FC2ブログ

02 | 2010/03 | 04

【雑談】三男が最も優秀なのは、豚もボクサーもフットボーラーも一緒?!【追加】 

「三人兄弟では末っ子が最も優秀」という説の信憑性は、これまでに童話「三匹の子豚」やボクシングの亀田兄弟などが証明してきた(本当か?)。日本のフットボール界でも、「遠藤三兄弟」が既に実証済みだ。そして今、同説をさらに確固たる“コモンセンス”とすべく、「高木三兄弟」の三男がフランスへと旅立つ。スポニチアネックスの報道によれば、プロ野球の大洋(現横浜)で「スーパーカートリオ」の一人として名を馳せた高木豊氏の三男、高木大輔(東京Vジュニアユース)が、リーグ・アンの古豪パリ・サンジェルマンのユースに短期留学するという。

※以下、スポニチアネックスより。

プロ野球の大洋(現横浜)などで活躍した高木豊氏(51)の三男で東京VジュニアユースのFW高木大輔(14)がフランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)のユースに短期留学することが15日、分かった。

先月、小野(清水)、内田(鹿島)の代理人の秋山祐輔氏と、中学生では日本で初めてエージェント契約を締結。この日、パリへ飛び立った。

小6で出場した国際大会ダノン杯(パリ)でランク2位の7得点を挙げPSG強化担当の目に留まったのが発端。今季はサテライトながらトップの練習試合に出場。04年の森本(現カターニア)に続く中学生でのJデビューの可能性も高い。

J2東京Vの長男・俊幸(18)、次男・善朗(17)が14日の熊本戦に出場し注目度の高まる高木3兄弟。兄2人も海外志向が強く秋山氏と契約し、善朗は今冬に独ドルトムントの練習に参加。野球界で一時代を築いた父に続き3兄弟は世界での飛躍を目指す。

---------- キリトリ -----------

2003-04と04-05シーズンに国内カップ戦を連覇し、07-08シーズンにはリーグカップを優勝したパリ・サンジェルマンだが、リーグ戦では長く不振に喘いでいる。ただ、そうした中でも、下部組織はサコーやサンカーレといった有望株を輩出。高い評価を得ている。短期留学でどの程度の経験を積めるかは分からないが、14歳という年齢は爆発的に成長する可能性を秘めているだけに、大いに学び、刺激を受けて帰国して欲しいものだ。

---------- キリトリ -----------

○雑談

日曜日、人生で最高額となる“買い物”をしました。光り輝く固体じゃないですよ、1日限りで終わってしまう“蜃気楼”ですw

芸能人のように何億円という価格ではありませんが、さりとて見慣れない巨大な数字の羅列には、それ相応の覚悟が要りました。下部リーグの補強費としては十分な額ですからねw

私自身、当初は何の興味もこだわりもなく、ただ人形のように頷く、首を振るだけでいようと思っていましたが、何カ所も足を運ぶうちに、いつの間にか能動的に動いていました。やれ料理が不味い、やれ接客が悪いといった具合に。

その様は、相方の目には「意外」と映ったのでしょうが、自分でも驚いています。最終的な“結論”も、私が出したようなものですしね。

衣装選び、演出方法、料理、各種書類作成など、これから多くのハードルを越えていく上で、また色々な問題も発生するのでしょう。しかし、どうせやるなら楽しんだ方がいい。短気で、極度の面倒くさがりですが、上手くやっていきたいなと思っています。

何故、高木三兄弟の話題の後に、こんなことを書いたのか分かりませんがw、お許し下さい。

mixiの日記に書くのを禁止されている余波でしょうかね。
(;^ω^)

大変、失礼致しました。
スポンサーサイト



【FM】アナタならどうする?【日記】 

これまでにも「読者参加型のFM日記」を目指し、アンケートにご協力を頂きましたが、久しぶりに同様の企画を行います。

題して、「アナタならどうする?」。

当ブログをご覧になっているFMプレイヤーの方に、補強選手の選択を委ねようという他人任せものです。これには、全然活躍しなかった時に、責任をなすりつけられるというプレー日記をただ読んで頂くだけよりも、参加して頂けた方が、面白いのではないかという考えがあります。

具体的な流れとしては、以下の投票に関する文章を読んで頂いた上で、専用の投票フォームをクリックして頂く形になります。あまりに時間をかけると進行に支障をきたしますから、期間は1日。たったこれだけの時間で、それなりの票数が集まるかは甚だ怪しいので、もし成立し得ない数であれば、3日間くらいまでは延ばしてもいいかなと思っています。

説明だけだと分かりにくいので、実際にやってみましょう。


○最適な左サイドバックは誰?

1860ミュンヘンは、補強費が0円、給与枠の残りが3700万円です。

もちろん、不要な選手は売却しようとしていますが、2部の中位クラスのクラブを“お払い箱”になるような選手を引き取ろうというクラブが現れるかどうか、甚だ疑問です。

そこで、足りないポジションに絞り、かつフリーの選手を補強しようと考えました。

幾つかの条件でフィルタリングし、ピックアップしたのが以下の4選手。大きなレベルの差はありませんが、それぞれに特徴があります。さて、誰をスカッドに加えるべきでしょうか。

また一方で、実力が未知数のブラジル人選手を何人か、テストに呼んでいます。その選手達をチェックしてから決めるという手もあります。

さらに慎重に行くとすれば、放出リストに入れた選手が売れるのを待ち、より有能な選手を“買う”という選択肢もあるでしょう。

ただ、フリーの選手達は多くのクラブが狙っており、手を拱いているうちに誰もいなくなってしまう事態も考えられます。

さて、どうすればいいでしょうか?

皆様の清き(?)1票をお待ちしております。

なお、単なる多数決にはせず、説得力のある意見などを優先させて頂くかもしれません。

~参考資料~

<4人の有力候補>

Faye.jpg

Fernandez_20100315235306.jpg

Roumani.jpg

Gresko.jpg