09 | 2010/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風一過、日本最強女王が見せる絶景 

第142回天皇賞・秋


◎ブエナビスタ
○シンゲン
▲アリゼオ
×ジャガーメイル
△アーネストリー
☆ネヴァブション
続きを読む
スポンサーサイト

【加筆修正】若手大好きユルゲン・クロップ、17歳のMFを獲得へ 

ドルトムントのユルゲン・クロップ監督が、1860ミュンヘンのMFモリッツ・ライトナー(17)の獲得を決めた。独ビルト紙が28日に報じている。すでに60万ユーロの違約金でクラブ間合意しているとされ、来夏に2015年までの4年契約を結ぶようだ。今季、才能豊かな若手を揃えて快走するドルトムント。その“発掘意欲”は高まるばかりだ。

Moritz Leitner(モリッツ・ライトナー)

1992年12月8日生まれ、17歳。174㎝、65㎏。オーストリア出身

Leitner.jpg

ウンターハヒンクの下部組織で育ち、1998年から1860ミュンヘンの下部組織へ。育成に定評のあるクラブで揉まれながら、09-10シーズンにはU-19ブンデスリーガで4試合に出場し、1ゴールを記録する。同時期にはオーストリアのU-17代表にも選ばれ、1キャップを刻んだ。

10-11シーズンの開幕前にトップチームを率いるライナー・マウラーに抜擢され、17歳の若さで昇格。8月14日にはDFBポカールでプロデビューした。さらにその9日後、ツヴァイテ・リーガの開幕戦(対ボーフム)で先発出場を果たと、以降、リーグ戦で9試合中8試合で出番を得ている(うち6試合が先発)。

まだゴールはないものの、1アシストを記録。1対1で5割の勝率を誇り、パス成功率も71%を数える。年齢からは考えられない活躍ぶりだ。

一方で、今年9月にはドイツの市民権を獲得。U-19代表に選出されると、オーストリア代表からの“鞍替え”を決断する。代表デビューは6日のデンマーク戦。後半に登場すると、チームの2ゴールに絡んで3-0勝利へと貢献した。

8日のアンドラ戦では、後半に初ゴールを含む2ゴールを挙げ、10日の北アイルランド戦でも1ゴール。4試合で3ゴールと目覚ましい結果を残し、主力の座を確保している。

この才気に目を付けたドルトムントのユルゲン・クロップ監督は、「彼は、ずば抜けた才能の持ち主だ」と絶賛。すぐさま獲得に動いた。ライトナーは移籍について「自信はあるよ。ただ、今の自分にとって大事なのは、難しい時間を過ごす『ライオン』(1860ミュンヘンの愛称)を助けること」とコメント。ドルトムントでの飛躍に自信を見せながら、下位に沈むチームへの貢献を誓った。

なお1860ミュンヘンは19日、今季のライセンス取得に必要な手続きに不備があり、勝ち点2を没収されている。

56歳のMF、ピッチに降臨 

ベラルーシ1部リーグの試合に、56歳の選手が出場した。ディナモ・ブレストのアシスタントコーチを務めるユーリ・プディシェフは、26日に行なわれたバテ・ボリソフ戦にベンチ入りすると、0-2と2点ビハインドの後半45分にピッチへ。年齢と同じ56番を背負い、数分間プレーした。54歳での出場は、東欧のプロリーグでは最年長記録。ベラルーシフットボール連盟は公式ウェブサイトで、ディナモ・ブレスト側のMOMに選出した。試合後、ディナモ・ブレストのプンツ監督は地元メディアに「彼が“ピエロ”だったとは思わない。ただ、誰かがギネスブックに載るよう手助けしてくれたらいいね」と語っている。

プディシェフは、旧ソビエト連邦のディナモ・ミンスクやディナモ・モスクワでプレー。82年にはディナモ・ミンスクのリーグ優勝に貢献した。

なお、プロの世界最高齢出場記録は、メキシコ1部のチーバスで2008年1月、プーマス戦に出場したサルバドール・レジェス氏で71歳。

※日刊スポーツおよび海外メディアの記事を基に執筆

大半のメディアが写真を載せていなかったが、ようやく海外のサイトでプディシェフ氏の写真を探し当てた。

184942390-89d6f429-c906-473e-b7b0-c3f6ba65393a.jpg

なるほど、どこからどう見ても“おじいちゃん”だ。ただ、一部報道によると、2年前までは“現役”だったようだ。もちろん、フルタイムのプレーではなく、終盤のセットプレー要員だったようだが。いずれにせよ、まさに生涯現役を貫くプディシェフ氏に敬意を表したい。

