05 | 2010/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大幅加筆】うちの永嗣が狙われているようです 

日本代表の、そして川崎フロンターレの守護神・川島永嗣に、ベルギーからオファーが来た。新シーズンから1部リーグを戦うリエーセで、同クラブのフットボールダイレクターは地元紙に「すでにほぼ合意に達している」と語ったという。ただ、リエーセの公式ウェブサイトには「今週の金曜日から来週の火曜日にかけて交渉に臨む」と記されており、実際にはこれから条件などが提示される模様だ。過去にはイタリア留学歴があり、海外志向の強い川島。南アフリカW杯をステップに、欧州へと旅立つのだろうか。

198117.png


※以下、スポニチより。

日本代表の新守護神・川島永嗣(27=川崎F)に、来季からベルギー1部に昇格するリエーセから獲得オファーが届いていることが分かった。川崎F関係者が認めた。

川島は正GKに定着した5月30日のイングランド戦でランパードのPKを止めるなど活躍。その様子が欧州のテレビで放送されるや、川島の評価は一気にはね上がった。今季2部で優勝し来季から1部に昇格するリエーセも獲得に名乗りを上げ、W杯1次リーグ3試合でもプレーをチェック。過去リーグ優勝4回を誇る古豪を率いるエレプッテ監督は地元紙に「すでにほぼ合意に達している」と話すなど獲得に自信を見せている。以前から海外志向が強い川島には、ほかにもイングランドやデンマークのクラブが興味を示しており、今後も続々とオファーが届きそうな勢いだ。

---------- キリトリ -----------

杉山や安藤が育ってきているとはいえ、まだまだ川島の域には程遠い。サポーターとして背中を押してあげたい気持ちもあるが、チョン・テセにも欧州移籍の噂があるだけに、手放しでは喜べない。もっとも、ベルギー1部リーグへの移籍を本人が選択するとも思えないが・・・。

海外のWikipediaによれば、リエーセは100年以上の歴史を持ち、ベルギーリーグで最も古いクラブの一つ。リーグ優勝は4回で、国内カップ戦も2回制している。オーナーはエジプトでプロクラブを経営するエジプト人で、2008年に買収して以降、積極的な補強でチームを強化してきた。09-10シーズンは2部リーグで優勝。来季は06-07シーズン以来4シーズンぶりに1部で戦う。

また、スポニチはエレプッテ「監督」としているが、どうやらフットボールダイレクターのようだ。監督は、ベルギー代表やアンデルレヒト、ゲンクでの監督経験を持つアントゥエニス氏。ベルギーリーグを3度優勝している名将だ。

art_large_384322.jpg

マスコットとスタジアムの写真も貼っておく。

46152.jpg

246_03_02_stadiongba.jpg

なお、「Football Manager 2010」におけるリエーセの情報や主力選手は以下の通り。

lierse.jpg

ベルギー代表として57試合に出場しているエリック・デフランドル。

Deflandre.jpg

過去にはエバートンやフルアムで活躍したカナダ代表のトーマス・ラジンスキ。

Radzinski.jpg

09-10シーズンに昇格の原動力となった、モハメド・アブドル・ワハド。

Wahed.jpg

オーナーがエジプト人ということもあり、エジプト人選手を4人抱えている。もちろん、ベルギー人が大半を占めているが、セルビア人、フランス人、ブラジル人、オランダ人などもいる。

さらに、今年3月には元カメルーン代表のジョブとドゥアラを獲得。1部で戦う準備を着々と固めている。

Job.jpg

Douala.jpg
スポンサーサイト

ありがとう、さよなら 

パラグアイ 0-0 日本

※PK戦の結果、5-3でパラグアイが勝利

Oscar-Cardozo-Japan-Paraguay-Last-16-World-Cu_2472233.jpg


stats_20100630084644.jpg


蒼き侍達の挑戦が終わった。決勝トーナメント1回戦。ベスト8を懸けて南米の雄・パラグアイと対戦した日本は、120分余の激闘を経て、PK戦の末に敗れた。多くの批判と懐疑の目を集めながら臨んだW杯南アフリカ大会。カメルーンとの開幕戦を制して波に乗ると、オランダにこそ屈したものの、デンマークを堂々たるパフォーマンスで撃破し、日本のフットボール史上初となる国外W杯でのベスト16進出を掴み取った。その“先”への期待も急速に膨らむ中、迎えたプレトリアでの決戦。グループリーグで全身全霊を振り絞ったサムライブルーに、余力は残されていなかった。細かいミスや切り替えの遅さが目立ち、攻撃の歯車が噛み合わない。この夜も鉄壁だった守備に支えられ、PK戦へと望みを繋いだものの、駒野が外し、カルドソのキックが左隅に吸い込まれた瞬間、日本の快進撃に終止符が打たれた。

