FC2ブログ

08 | 2009/09 | 10

【余談】まさかの挑戦終了【追加】 

プロスポーツの世界において監督の権限は絶大だ。監督が代われば選手の立場は一変する。レギュラーから一転、ベンチ外に追いやられることも少なくない。これはプロスポーツ界に生きる選手にとって宿命とも言える。将来性を期待されて入団した若手が、僅か1カ月でクラブを追われることも、つまりは「当たり前」なのである。しかし、この悲劇に日本人選手が巻き込まれると同情してしまうのは、身びいきが過ぎるだろうか。日本代表候補として招集経験のある林彰宏が、ルーマニア1部のFCアストラを退団した。

○林彰洋、僅か1カ月でルーマニア1部FCアストラを退団

流通経大からルーマニア1部FCアストラに、7月末に電撃入団したGK林彰洋(22)が、わずか1カ月で同クラブを退団していたことが2日分かった。クラブが公式サイトで、イタリア人のナポリ監督が数人の選手を構想外にしたことを公表し、その中で「日本人GKの林もチームから出ていった」と明かした。

退団の引き金になったのは、監督の交代とみられる。今季1部に昇格したFCアストラは、開幕から2分け1敗で16位に低迷、モルドバン前監督を解任し、8月20日にナポリ監督を招聘(しょうへい)した。そのことで、前体制に認められ入団した林の評価が急落したようだ。

ルーマニア協会から日本協会に、国際移籍証明書の発行を求める動きもなかった。欧州の移籍市場も閉まったため、林は来年1月に開く冬の市場での欧州挑戦を目指し、そのまま欧州にとどまっているという。

~ニッカンスポーツより~

ちなみに、同じ日本人の瀬戸貴幸はレギュラーとして活躍中。08-09シーズンに2部でベストイレブンに選ばれた実績は伊達じゃない。月並みだが、林の分も活躍して欲しい。

---------- キリトリ -----------

今日、明日と仕事がカツカツなので、短めに失礼致します。
m( __ __ )m

なお、余裕ができ次第、新しい短期集中連載として、本日発売のワールドサッカーダイジェストとFM2009をフル活用し、チャンピオンズリーグに出場するマイナークラブを紹介しようと思っています。

また、「Jつく」関連の記事も書くつもりですが・・・入力作業の先行きが見えないだけに、「そんな暇があったら作業を進めないと」と焦ってしまいます(苦笑)。とりあえず、FM2009にいる外国人選手の情報をエクセルに書き写していますが、これって結構勉強になりますね。特に韓国人選手。PAとCAがどれくらいになっているか、また細かい能力値も参考になります。大宮のドゥドゥはそのまま移行すると評価が高すぎるので、ガッツリ下げましたけどねw

能力決定にお悩みの方は、このプロセスを刻むといいかもしれません。

---------- キリトリ -----------

余談ですが、11日のスカパーの「UEFA CLハイライト」には、加藤未央がアシスタントとして登場するとのこと。あの至高の貧●以外に全く興味のないタレントですがw、あれほど色々と頑張ったTBSの「スーパーサッカー」をクビになった件には同情していただけに、フットボール関連の番組で出番をもらえたことは良かったなと。まぁ、私はスカパーに入っていないので観られませんがwww

それから、京都のパウリーニョが退団だそうで。監督との確執なども一部で噂されていますが、守備を突き詰め、リアクションフットボールを貫く加藤監督の下で真価を発揮し切れなかったのは事実。好選手がJリーグを去るのは残念ですが、新天地での活躍を祈ります。
スポンサーサイト