柏レイソルに大物ブラジル人選手が加入か 

柏レイソルに、大物ブラジル人選手の加入が迫っているようだ。サンパウロのMFジョルジ・ヴァグネル(32)で、過去にはカンピオナート・ブラジレイロで最優秀左MFに輝いたこともある、左利きのアタッカー。報道によれば、今季で契約切れるため、Jリーグ行きを決めたという。カレカやフランサら大物、レアンドロ・ドミンゲスのような逸材を射止めてきた“ブラジルコネクション”は健在だ。

Wagner-pic.jpg


ジョルジ・ヴァグネルは、1978年11月17日生まれの31歳。左サイドを主戦場とする。1998年にバヒアでデビューし、2001年にクルゼイロへ移籍。33試合4得点の結果を残し、03年にロコモティフへと旅立つ。

しかし、出場機会に恵まれず、レンタルでコリンチャンスへ。そこで13試合2得点とまずまず活躍し、翌年にはロコモティフへ戻ったが、レギュラーポジションはつかめず。05年に再びローンでインテルナシオナルへ移籍する。22試合で6得点と上々のパフォーマンスを披露すると、06年8月にはベティスへとステップアップ(違約金は20万ユーロ)。ただ、10試合の出場にとどまり、07年にはローンでサンパウロへと放出される。

直後に負傷し出遅れたが、復帰後は主力としてチームを引っ張り、カンピオナート・ブラジレイロ優勝の原動力に(34試合4得点)。大会後には最優秀左MFを受賞した。

翌年には完全移籍し、以来、70試合出場9得点と結果を出し続けている(サンパウロの連覇にも貢献)。得点力はお墨付きだ。額面通りに働けば、来季の昇格が確実視される柏にとって、大きな力になるだろう。

---------- キリトリ -----------

「Football Manager 2011」では、かなり高く評価されている。

Wagner-fm.jpg

また、様々なポジションをこなせるのも魅力だ。

Wagner-fm2.jpg

プレー動画を観ると、FKも上手い(動画での2番目のゴールシーンでは元浦和のワシントンと抱き合う姿が)。ヘディングでもゴールを奪っている。左足の精度と威力は見事で、期待を抱かせる。

ケニアのフットボールスタジアムで将棋倒し 多数の死傷者を出す悲劇に 

ケニアのフットボールスタジアムで23日の夜、ファンの将棋倒しが発生した。少なくとも30人が負傷し、うち14人が重傷。一部報道によれば、7人以上が亡くなっているという。

_49637836_kenya_tragedy.jpg

凄惨な事故は、首都ナイロビのNyayo National Stadiumで起きた。同スタジアムでは、同国1部リーグのAFC LeopardsとGor Mahia(ゴル・マヒア)による「ナショナルダービー」(1960年から“因縁”があり、両クラブで25のリーグタイトルを分け合っている)が開催。スタジアムは2万5000人の観客で埋まり、スタジアムの外にはチケット争奪戦に敗れたファンでごった返した。

そして、悲劇の瞬間を迎える。前半の途中、スタジアムに入れなかったファンが入口に殺到。強行突破を試みた。しかし、狭い入口に大勢が押し寄せたため、将棋倒しが起き、さらに扉や柵が倒壊。多くの死傷者を出した。

赤十字のスポークスマンによると、6人がスタジアムで死亡し、1人が搬送先の病院で亡くなったという。6人のうち5人が男性、1人が女性で、子供も含まれているようだ。また、ナイロビ警察の責任者によれば、12人が重傷を負ったという。

同スタジアムは、2005年にも死亡者を出している(W杯予選のケニア対モロッコで1人が死亡)。その後、収容人数を3万5000人から2万5000人に減らすなど、安全面の確保に努めてきたが、歴史は繰り返された。

ケニアのオディンガ首相は事件直後に調査を命じたが、スタジアムに警官や救急車、救護者が配置されていなかったなど、人災の可能性も否定できないだけに、早急な原因究明が求められる。

なお、恐ろしいことに、試合は事件発生から数分後に再開され、87分に得たPKを決めたレオパルズが勝利している。

薔薇一族の宿願、菊の季節に開花 

第71回菊花賞


◎ローズキングダム
○ヒルノダムール
▲ネオヴァンドーム
×トウカイメロディ
△クォークスター
☆ビッグウィーク
続きを読む

国際フットボール評議会、機械判定導入を検討 

国際フットボール評議会(IFAB)は20日、機械によるゴール判定について、本格的に検討すると表明した。かつては否定的な見解を示していたが、ゴール判定に限り専用機械の導入を視野に入れる。11月20日を期限に、各国の機器製造メーカーの提案を受け付けるという。IFABの発表について国際フットボール連盟(FIFA)は、「企業はFIFAに自社のテクノロジーを示すことになる」とコメント。なお、来年3月に開催されるIFABの年次総会で、話し合いが行われる予定だ。

---------- キリトリ -----------

上のニュースをトップに持ってきたが、衝撃度から言えば、ルーニーの契約延長が上。あれほど世界中を騒がしておきながら、「監督と首脳と話し、ここが自分の居場所だと確信した」と5年契約にサインした。エブラやヴィディッチら“身内”からの批判、サポーターからの“殺害予告”が生じた直後の契約延長に、彼らは拳の振り下ろし先を探している。

