日本、コパ・アメリカでアルゼンチンと再戦【レギュレーション】 

サムライ・ブルーが、アルゼンチンのホームへ乗り込む。来年7月3日からアルゼンチンで開催されるコパ・アメリカの組み合わせ抽選会が行われ、招待国の日本はアルゼンチン、コロンビア、ボリビアと同じA組に入った。日本は今年10月8日に埼玉でアルゼンチンと対戦しており、ホームとアウェイを入れ替えての再戦となる。日本は1999年のパラグアイ大会以来の参戦で、その時は未勝利で帰国した。

前回王者のブラジルはパラグアイ、エクアドル、ベネズエラと同じB組に、南アフリカW杯4位のウルグアイは、チリ、招待国のメキシコ、ペルーと同じC組に入った。ブラジルは3連覇を、アルゼンチンは1993年の自国開催以来の優勝を狙う。

なお、各組の1位と2位、3位の中から最も成績の良かった2チームが決勝トーナメントに進出する。

---------- キリトリ -----------

FIFAの公式サイトには、「代行」が外れたアルゼンチンのバティスタ監督のコメントが紹介されている。

「我々は長く、この大会で優勝できていない。だからこそ、我々にとって非常に重要な大会となる。優勝するためにあらゆることをする。全ての参加国がタフだ。もちろん、W杯で素晴らしい戦いを披露した日本もだ。自国開催のプレッシャーは格別なだけに、きちんと準備をしなければならない。そして、優勝してみせる」

ホスト国の代表として、まずは堂々たる宣言を残したバティスタ監督。本気のアルゼンチンと対戦できるサムライ・ブルーは幸せだ。この絶好機を無駄にしてはならない。

近日中に「Football Manager 2011」が届きますが 

私の周りにも、すでに始めているプレイヤーが多々いらっしゃいますが、私はまだです。公私に忙しく、デモ版も全く触っていません。日本人選手をチェックしたのと、代理人とのやり取りを多少したくらい。製品版が届いたら、ゆっくりとプレーを始めようと思います。その前に、2010の1860ミュンヘン日記の最終回をアップしろよって話ですが(苦笑)。

FMが作品を重ねるごとに、私はどんどん遅筆になっていって、はっきり言って最早、FM日記職人ではありませんよね。アイディアだけはあるんですが、それを形にできない。我ながら情けないです。もっとも、理由は「ニコ生に没頭し過ぎているから」と明確。それを止めさえすれば、週に1~2回更新していた頃に戻れなくもない。もしくは、ニコ生で放送するか。やっている方は、数人いますしね。例えば、プレー日記の山場で、そういう企画をしてもいいかもしれません。これは、2011のプレー日記の肝として、考えにはあります。リーグ優勝がかかっている試合やカップ戦の決勝で。負けて「プギャ━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━ !!!!!!」となるのも、ネタにはなりますよねw

と、ダラダラ書き連ねてきましたが、すでにフェイスパックのダウンロードは終わっていますし、あとはゲームが届くのを待つばかり。海外のサイトで購入したため、配送の通知は3日前くらいに来ているものの、まだ数日はかかる見込みです。

今は、暇さえあればどこでプレーしようか悩んでいますが、もし妙案があれば、コメントを下さい。

何となく考えていたのは・・・

1)片っ端から主要リーグの優勝候補に就任し、1年での優勝に挑む。

2)王道の成り上がり(簡単版)。個人的には、没落する前はウイイレでよく使っていたチャールトンがいいかなと。

3)王道の成り上がり(試練版)。無職で始めて、拾われたところから頂点を目指す。

4)縛りプレー。「補強は自国選手のみ」、「5億円以上の選手は獲らない」、「25歳以下しか獲らない」などの条件を守りながらのプレー。上の1~3との組み合わせで行なう。

5)その他。考案中。

FMって、色々な立場や条件でプレーできるから、面白いですよね。

結婚式が20日に迫り、それが終わるまでは落ち着いてプレーできそうにありませんが、構想だけは練っておきます。ちなみに、日記形式は久しぶりにライト層向けに書きたいなと思っています。