---------- キリトリ -----------

我々の代表は、団結し、一心不乱に走り続け、そして「国外のW杯でベスト16」という新しい歴史の1ページを記してくれた。

ありがとう。

そして、さようなら。

また、会う日まで。

【完成】W杯全試合プレビュー・19 

スコア予想


パラグアイ 0-1 日本


スペイン 3-1 ポルトガル


通算成績:54試合中30試合的中
続きを読む

パラグアイ代表を深掘りする 

敵を知り、己を知らば、百戦危うからず――。有名な孫氏の言葉だが、我らが“サムライブルー”が対戦するパラグアイとはどのような国なのか。それを知らずして、勝算など語れない。様々な資料を基に、まとめてみた。

1276764421_extras_albumes_0.jpg


続きを読む

W杯全試合プレビュー・18 

スコア予想


オランダ 2-0 スロバキア

ブラジル 2-0 チリ


通算成績:52試合中28試合的中
続きを読む

W杯全試合プレビュー・17 

スコア予想


ドイツ 2-1 イングランド

アルゼンチン 2-1 メキシコ


通算成績:50試合中26試合的中
続きを読む

女王、阪神で5度目の戴冠式へ 

第51回宝塚記念


◎ブエナビスタ
○ドリームジャーニー
▲アーネストリー
×ジャガーメイル

続きを読む

W杯全試合プレビュー・16 

スコア予想


ウルグアイ 1-2 韓国

アメリカ 0-1 ガーナ


通算成績:48試合中25試合的中
続きを読む

W杯全試合プレビュー・15 

スコア予想


北朝鮮 0-3 コートジボワール

ポルトガル 1-1 ブラジル

チリ 0-2 スペイン

スイス 1-0 ホンジュラス


通算成績:44試合中22試合的中
続きを読む

バイキング制圧 

デンマーク 1-3 日本

'17 Honda

'30 Endo

'81 Tomasson

'87 Okazaki


_48168159_009647015-1.jpg

denmark-japan.jpg


蒼き侍達が、新たな歴史を切り拓いた。前半17分の本田、同30分の遠藤が美しいフリーキック2発で“バイキング”を追い詰めると、1点差に迫られた87分、本田の巧みな個人技から途中出場の岡崎がとどめの一刺し。過去3回の出場でいずれも決勝トーナメントへ歩を進めてきたバイキングを撃破し、海外でのW杯では初となる決勝トーナメント進出を果たした。


120065280.jpg

W杯全試合プレビュー・14 

スコア予想


パラグアイ 2-0 ニュージーランド

スロバキア 0-1 イタリア

カメルーン 1-2 オランダ

デンマーク 0-1 日本

通算成績:40試合中20試合的中
続きを読む

W杯全試合プレビュー・13 

スコア予想


スロベニア 0-1 イングランド

アメリカ 2-1 アルジェリア

オーストラリア 1-1 セルビア

ガーナ 1-1 ドイツ


通算成績:36試合中18試合的中
続きを読む

W杯全試合プレビュー・12 

スコア予想


フランス 0-1 南アフリカ

メキシコ 0-0 ウルグアイ

ギリシャ 0-2 アルゼンチン

ナイジェリア 1-1 韓国



通算成績:32試合中15試合的中
続きを読む

黄金の左足、なお健在 

開幕から2連勝で好スタートを切ったアルゼンチン代表。メッシをはじめ、ベロン、アグエロ、イグアイン、ディ・マリアら卓越したテクニックを持った選手を多数抱えているが、最も巧いのは監督かもしれない。フットボールの神に愛された天才、ディエゴ・マラドーナの左足は、齢49を超えてもなお健在だ。