また、ニューカッスル・ユナイテッドのキャロルが新車を燃やされ、ガスコインはクラスAドラッグ(コカインやヘロインなど)所持疑惑で逮捕されるなど、イングランドの10月22日は騒がしい1日となった。

【再加筆】FM2011デモ版で見る、日本人の評価 

公開されたFM2011のデモ版では、プレーできるリーグや選手数がかなり制限されているものの、多くの日本人を見付けられる。その中から、評価が注目された初登場の香川や長友をはじめ、評価の見直しがあった本田、森本らを紹介する。

まずは、驚異的な活躍を見せている香川真司。

Kagawa_20101021171435.jpg

いきなり、リーグ屈指の攻撃的MFとして存在している。評価額は8億5000万円。守備とフィジカルに難があり、クロスも巧いとは言えないが、ゴールを狙うために必要な能力値は軒並み高く、トップ下に置けば相当の結果を残せるはずだ。

香川と同じく今作で“FMデビュー”の長友佑都。

Nagatomo_20101021171433.jpg

スタミナをはじめフィジカルの数値が低い上、この画像からは分からないが、なんと左利きにされている。また、これまで攻撃面での寄与が少ないため、攻撃力は物足りない。

1部リーグばかりに目を奪われていたが、英2部リーグには阿部勇樹の姿がある。

abe_20101021233058.jpg

FK能力が高く、攻守のバランスも良い。フィジカルは低いが、主力として戦える。

なお、初登場になるはずの内田篤人は、残念ながらシャルケに存在していない。また、巻やチョン・テセらも確認できなかった。

これまでの作品に登場している日本人では、なんと言ってもW杯で名を上げた本田圭佑。

Honda_20101021171434.jpg

さらに“進化”した印象を受ける。「好みのクラブ」にレアル・マドリーの名があるのも面白い(前作から?)。

前作で評価が高かったのは森本貴幸も一緒。

Morimoto_20101021171434.jpg

現実ではベンチ外が続いているが、依然として期待されている。

他にも、長谷部や松井、長谷部、相馬、瀬戸といった何人かの日本人が継続でいるはずだが、デモ版では存在していないようだ。

※おまけ

ブラジルの超新星、ネイマールとガンソ(パウロ・エンリケ)を紹介する。

Neymar.jpg

PauloHenrique.jpg

すでに欧州のメガクラブから熱視線を浴びているだけあって、怪物級の能力値を誇る。どういう設定がなされているか分からないが、今作の最強クラスは彼らか。

---------- キリトリ -----------

○ゲーム内容で気付いたこと

また別途、まとめますが、幾つかだけ。

まず、CKやFKは自由に選手の配置やキックの種類を決められるようになるのかと思っていましたが、そうではありません。ただ、これまでのような文字だけでなく、実際に画像を見ながら配置できるようになっただけです。キックの種類は従前のアバウトな指示だけ、選手の配置も従前の「ニア」、「ファー」とかの大まかな位置だけしか設定できません。残念です。

Football Manager 2011のデモ版、ついにリリース 

11月5日の発売まで2週間余りとなり、ついに「Football Manager 2011」のデモ版がリリースされた。英語をはじめ、フランス語、スペイン語など幾つかの言語に対応している。なお、英語版はこのページの中ほどにある「CLICK HERE TO DOWNLOAD THE NEW FOOTBALL MANAGER 2011 DEMO」をクリックするとダウンロードできる。今作は、大幅な仕様変更こそないものの、代理人制度の導入やFKおよびCK設定の詳細化、戦術成熟度の採用など、フットボールマニアがニヤリとしてしまうようなディテールの改良がなされている。

---------- キリトリ -----------

すでに各方面で話題になっていますが、デモ版がリリースされました。早く触りたくてたまりませんが、あいにくと本日は嫁の誕生日。ディナーの予約をしているため、帰宅は22時以降になる見通しです。まさに「生殺し」ですが、そんなことを言えるはずもないので、頭の中からFM2011を消して、おもてなしに励もうと思いますw

東京Vに救世主現る 

債務超過に陥っていた東京Vに、救世主が現れた。同クラブは18日、大手スポーツ用品店のゼビオと5年間の包括スポンサー契約を締結。出資企業も増えており、来季までに債務超過を解消し、活動を継続できる見通しとなった。リーグ側は29日に臨時理事会の開催を決定。そこで承認されれば、来季以降の存続が決まる。

羽生英之社長兼Jリーグ事務局長は「ホワイトナイトが現れるまで時間がかかったが、ゼビオさんから話があって複数の企業が出資してくれることになった」と説明。臨時理事会で承認されれば、複数の新しい株主による株主総会を経て、新経営陣が決定し、Jリーグは経営から手を引くことになる。具体的な時期について羽生社長は「順調なら、11月上旬までに新体制の発表ができると思う」している。