独ビルト紙、ブンデスリーガの高給取りランクを発表 

独ビルト紙は先ごろ、ブンデスリーガ各クラブの高給取りベスト3を発表した。「スター軍団」と名高いバイエルンは、リベリーの1000万ユーロを筆頭に、ラーム(900万ユーロ)、ロッベン(700万ユーロ)と続く。全クラブのトップ5は、リベリー、ラーム、ラウール(シャルケ、720万ユーロ)、ロッベン、ジエゴ(ヴォルフスブルク、700万ユーロ)、バラック(レバークーゼン、同)となっている。なお、今季のブンデスリーガで首位を走るドルトムントは、若手主体で給与水準が低く、1位のケールでも360万ユーロに過ぎない。

topverdiener-18349070-kg-170.jpg

以下、有名クラブのトップ3を列挙する。単位はユーロ。
続きを読む

チェルシー、スタンフォードブリッジを離れ、新スタジアム建設か 

チェルシーが、住み慣れた“我が家”を離れるかもしれない。英ガーディアン紙は、106年間を過ごしたスタンフォードブリッジを離れ、半マイルほど離れたアールズ・コート地区にある、2012年以降の取り壊しが決まっている「アールズ・コート展示センター」の跡地に、6万人収容の新スタジアムを建設すると報じている。

chelsea-leave-stamford-br-006.jpg

チェルシーは4年前にも同地への新スタジアム建設を計画していたが、条件面などから頓挫。しかし、スタンフォードブリッジの収容人数は約4万2000人で、ライバルであるマンチェスター・ユナイテッドのオールドトラッフォードの7万6000人、アーセナルのエミレーツ・スタジアムの6万人に大きく見劣りする。実際、昨季のチェルシーの平均入場者数は、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、マンチェスター・シティ、リバプールに次ぐ5位に終わっており、入場料収入の伸び悩みは赤字体質の原因にもなっている。

UEFAが導入を決めた「ファイナンシャル・フェアプレー」の施行も迫っており――13-14シーズンからは、クラブの支出が収入を超えた場合、欧州カップ戦の出場権を剥奪するなどの制裁措置が取られる。オーナーの資金投下も制限される――、収益力の向上は至上命題。そうした背景から、地権者との交渉再開を決断したようだ。

ただ、アールズ・コート展示センターは、2012年に開催されるロンドン五輪でバレーボールの会場として使用されるため、新スタジアムの建設は早くても2015年になる。それまで待つのか、疑問は残る。

一方で、英テレグラフ紙はガーディアンの報道に否定的な見解を示す。同紙は、アブラモビッチ会長が大金を投じる可能性は低いと見ており、スタンフォードブリッジの客席を増設するなどで対応するのではないかとしている。

なお、アールズ・コート地区では英不動産開発業者のCapital & Counties Propertiesが8000戸にもおよぶ大規模な住宅開発計画を進めており、仮に同地区内にチェルシーの新スタジアムが建設されるとすれば、多くの新規ファン開拓が期待できそうだ。

stamford_bridge_1756898c.jpg 

↑現在、チェルシーがホームスタジアムとして使用するスタンフォードブリッジ

※ガーディアンおよびテレグラフを基に執筆しました。相変わらず忙しく、きちんとした更新ができずに申し訳ありません。

お騒がせ男のアンディ・キャロル、今度は薬物と乱交疑惑 

ニューカッスルの主将を務めるケビン・ノーランとエースのアンディ・キャロルに、薬物と乱交に興じた疑惑が寄せられている。英「ニューズオブザワールド」が7日に報じた。

Andy-Carroll-Kevin-Nolan-celebrate.jpg

同紙によると、2人は先月31日にサンダーランドとのダービーマッチに5-1と大勝した後、友人やキャロルのボディーガード――2週間前、キャロルの身元引受人を務めるノーランの家のガレージにいたずら書きがされ、キャロルの車が燃やされるという事件が起きたため、ボディーガードを雇っている――と祝賀会を開き、バーやクラブを“はしご”。さらに3件目のクラブで、20歳前後の3人の女性と共に午前3時までパーティーを楽しむと、今度はカジノへと移動する。ここで5時45分まで過ごし、マクドナルドで朝食を取った後、“ご一行”はノーランの自宅へと戻った。

疲れ果てた友人やボディーガードが眠る傍ら、キャロルとノーランは豪奢なホームシアターで3人の女性と夜明けまで盛り上がり、同紙はこの時にコカインを使用したという趣旨の記述をしている。

ひとしきり盛り上がった後、7時15分頃にキャロルは1人の女性を2階へと手招きして行為に及び、15分後にはもう1人の女性も加わったという。

キャロルは3週間前、元交際相手を暴行したとして起訴され、ノーランの自宅で生活することを条件に保釈されていた。また、ノーランは既婚者だが、妻のヘイリーはキャロルに絡んだ一連の事件に耐えられず、2人の子供を連れてリバプールの実家に帰っていた。1日の午後、ノーランは妻に100万ポンド分の花を贈ったというが、罪滅ぼしなのだろうか。