※以下、スポーツニッポンより。

アルゼンチンのマラドーナ監督が、かつて「黄金の左足」と呼ばれた高い技術を披露した。

19日の練習中に行われたクロスバーを狙うFKゲームで、FWメッシら選手を差し置いて最初のキックを当てて優勝。控えGKのFK練習では自らキッカーを買って出ると、次々とネットを揺らし「どこに入ったか見たか?」と得意顔だった。

---------- キリトリ -----------

リラックスさせるために開催した、いわゆる「バー当て」で真っ先に蹴って優勝するとは、さすがディエゴ・マラドーナ。こういうところが、彼がどれほどの異端児であろうと愛される所以だろう。

和やかなアルゼンチン代表に比べ、選手が練習をボイコットしたフランス代表は、目も当てられない。詳細は割愛するが、まず間違いなくグループリーグで敗退する。ドメニク監督の器を見誤った協会は、無能のそしりを免れないだろう。

W杯全試合プレビュー・11 

スコア予想


ポルトガル 2-0 北朝鮮

チリ 0-1 スイス

スペイン 3-0 ホンジュラス



通算成績:29試合中13試合的中
続きを読む

W杯全試合プレビュー・10 

スコア予想


スロバキア 0-1 パラグアイ

イタリア 2-0 ニュージーランド

ブラジル 1-1 コートジボワール



通算成績:26試合中12試合的中
続きを読む

W杯全試合プレビュー・9 

スコア予想


オランダ 0-1 日本

ガーナ 1-0 オーストラリア

カメルーン 0-0 デンマーク



通算成績:23試合中12試合的中
続きを読む

【致命的なミスを修正】W杯全試合プレビュー・8 

スコア予想


ドイツ 1-1 セルビア

スロベニア 0-1 アメリカ

アルジェリア 0-2 イングランド

続きを読む

W杯全試合プレビュー・7 

スコア予想


フランス 1-0 メキシコ

アルゼンチン 2-1 韓国

ギリシャ 0-1 ナイジェリア
続きを読む

W杯全試合プレビュー・6 

スコア予想


ホンジュラス 1-1 チリ

スペイン 1-0 スイス

南アフリカ 0-1 ウルグアイ
続きを読む

W全試合プレビュー・5 

スコア予想


ニュージーランド 0-2 スロバキア

コートジボワール 1-1 ポルトガル

ブラジル 2-0 北朝鮮
続きを読む

至高にして最上の“初勝利” 

日本 1-0 カメルーン

'39 Keisuke Honda

1244544_full-lnd.jpg


蒼き侍が、獅子王を斬り伏せた。前半39分、右サイドを突破した松井が切り返しから左足で柔らかいクロスを上げると、中央で大久保が潰れてファーサイドの本田へ。足元で完璧にコントロールしたボールを、飛び出してきたGKより一瞬早く蹴り込むと、ゴールネットに突き刺さった。日本、先制。この乾坤一擲の先制点を、高い集中力で守り抜き、自国以外のW杯での初勝利と開幕戦での勝ち点3という、最高の結果を掴み取った。

Japan-Cameroon.jpg

※スタッツはESPNより。

---------- キリトリ -----------

ブログでも、ニコ生でも、常に主張してきた。「敗北したテストマッチも内容は悪くなかった」。「カメルーン戦は最もチャンスがある」。そして試合直前、「1-0で勝つ」と“予言”した。

予言は事実になった。

信じていれば、必ず願いは叶う。

勇敢な侍達に、心からの感謝を捧げる。

W杯全試合プレビュー・4 

スコア予想


オランダ 2-1 デンマーク

日本 1-0 カメルーン

イタリア 0-0 パラグアイ


※以下、メモを置いておきます。
続きを読む

西村雄一審判のゲームコントロールに高評価 

南アフリカワールドカップのフランス対ウルグアイを担当した日本の審判団が、世界中から絶賛された。試合は退場者を出すなど“荒れ模様”となったが、主審の西村雄一氏は毅然とした態度でコントロール。各国のメディアは軒並み高評価を付けた。選手だけでなく審判団も、“日本代表”を背負って戦っている。次はサムライブルーが世界を驚かす番だ。