なお、来季の予算について羽生社長は8億円程度と明言。クラブ名や味スタの使用も継続するが、クラブハウスと練習場については、「交渉中」と話すにとどまった。

ゼビオ(東証1部)は、1973年設立。福島県郡山市に本社を置き、「スーパースポーツゼビオ」、「ゼビオスポーツ」などスポーツ用品店を手掛ける。資本金は159億3500万円で、2010年3月期の連結売上高は1636億円。東京Vとの契約では、スポンサー料として1年に8000万円を払うほか、ユニフォームスポンサーにとどまらず、ベレーザの選手の雇用、自社バイオテクノロジーによる芝の養育、子供達への食育などにも取り組む。

東京Vは、09年シーズン限りで親会社の日本テレビが撤退し、同年9月に前倒しする形で、前身の読売クラブユースOBをトップとする東京Vホールディングスが経営を引き継いだ。しかし、日本テレビからの資金提供がなくなった2月から5カ月で約4億6000万円の債務超過見込みをつくり、退陣。6月末からはJリーグの羽生英之事務局長が社長を兼任して再建に尽力し、債務超過見込みを約3億8000万円まで減らしていた。

※日刊スポーツをはじめ、幾つかのスポーツ紙を参考に執筆

---------- キリトリ -----------

どらぐら様、ごり様、折角頂いたコメントへのレスが滞っていて申し訳ございません。明日の午前中には必ずレスさせて頂きます。ご容赦下さい。

さて、インテルはチャンピオンズリーグの第3節を迎えます。ホームとはいえ、相手は難敵のトッテナム。今季は燃え尽き症候群でインテルの試合をほとんど観ていない身ですが(こんなことは過去にありませんでした)、起きられたら応援しようと思っています。「起きられたら」という時点で失格ですが・・・。ただ、イタリア勢は昨日、ミランもローマも敗れてしまったため、責任は重大。応援する気持ちは強いです。

責任をなすりつけ合うイタリアとセルビア 

前半6分で中止となったユーロ2012予選のイタリア対セルビア。その原因となったセルビア人サポーター達による暴動の責任について、セルビアとイタリアが揉めている。

セルビアのフットボール協会は「試合当日の午前10時の時点で、我々は暴動が起きる可能性があるとイタリアのフットボール協会に伝えていた。しかし、反応がなく午後1時に再び我々は重大な危険が迫っていると警告した。それでも反応がなかったため、午後6時にUEFAに直接警告した」と主張。イタリア側の“無視”に原因があると強調した。

しかし、イタリア政府は「ジェノバで起きた暴動の原因は、セルビアの情報部が状況を過小評価したためだ。もし警察の対応が間違っていれば、もっと悲惨なことになっていただろう。今後は、イタリアが現在採用しているファンのパスポートを確認する仕組みをUEFAに徹底していきたい」と反論。セルビア側の責任を追及した。

なお、セルビア政府はすでに、暴動を起こしたと見られる容疑者19名を逮捕している。その後、今回の事件の主犯格とされるイバン・ボグダノフ容疑者は「私の言動はセルビアフットボール協会のディレクターに向けられたものだった。私はレッドスターの大ファンであり、パルチザンに移籍したGK(レッドスターの名誉会員になっているにもかかわらず、ストイコビッチのこと)に対しても怒りを覚えている。ただ、イタリアには謝罪したい。初めて訪れたイタリアに対して、敵意など持っていない。こうした事態になるとは予想していなかった」とコメント。一部では、コソボ紛争時にNATOの空爆拠点となったイタリアへの“意趣返し”などの可能性も囁かれたが、そうした政治的な意図はなかったようだ。

※以上、超ワールドサッカーおよび英紙、米紙などを参考に執筆。

事件発生から一週間近くが経とうとしている。物々しい警備体制を敷いてキックオフを迎えたイタリア対セルビアだが、セルビア代表選手の説得も実らず、ピッチには試合開始直後から物や発煙筒が投げ込まれ、主審は協議の上で試合の中止を宣言した。

keibi.jpg

hatsuentowokakageru.jpg

スタジアムの中だけでなく、外でも暴動が発生。少なくとも17人のサポーターと警備員が負傷した。

outofstudium.jpg

主犯格のイバン・ボグダノフは目だし帽を被って暴徒を扇動していたが、あまりにも目立つ刺青が決め手となり、午前2時頃にバスに乗っているところを逮捕された。

shuhankaku.jpg

セルビアに対しては、勝ち点のマイナスや大会からの追放などの処分が下る見通しで、10月28日に決定する予定だ。

イングランド代表候補の若手FW、元恋人への暴行容疑で起訴 

ニューカッスル・ユナイテッドに所属するイングランド代表候補のアンドリュー・キャロルが18日、元交際相手の女性(18)を暴行したとして、ノーザンブリア警察に起訴された。英紙の報道によれば、ノーサンバーランド州のポントランド地区にある家から、17日の午前6時過ぎに通報があり、18歳の女性は頭部に軽い外傷を負っていたという。キャロルはタインデールの治安判事裁判所に出頭し、ニューカッスル・ユナイテッドのキャプテンを務めるケビン・ノーランの家に住み、夜間の外出を禁じる条件で釈放された。