ただ、ニューズオブザワールド紙の記事には疑わしい点が多々ある。時間や場所まで詳細に書かれていることを踏まえると、“暴露”したのは友人かボディーガードだが(女性は最初からいたわけではないため)、告発するメリットはない。

当然、両選手とクラブは否定しており、法的手段に出ることも示唆した。果たして真偽は、そして顛末はいかに――。

※英国の報道を参考に執筆しました。

アーセン・ベンゲルに不倫疑惑 

アーセナルのアーセン・ベンゲル監督(61)に、不倫疑惑が浮上した。6日、英国のメディアが一斉に報じている。報道によれば、レストランや空港で女性と手を握り合い、キスをしていたという。

お相手は、フラン人のラップ歌手ソニア・タタル(39)さん。二年前に彼女が働いているレストランで出逢い、アーセナルの試合に呼んだりプレゼントを贈ったりする関係が続いていたようだ。

タタルさんには17歳の娘がいるが、20歳の時に離婚しており、現在は独身。一方のベンゲル監督には53歳のアニー夫人と13歳の娘がいる。同監督は「プライベートなことであり、話すつもりはない」と発言しているが、不倫については否定しなかった。

article-1327196-0BEFAB08000005DC-653_468x405.jpg

---------- キリトリ -----------

ソニア・タタルさんは、こんな感じ。

Donya-Sonia-Tatar-1.jpg

セクシーな写真も見付かった。

VJ3GRj.jpg

また、歌手としてアルバムも出している。

article-1327196-0BEEDC1A000005DC-589_468x460.jpg

ただ、一連の報道に対するフランス人のコメントによると、非常にマイナーな歌手で、ベンゲル監督とのただならぬ関係が明らかになって初めて知ったという人が多いようだ。

61歳にして、なお盛んなアーセン・ベンゲル。元気なのは何よりだが、13歳という多感な時期を過ごす娘への悪影響が案じられる。

【加筆】マルセロ・ビエルサ、チリ代表監督を辞任へ 

マルセロ・ビエルサ(55)が、チリ代表監督を辞任する可能性が高まった。4日に行われたチリフットボール協会(ANFP)の会長選挙で、現職のハロルド・メインニコルズ会長が落選。ビエルサ監督は選挙の前日、メインニコルズ会長が落選した場合は代表監督を辞すると表明していた。

W杯でチリ代表をベスト16に導き、大会後には契約を2015年まで延長していたビエルサだが、新たに会長に就くジョージ・セゴビア氏の「チリ国内の移籍市場をドラフト制にする」との公約を激しく批判。メインニコルズ氏は選挙前に、自身が落選した場合も監督を続けるようビエルサに頼んだことを明らかにしていたが、その願いは届かなそうだ。

なお、ビエルサ監督の“ラストマッチ”は17日に行われるウルグアイとの親善試合になる見通し。また、後任には前スペイン代表監督のルイ・アラゴネスの名前が挙がっている。

Marcelo-Bielsa-006.jpg

下が、新会長のジョージ・セゴビア。48歳のスペイン人で、敏腕のビジネスマンとして知られている。

10288_14-Jorge-Segovia-G_2.jpg

選挙では、現職の代表監督からの熱烈な支持を受けたメインニコルズ氏を28票対22票で破り、当選。様々な改革に打って出るようだが、まずは後任監督人事の解決に奔走することになる。

※海外メディアの報道を参考に執筆しました。

最後に、くだらない(?)ニュースを一つ。

リバプールのカイトの愛車が、パトロール中の騎馬警官の馬に踏まれ、サイドミラーを吹き飛ばされた。英ミラーが報じている。同紙によると、カイトはナポリ戦の前にアンフィールド近くに駐車。騎馬警官は、イタリア人サポーター達をパトロールしていたが、突然、馬が暴れてカイトの車を踏んでしまったという。警官は謝罪したようだが、弁償したかどうかは定かではない。

---------- キリトリ -----------

連日、仕事で疲れ果てております。明日も仕事ですし、日曜日も家で原稿書きです。
(´ヘ`;)