※以下、日刊スポーツより。

もう1人の「日本代表」が、W杯初戦で好パフォーマンスを見せた。国際主審の西村雄一審判員(38)が11日、大会初日のフランス-ウルグアイ戦を国際副審の相楽亨(33)、韓国の鄭解相(39)両審判員とともに担当。02年大会ではフランスFWアンリが退場となった因縁のカードだったが、冷静に厳しく試合をコントロールした。ロイター通信は「エクセレント」と報じ、英国のテレビ番組では元イングランド代表のシアラー氏が「いい試合だった」とほめた。イタリアのコリエレ・デロ・スポルト紙は「7・0」の高得点を付けるなど世界で高評価。日本協会の松崎審判委員長は「アジア審判のレベルの高さを示せた」と喜んだ。

---------- キリトリ -----------

ニコ生でコメントを寄せて下さった方によれば、ドイツの「キッカー」も5段階で上から2番目の点数を付けたらしい。Jリーグでは物議を醸す判定の少なくない西村氏だが、晴れ舞台で素晴らしいパフォーマンスを披露。日本と韓国の審判員のレベルが世界で十分することを証明してくれた。

W杯全試合プレビュー・3 

スコア予想

アルジェリア 1-1 スロベニア

セルビア 1-1 ガーナ

ドイツ 1-0 オーストラリア


※以下、メモを置いておきます。汚くてすみません。
続きを読む

W杯全試合プレビュー・2 

スコア予想

韓国 1-1 ギリシャ

アルゼンチン 2-1 ナイジェリア

イングランド 1-1 アメリカ


※以下、メモを添付。急遽出かけるようになり、書きかけですみせん。
続きを読む

W杯全試合プレビュー・1 

<グループA>

メキシコ対南アフリカ  日本時間23時~ NHK総合orスカパー!

メキシコのスターティングイレブン(フットボリスタ予想)

mexico.jpg

南アフリカのスターティングイレブン(フットボリスタ予想)

southafrica.jpg


最後のテストマッチで前回王者イタリアを2-1で破ったメキシコと、公式戦12戦無敗の開催国との対戦で、世界最高のフットボールの祭典は幕を明ける。タレント力ではメキシコだが、地元の声援に後押しされる“虹の国”も侮れない。

恐らく、試合の主導権はメキシコが握るだろう。イングランド戦で7割近いポゼッションを記録し、イタリア戦では素早いパス回しでプレスを無効化した。両ウイングのベラとジオバニ・ドス・サントスにはキレがあり、中央では大会後にマンチェスター・ユナイテッドへと移籍するエルナンデスが待ち受ける。ブランコやメディナ、グアルダードといったタレントもベンチに控えている。南アは4-2-3-1で全体をコンパクトに保ち、パスワークを分断してショートカウンターからピーナールのスピードと突破力を生かしたい。

○注目の選手

スティーブン・ピーナール

Pienaar.jpg

※ワールドサッカーダイジェスト増刊号より一部抜粋。

現代表では数少ないワールドクラス。この男のクリエイティビティーは、南アの躍進に不可欠だ。


スコア予想:メキシコ 1-1 南アフリカ

---------- キリトリ -----------

ウルグアイ対フランス  日本時間27時半~ テレビ東京orスカパー!

ウルグアイのスターティングイレブン(フットボリスタ予想)

uruguay.jpg

フランスのスターティングイレブン(フットボリスタ予想)

France_20100611212925.jpg

世界屈指のタレント力を全く生かせていないフランスに、ウルグアイは「勝機あり」と牙を研いでいることだろう。過去にリーガ・エスパニョーラで2度得点王に輝いているフォルランと今季アヤックスで驚異的なゴールラッシュを見せたスアレスの2トップを、“ウルグアイのメッシ”あるいは“ネクスト・レコバ”と呼ばれるロデイロが操る攻撃陣は、出場国で屈指の破壊力を秘めている。直前の3試合でコスタリカに2-1、チュニジアに1-1、中国に0-1と惨憺たる有様だったフランスを“喰う”可能性はありそうだ。