article-1321535-0BA99F0D000005DC-267_306x483.jpg


フットボーラーとしての才能はピカイチながら、過去には何度となく問題行動を起こしてきたキャロル。元交際相手への暴行という最低な行為で大きく名を下げた。

ワイルドラズベリー、実りの秋に勝者の香り 

第15回秋華賞


◎ワイルドラズベリー
○サンテミリオン
▲アニメイトバイオ
×アパパネ
△アプリコットフィズ
続きを読む

日本対韓国、前半16分のチャンスに見る理想の速攻 

互いに譲らぬ激しい炎熱戦の末、ゴールレスドローに終わった韓国対日本。その前半16分に、ザッケローニ監督の“薫陶”が垣間見えるチャンスは訪れた。「縦へ速く」。日本が持ち合わせていなかった新しい攻撃の形が、イタリア流との融合で脈動しつつある。

韓国の攻撃を跳ね返し、ボールを持った内田。その前方には松井が、左前には遠藤がいた。センターサークルでは香川が、最前線では前田が韓国人選手との駆け引きを繰り広げている。

16min-1.jpg

内田が選んだのは、遠藤へのパスだった。松井は眼前のスペースへ猛然とダッシュし、そこに遠藤は丁寧なパスを送る。

16min-2.jpg

慌てて3人の韓国人選手が追いかけるが、松井はいち早くペナルティエリア内の前田へクロスを入れた。

16min-3.jpg

このボールはクリアされるが、こぼれたボールは展開を読んで――遠藤がパスを出す直前、ゴールへ一直線に走り、マーカーを振り切っている。この動きはシャルケ戦でクルゲのマークを外して決めた2点目とそっくり――、走り込んできていた香川の元へ。決定的なチャンスだったが、痛恨のトラップミス。ブロックにきた韓国人選手によってクリアされた。

得点には至らなかった。しかし、自陣から一気に敵のゴールへ迫ったスピーディーな攻撃は、鮮やかで鋭い。ザッケローニ監督の言う「縦へ速い攻撃」は、僅か2試合で具現化され、早くも牙を剥きつつある。

1860ミュンヘン日記・12 

FM2010連載~皆で1860ミュンヘンに栄光を取り戻そう~


データベースサイズ:最大

追加データ:Jつく

リーグ選択:イングランド1~3部、フランス1~2部、ドイツ1~3部、イタリア1~2部、オランダ1~2部、ポルトガル1~2部、ブラジル1~2部、アルゼンチン1~2部、日本1~2部、韓国1~2部、ベルギー1~2部、ギリシャ1部、トルコ1部

続きを読む

写真で振り返る日本対アルゼンチン代表 

筆者は激務でヘトヘトで、残念ながら今日と明日は満足な更新ができません。その代わりと言っては何ですが、先日の日本対アルゼンチンに際して撮影してきた、選りすぐりの写真を公開致します(もっとも、ニコ生では公開済みですが)ので、気に入ったものでもあれば、持って行って下さい。
m( __ __ )m

そういえばガスコインは結局、8部のクラブと契約がまとまらず、挙げ句の果てに飲酒運転でまたも捕まってしまったんですね・・・残念です。
続きを読む

フィオレンティーナの新スタジアム計画、白紙に 

今夜は急遽、母親が来ることになってしまったため、ニュースを1つ紹介して終わりとさせて頂きます。
m( __ __ )m

フィオレンティーナの新スタジアム建設計画が白紙となった。同クラブは数年前から、商業施設などを併設した複合型スタジアムの建設を目指していたが、フィレンツェ市との交渉が難航。同クラブのオーナーを務めるアンドレア・デッラ・ヴァッレ氏は「話し合いを続けてきたが、政治的・経済的な力が影響する交渉に嫌気が差した。2年以上をかけて進めてきたが、皆さんには計画が終わったものとして話す」と述べ、計画の断念を明らかにした。

夜の更新はお休みです 

日本対アルゼンチンを現地観戦するため、本日の夜の更新はお休みです。
m( __ __ )m

日本対アルゼンチンといえば、U-23の北京五輪の壮行試合に行きました。あの時は激しい雷雨で途中終了というサプライズがありましたが、今夜は内容でサプライズを見せて欲しいと願っています。