皆様から頂いたコメントへのレスは、もう少しお待ち下さい。すみません。

ボルシア・ドルトムント、ユニフォームのクリスマスモデルを発売 

ボルシア・ドルトムントは、ユニフォームのクリスマスモデルを発売した。新たに開発された高品質のポリエステル繊維を使用しており、かつてない吸水速乾性を有する。すでにクラブのオフィシャルショップやスポーツ用品店で販売されており、価格は子供用が44.95ユーロ、大人用が69.95ユーロ。なお、同モデルの“広告塔”には香川真司が起用されている。

borussia-dortmund-2010-kappa-Christmas-shirt.jpg


401500#201#a


上がクリスマスモデルで、下が今季のホームユニフォーム。クリスマスモデルの方が、より意匠性に富んでいる。価格は同じ。ドルトムントファンには、最適なクリスマスプレゼントになりそうだ。

スナイデルとファン・デル・ファールトが場外乱闘?! 

11月3日の試合を前に、インテルのスナイデルとトッテナムのファン・デル・ファールトが場外乱闘を繰り広げた。と言っても、それはツイッター上での話。そして、もちろんジョークだ。アヤックス時代からの友人同士だからこその“悪ノリ”が、試合の熱量を増すスパイスになっている。

wesleysneijderrafavandervaart2010_275x155.jpg

まず、“先制パンチ”を繰り出したのはスナイデルだった。前回の対戦で出場停止だったファン・デル・ファールトへ「今、トッテナムのユニフォームでビッグイヤーを磨いてるよ」というメッセージを送る。

しかし、ファン・デル・ファールトも負けてはいない。すぐさま、「僕のためにありがとう。いつでもキャビネットに入れられるよ」と応酬する。

するとスナイデルは、「ロンドンでは君達にフットボールのレッスンを付けてあげるよ」と別の角度から攻める。

今度はファン・デル・ファールトの番だ。

「僕はミラノで君の守備を見たけど、とても下手くそだったね。そう、まるでチーズに開いた穴のようだったよ」。

この皮肉に対し、スナイデルは前回の対戦でインテルが4点を奪ったことを引き合いに、「いいGKを見付けたんだけど、君達のためにコンタクトを取ってあげようか?」と、デリケートな時期にブラックなジョークを繰り出す。

しかし、ファン・デル・ファールトは「その必要はないよ。なにせ、君達はペナルティエリアに入ることさえできないんだから」と冷静に返した。

その後も“場外乱闘”は続いたが、巧い“いなし”を見せたファン・デル・ファールトの判定勝ちか。さて、実際にピッチ上で勝利を掴むのはどちらだろう――。

※ESPNの記事を参考に、執筆しました。

解任の危機に瀕するマンチーニ 

冬の寒さが顔を覗かせる時間が日に日に増える中、マンチェスター・シティのロベルト・マンチーニ監督の首元も急速に温度を下げている。10月30日のウルブズ戦は、1-2でまさかの敗北。首位チェルシーとの勝ち点差が8に開いただけでなく、試合中にアデバヨールとコンパニーが口論を繰り広げるなど、醜態も晒した。マンチェスター・シティの関係者によれば、すでにマンチーニ監督の権威は地に落ち、ロッカールームでは誰も彼の声に耳を傾けないという。意図不明な采配――ウルブズ戦では、負けているにも関わらず、アデバヨールを下げてディフェンダーのサバレタを投入した――に加え、マンチーニ監督の居丈高な振る舞いが、選手達の反感を招いているようだ。トゥーレ・ヤヤの代理人のように、露骨に不満を述べる人間も現れた。豪華なタレントをまとめうる“カリスマ”として招聘されたマンチーニだが、その命運は尽きかけている。

article-1325534-0BD67FC4000005DC-443_306x349.jpg


今週と来週は物凄い仕事量をこなさなければならず、かなり簡素な更新になるかと思われます。申し訳ございません。

つい先ほど、U-16日本代表がU-16イラク代表を3-1で下し、U-17W杯の出場権を獲得しました。今大会は初戦から観ていますが、一戦ずつ個もチームも強さを増し、今日は追い付かれた後も不思議と不安はありませんでした。もちろん、イラクの選手の強引な突破に崩されたり、攻守の切り替えで軽率なミスが出たりと、盤石な勝利ではありませんでしたが、この勝利は必然。圧倒的なタレント性を感じる選手はいませんが、個々の技術やゲームをコントロールする力はハイレベルです。準決勝は、北朝鮮とヨルダンの勝者と。どちらもグループリーグで無敗の強敵ですが、勝って頂点まで駆け上がってくれるはずです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。