○注目の選手

ニコラス・ロデイロ

Lodeiro.jpg

※ワールドサッカーダイジェスト増刊号より一部抜粋。

鋭い突破力とパスセンスが光る若手有望株。プレースタイルに加え、風貌も似ていることから“ウルグアイのメッシ”とも。


スコア予想:ウルグアイ 1-1 フランス

W杯を展望する 

南アフリカワールドカップ


◎ブラジル
○スペイン
▲セルビア
×ドイツ
△アルゼンチン
続きを読む

W杯を観るためには、こんな“努力”も必要です 

ワールドカップが目前に迫っている。選手達はコンディションのコントロールに余念がないが、妻や彼女のいるフットボールファンの男性には精緻な「時間のコントロール」が求められてくる。配分だけでは限界があるだけに、慇懃なるご機嫌取り、“貢物”、そして時には仮病も必要だろう。実際、オランダの生花販売促進団体が英国人男性を対象に行なったアンケートでは、「妻や彼女へのプレゼントを考えている」という回答が多数を占めた。

※以下、毎日新聞より。

サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の開幕が迫る中、サッカー好きの英国人男性は、試合観戦に没頭することに対する妻や恋人の不満を和らげるため、プレゼントを贈るつもりであることが調査で明らかになった。

オランダの生花販売促進団体が英国人1000人を対象に行った調査によると、男性らは、テレビにくぎ付けになったり、試合観戦のため友達と酒場に出向く際には、その都度20ポンド(約2700円)余りをおわびに費やす用意があるという。

一方、女性は、高価な贈り物ばかりでなく、花束(33%)やチョコレート(22%)、おいしい食事(15%)などでも満足といい、大半の人がおわびのしるしとして期待するのは1回当たり9ポンド程度のものと答えた。

---------- 終了 -----------

我が家は幸いにして、揃ってフットボール観戦が趣味。W杯に熱狂していても、何の文句も言われそうにない。

こういう時、至福を覚える・・・というのは、惚気が過ぎるだろうか(笑)。

世界で最も裕福なのは独ブンデスリーガ 

2008-09シーズン、世界で最も高い収益をあげたのはドイツ・ブンデスリーガだった。国際監査法人のデロイトが8日に発表したThe Annual Review of Football Financeによれば、同リーグの営業利益は約188億円。イングランド・プレミアリーグの約105億円を上回り、首位に立った。07-08シーズンに約246億円の営業利益を計上したプレミアリーグは、売上高ではトップの約2635億円を計上したが、人件費の高騰によって利益が大幅に圧迫され、2位に転落した。

※以下、ロイターより。

サッカーのドイツ1部リーグ、ブンデスリーガが、2008/09年シーズンにイングランドのプレミリーグを抜き、世界で最も高収益なサッカーリーグだったことが分かった。

国際的な監査法人デロイトが8日に発表したThe Annual Review of Football Financeによれば、サッカーリーグの業況は世界的不況から大きく回復したが、選手のサラリーや移籍金などによる巨額の出費という問題も抱えている。

プレミアリーグは2008/09年シーズンで、19億8100万ポンドの売上高を記録したが、営業利益は2007/08年シーズンの1億8500万ポンドから約半分の7900万ポンド(約105億円)に落ち込んだ。一方、ブンデスリーガの08/09年シーズンの営業利益は1億7200万ユーロ(約188億円)だった。

デロイトのスポーツビジネス部門のディレクター、Alan Switzer氏は「2008/09年シーズンのプレミアリーグで、売上高に対する賃金の比率が過去最高の67%なのが懸念材料だ」と指摘。「2009/10年シーズンも、賃金の増加が売上高の伸びを上回ると予想する」とし、プレミアリーグに営業利益は一段と減少するとの見方を示した。

また、同報告によれば、欧州のサッカー市場は2008/09年シーズンに過去最高となる134億ポンドに成長している。

---------- キリトリ -----------

インテルとラファ・ベニテスの契約が目前に迫っているとか。500万ユーロの4年契約なら、だいぶ安い気がする。もっとも、いわゆる「チーム・ベニテス」を雇うために人件費総額はもう少し高くなりそうだが。チームづくりのアプローチはモウリーニョと似ているし、彼を慕うリバプールの選手(マスチェラーノとかトーレスとか)やスペイン人選手(ダビド・シルバとか)が何人か来てくれたら、来季も魅力的な素晴らしいチームになりそうだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。