日本は過去にアルゼンチンと6回対戦して全敗で、代行から正監督への“昇格”を目指すバティスタ監督の意欲も殊更高く、苦戦は必至ですが、日本代表もザッケローニ監督の初陣を勝利で飾ろうと意気軒昂。相手は世界最強クラスであり、軽々に「勝てる」とは言えません。しかし、見るも無残な結果にはならないはずです。

なお、私はメインアッパーで観戦しております。仕事帰りのため、装備はグレーのスーツにピンクのシャツ(ノーネクタイ)、黒い鞄に茶色の靴。こんな183センチがいたら、ぜひお声がけ下さいw

来日したアルゼンチン代表の写真を、とあるテーマで集めました 

来日したアルゼンチン代表選手の画像を、とあるテーマで集めてみました。「ニコ生」用だったのですが、時間の都合などで全てを紹介できなかったため、まとめてアップしておきます。はっきり言って、誰も喜ばないこと請け合いですが、ネタをネタで済ませられる方は、暇つぶしにでもご覧下さい。これでも結構な時間をかけてインターネット上で集めた写真なので。なお、負傷で来日しなかった選手も一部混じっています。

※放送で何度も主張していますが、私はソチラの趣味はありません。
続きを読む

末はシャビかイニエスタかメッシか?! 野島快王、バルセロナのカンテラへ入団 

末はシャビかイニエスタかメッシか――。東京都八王子市の市立南大沢小学校に通う野島快王(かいき)君(11)が、日本人で初めて、スペインのバルセロナの下部組織に入団する。東京新聞が報じている。同紙によれば、すでに選手登録されており、来週中にも現地に向かうという。野島君は地元の南大沢FCに所属しており、ポジションはFW。昨年と今年にスペインの他のクラブが主宰するフットボール教室に参加し、帰国後にバルセロナからオファーがあったという。過去には、玉乃淳(元東京Vなど。すでに引退)がアトレティコ・マドリーのユースチームに所属していたが、制度上の問題などの不運もあり、トップチームには上がれなかった。異国の地で才能を開花させ、スーパースターへと上り詰めるためには、運も必要。単身での渡西でホームシックに苦しむこともあるだろうが、環境に馴染み、成功を掴んで欲しい。

2010100799071514.jpg

※以下、東京新聞より。

スペインのサッカーの強豪クラブFCバルセロナの下部組織「カンテラ」に、東京都八王子市の市立南大沢小の五年生野島快王(かいき)君(11)が日本人で初めて入団する。代理人によると、すでに選手登録されており、来週中に現地に出発する。

カンテラはスペイン語で採掘場を意味し、各クラブの下部組織を指す。バルセロナは若手育成に定評があり、七月のワールドカップで優勝したスペイン代表の中心選手らも育った。年齢別にチームがあり、野島君は十一歳以下のチームに入る。

野島君は地元の南大沢FCに所属し、ポジションはフォワード(FW)。得意のドリブルでゴール前に切り込み、得点を奪うプレーが持ち味で、三月にはJリーグFC東京の十二歳以下の選抜クラスにも合格。昨年と今年、スペインの他のチームのサッカー教室に参加し、帰国後にバルセロナから入団の誘いがあった。

現地へは家族は同行せず、ホームステイする。競争は厳しいが、野島君は「いつか日本代表になり、日本を優勝させたい」と意気込んでいる。

リバプール、ついに売却で合意 

リバプールは6日、クラブの売却に関して、MLBのボストン・レッドソックスなどを所有するニュー・イングランド・スポーツ・ベンチャーズ(以下、NESV)と合意したと公式ウェブサイトで発表した。売却額は3億ポンド。

リバプールのマーティン・ブロートン会長は「無事に売却に漕ぎ着けられたことを喜んでいる。我々は数週間に亘り、ボストンやロンドン、リバプールで会談し、彼らの経歴やリバプールでのビジョンについて聞いた。その中で、とても感銘を受けた」とコメント。続けて、「買収に関する負債の負担が取り除かれたため、チームへの投資に集中できる」と喜んだ。

具体的な戦略についてブロートン会長は、スカイ・スポーツの取材に「(新オーナーは)1月の補強だけでなく、新しいスタジアムのプランも掲げてくれた。現スタジアムの拡張になるか、新スタジアムの建設になるかは未定だが、6万人以上を収容する素晴らしいスタジアムになる」と説明。また、ボストン・レッドソックスを数々の栄光へと導いた“ノウハウ”にも期待を寄せた。

しかし一方で、「最後のチャンスだったにも関わらず、二人のオーナー達はNESVの計画を拒絶し、交渉の過程で妨害工作に出た。それを防ぐために、法的手続きを取らなければならなかったのは残念だ」と、トム・ヒックス氏およびジョージ・ジレット氏を非難した。



