FC2ブログ

08 | 2009/09 | 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【加筆】チャンピオンズリーグ09-10 第1節予想 

日付上では今日から、チャンピオンズリーグが始まります。年々、平日の早起きがきつくなっているため、今季も観戦数は減ること間違いなしですが(苦笑)、せめて全試合の予想はしてみたいなと考えています。第1回は、9月15日および16日のスコア予想と、グループステージの展望です。スコア予想では、各組1試合ずつ簡易分析を行います。

9月15日(火)

<グループA>

ユベントス 1-0 ボルドー

開幕3連勝で6得点1失点の白黒と、開幕から5試合で4勝1分、12得点3失点のボルドー。ともに絶好の開幕ダッシュを見せているが、欧州カップ戦での白黒の“ホーム力”は高い。堅守からの一撃で白黒が勝利か。

マッカビ・ハイファ 1-2 バイエルン

<グループB>

ボルフスブルク 1-1 CSKAモスクワ

チャンピオンズリーグの開幕戦ではここ数年、こぞって波乱が巻き起こっている。開幕から5試合を終えて2勝3敗の10位と苦しむドイツ王者が、その“犠牲”になるか。ジーコ監督を解任し、心機一転のCSKAにチャンス到来だ。

ベジクタシュ 0-2 マンチェスター・ユナイテッド

<グループC>

チューリヒ 0-2 レアル・マドリー

マルセイユ 1-0 ミラン

大量補強で戦力値を大幅に上げたマルセイユに対し、経営難に苦しむミランは青息吐息。リーグ戦でも、マルセイユが5試合で3勝2分の無敗に対し、ミランはミラノ・ダービーで0-4の惨敗を喫するなど、3試合で1勝1分1敗と振るわない。ホームの利を生かし、マルセイユが勝利を手繰り寄せる。

<グループD>

チェルシー 1-0 ポルト

ベスト16の常連となっているポルトだが、今夏は主力の流出が相次ぎ、厳しい戦いを強いられそうだ。国内リーグでは4戦3勝1分で負けなしも、相手はアンチェロッティの監督就任で開幕から5連勝と波に乗るチェルシー。分が悪い。

アトレティコ・マドリー 2-0 ニコシア

9月16日(水)

<グループE>

リバプール 2-0 デブレツェン

リヨン 2-1 フィオレンティーナ

ベンゼマとジュニーニョを失ったリヨンだが、ベンゼマの移籍金で的確な補強を実現。チャンピオンズリーグのプレーオフで、アンデルレヒトを2試合合計8-2で一蹴した実力は本物だ。リーグ戦も4勝1分と無敗をキープ。今季は勝ち味に遅い――セリエAでは3試合で1-1、1-0、1-0――ヴィオラには負けられない。

<グループF>

インテル 1-1 バルセロナ

エトー対イブラヒモビッチばかりがピックアップされているが、この試合は新生インテルの試金石として価値が大きい。ポゼッションスタイルへの転換が、それをDNAレベルで有する“本家”に通じるか否か。ただ、まだまだ試行錯誤の最中ということもあり、ジュゼッペ・メアッツァの援護を得てのドローが最低任務になる。

ディナモ・キエフ 1-0 ルビン・カザン

<グループG>

シュツットガルト 1-1 レンジャーズ

経営難で多くの主力を手放す破目になったレンジャーズだが、リーグ戦では開幕から3勝1分と気を吐いている。シュツットガルトは国内リーグの相手とはレベルが違うが、彼らはリーグ戦で12位(1勝2分2敗)に沈んでおり、叩くには絶好の機会。フィジカルの強さを生かして敵地で勝ち点1を持ち帰るか。

セビージャ 3-1 ウニレア

<グループH>

スタンダール・リエージュ 0-2 アーセナル

オリンピアコス 2-0 AZ

オリンピアコスをはじめとするギリシャ勢のホームでの強さは、ある意味で神がかっている。多くのメガクラブが手痛い敗戦を味わっており、昨季の勢いがないAZには前例に倣いそうな気配が漂う。

---------- キリトリ -----------

<グループステージ勝ち上がりクラブ予想>

※左から1位、2位

A:ユベントス、バイエルン

B:マンチェスター・ユナイテッド、ボルフスブルク

C:レアル・マドリー、マルセイユ

D:チェルシー、アトレティコ・マドリー

E:リバプール、リヨン

F:バルセロナ、インテル

G:セビージャ、シュツットガルト

H:アーセナル、オリンピアコス

我ながら、つまらないほどの手堅い予想w
(;^ω^)

唯一、グループCでミランを“落とした”のが穴狙いですね。「今季のマルセイユは良い」と聞きますからね。中継で観て、「これはかなり厳しいのでは?」と思ったミランよりは可能性があるかなと。他のグループは、奇を衒わずに順当な結果を予想しています。インテルはいつもグループステージでは苦戦しますし、この段階でバルセロナを上回れるとは思えないので、2位に入れました。日曜日のパルマ戦はフルタイムで観ましたが、まだまだ前線のコンビネーションが確立されていないので。

今季はプレミアリーグの強豪(主にアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー)とインテルの試合しか観ていませんが、明らかにプレミアリーグの方がエリア内に入ってくる人数が多いんですよね。攻守の切り替え、連動性といった部分でも、インテルはプレミアリーグのメガクラブに劣っていると思います。この差をどう詰めていくかに注目していますが、グループステージの時点では完成しそうにありません。

---------- キリトリ -----------

本日は会社のイベントがあり、その後に打ち上げらしきものが用意されているらしいので、これ以上の更新ができるかは微妙です。とりあえず、鹿島対川崎の扱いについて理事会から発表があれば、直ぐに取り上げたいんですが・・・。明日は会社を休むので、またその時にでもゆっくり書きますかね~。
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。