---------- キリトリ -----------

下の写真は、NESVの代表者であり、レッドソックスの会長を務めるジョン・ヘンリー氏。

John-W-Henry-Red-Sox-Liverpool-Owner-2_2512138.jpg

カーレースチームのRoush Fenway Racingの共同オーナーでもある。

スポーツ関連への投資に積極的で、好成績も残している。スポーツをビジネスと捉えたヒックスやジレットとは違い、スポーツに情熱を注ぐ人物とされており、同じ轍は踏まずに済みそうだ。

300億円を超える負債も完済できる見通しで、この売却によってリバプールは復権へと走り出す。

【修正】脇役から主役へ ナカヤマフェスタの華麗なる転身 

凱旋門賞制覇にあと一歩まで迫ったナカヤマフェスタ。私が初めて見たのは2008年11月22日の東京スポーツ杯2歳Sだった。新馬戦の平凡なタイムと渋い勝ち方――5番手からの先行抜け出しで首差勝利――が嫌われたか、9番人気という低人気。しかし、再び前から5番手の好位置でレースを進めると、直線は33秒8の末脚で、素質馬と評判のブレイクランアウトの猛追を退けた。地味ながらセンスを感じさせる走りと、それに反して安直な名前が、不思議と印象に残った。

地味。同馬には、どうしてもこの言葉がまとわりつく。

なにせ、京成杯の次に陣営が選んだレースは、朝日杯フューチュリティSでもラジオNIKKEI賞でもなく、年明けの京成杯だ。さらにカッコ悪いのは、初めて1番人気に推されたものの、アーリーロブストに逃げ切りを許して惜敗。3戦3勝、重賞2勝という煌びやかな戦績で皐月賞に臨む“理想像”は消失した。余談だが、「中山でナカヤマを買わないでどうする」と彼を“頭”に馬単を厚く買い、ズッコケたのをよく覚えている。

迎えた本番、世間はロジユニヴァース、リーチザクラウン、アンライバルドの“3強”ムード。彼の重賞勝ちを含む3戦2勝2着1回という戦績は立派だったが、華々しい経歴を引っさげてやってきた3強の前では平凡に映った。穴党の一部には注目され、6番人気に支持されたものの、レースは見せ場なく8着に敗れた。

続く東京優駿は、9番人気の低評価を覆して4着に善戦。ただ、馬券圏内でも掲示板ギリギリでもない4着という位置は、これまた印象に残りにくかった。秋初戦のセントライト記念では、先行して後続を凌ぐ久しぶりに“らしい”レースぶりで快勝し、2つめの重賞を手に入れたが、所詮はトライアルレース。しかも、最も菊花賞の成績に直結しにくいセントライト記念だ。そういうニッチなレースを勝つのも彼らしかった。

菊花賞を4番人気で12着に惨敗してしまうのも、必勝を期した中日新聞杯で13着に沈んだのも、彼らしい。上昇気流に乗ったかと思わせて、あっさりと期待を裏切る。ある意味では予想通りの結果だったが、ついぞ主役になれないまま、3歳シーズンは幕を閉じた。

そんな彼に転機が訪れる。4歳の初戦に際し、蛯名正義騎手から柴田善臣騎手への乗り替わりが決まった。国内外で幾つものGⅠを獲得した騎手から、GⅠ騎手ながらどちらかというと平場での活躍が目立つ騎手へのスイッチ。まさに地味×地味のコラボレーションである。

ところが、ウマが合った。メトロポリタンSは、自己最長着差となる2馬身差で完勝。オープン特別とはいえ、鮮やかな復活劇を演じた。

そして宝塚記念。地味な脇役の一人に過ぎなかった彼が、ついに主役へと躍り出る。時計のかかる馬場も味方したか、女傑ブエナビスタやグランプリホース・ドリームジャーニーら日本最強クラスを退けて優勝。GⅠ初制覇を成し遂げた。これまでの先行抜け出しではなく、中段から差し切るという勝ち方も、GⅠホースに相応しい佇まいだった。

人も馬も、才気は成功体験によって磨かれ、やがて開花する。これまでの浮き沈みを糧にして、彼は大輪の花を咲かせた。

トップホースとなった彼に、陣営は夢を託す。1999年10月3日、凱旋門賞で惜しくもモンジューの2着に敗れたエルコンドルパサーの“敵討ち”だ。ナカヤマフェスタの2歳~3歳時の主戦騎手・蛯名正義、管理する二ノ宮敬宇調教師は、過去にエルコンドルパサーを手掛けていた。「いつかリベンジを」。その宿願を叶えるため、彼とスタッフはフランスへと飛んだ。

凱旋門賞の“調整”に選んだのは、エルコンドルパサーが勝ったフォア賞だった。騎手には元パートナーであり、エルコンドルパサーを勝利へと導いた蛯名正義。結果は、逃げたダンカンを捕らえ切れず、2着に終わった。それでも、レース後の陣営は笑顔だった。本番を最高の状態で迎えるため、余裕を残しての出走ながら、不慣れなフランスの芝(深く、まとわりつくため、日本の芝と異なりパワーが求められる)に適応し、見せ場をつくっての2着。手応えは上々だった。

凱旋門賞は20頭中7番人気。フォア賞の内容から、戦前より評価を高めていた。レースは先行集団を視界に捉えながら中団に位置。末脚を溜める。途中、蛯名騎手が腰を落とすほどの不利を受けたが、上手く立て直すと、直線は外から鋭伸。英ダービー馬ワークフォースと併走する形で、一完歩ずつ先頭を窺う。最後はワークフォースとの一騎打ちとなり、火花を散らすような叩き合いが繰り広げられたが、頭差及ばず。11年越しの夢は、またも持ち越しとなった。

だからといって悲嘆に暮れる必要はない。彼は、まだ4歳。半年前には、オープン特別を走っていたのだ。苦労の末、脇役から主役へと出世したら、いつの間にかハリウッドでデビューし、アカデミー賞にノミネートされていた――人間の俳優で言えば、そんな夢心地。本当に実力が付いてくるのは、これからだろう。伸びしろは十分にある。来年にはドバイへの遠征も計画されている。凱旋門賞への再トライも視野に入っているはずだ。そこで頂点に立ち、日本中の競馬ファンが祝祭(=フェスタ)に興じられることを祈って止まない。

---------- キリトリ -----------

フジテレビONE、TWO、NEXTの3つを観られる利点を生かし、ナカヤマフェスタとヴィクトワールピサのレースは凱旋門賞を含めて全てチェックしました。後者は残念な結果に終わりましたが、前者は期待以上の成績を残してくれて、久しぶりに競馬で熱くなりました。その想いを、稚拙ながら書き記させて頂きました。

なお、凱旋門賞の動画は以下に。

http://www.youtube.com/watch?v=jn58KtYT8wk

ロマーリオ、見事に当選 

連邦下院議員選挙に立候補していた元ブラジル代表のロマーリオが、見事に当選という名のゴールを決めた。3日、大統領選挙と並行して行われた同選挙に左派のブラジル社会党から出馬し、リオデジャネイロ州選挙区で当選。選挙活動にはツイッターを活用するなど――なんと11万人以上のフォロワーがいる――、現役時代や引退後の行動からは考えられない(?)知的な戦略も光った。ロマーリオは、ダウン症の娘を抱えており、「恵まれない子供達を支援したい」と語っていた。

---------- キリトリ -----------

ナカヤマフェスタ、頭差で快挙を逃す

gaisenmon.jpg


11年前の“リベンジ”は、頭差で成し遂げられなかった。3日、競馬界で世界最高峰のレースと位置付けられる凱旋門賞(GⅠ、芝2400メートル)に出走した日本のナカヤマフェスタ(牡4、二ノ宮敬宇)は、絶好の手応えで直線に向いたものの、英ダービー馬・ワークフォースを交わせず、2着に敗れた。手綱をとった蛯名正義騎手、同馬を管理する二ノ宮調教師は、1999年に同レースで同じく2着となったエルコンドルパサーも手掛けており、注目を集めたが、僅かの差で涙を呑んだ。

 

第44回スプリンターズS


◎ビービーガルダン
○キンシャサノキセキ
▲ローレルゲレイロ
×グリーンバーディー
△ワンカラット
続きを読む

“トト”スキラッチ、マフィアのボスに?! 

“トト”、テレビドラマで輝く―。90年W杯で得点王を獲得し、晩年にはジュビロ磐田でも活躍した元イタリア代表サルバトーレ・スキラッチが、マフィアのボス役をゲットした。

20070629192108.jpg

※以下、日刊スポーツより。

90年W杯でイタリア代表の救世主として得点王に輝いたサルバトーレ・スキラッチ氏(45=元磐田)が、本格的な俳優デビューを果たすことになった。29日付イタリア各紙が報じた。テレビドラマ「マフィア捜査官」で、マフィアのボス役を演じる。過去に映画出演はあるが、役者として本格的な活動をするのは今回が初めて。来週からの撮影を前に「私の好きな俳優はデニーロだ。私は本来おとなしい性格だが、カメラの前では変わる。演技するのはゴールを入れるように難しい」などと話した。なお、ストーリーの最後には死ぬという。

---------- キリトリ -----------

役柄的に最後に死ぬのは必然だが、果たしてどんな演技を見せるのか。昔から俳優業に憧れていたスキラッチの新しい挑戦が始まる。

---------- キリトリ -----------

阿部勇樹が所属するレスター・シティは、パウロ・ソウザ監督の解任を決めた。

sousa_2484847.jpg

後任には、マーティン・オニール、スベン・ゴラン・エリクソンらの名前が挙がっている。

獲得を熱望した指揮官の退陣で、阿部の立場も揺らぐ。日本代表に招集されたことが、悪影響を及ぼさないといいが・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。