FC2ブログ

11 | 2008/12 | 01

ブラジルの次代のスターはいずこへ? 

※フットボリスタ12月24日号、沢田啓明氏のコラムより

今季も数多くの若き才能が台頭したブラジル全国選手権。その中でも、リーグMVPに選出された23歳のボランチ、エルナネス(サンパウロ)は、近い将来の欧州流出が確実視されている。驚異的なスタミナと高い技術によるボール奪取、巧みなドリブルと多彩なパス、正確なシュートによる攻撃参加で、チームの優勝に攻守両面で貢献した。エレガントなプレースタイルから“ファルカン2世”の呼び名を持つ彼には、バルセロナ、ミランなどからオファーが届いている。

Hernanes.jpg

20歳になったばかりのケイリソン(コリチーバ)は、華奢だがスピードがあり、テクニック、決定力、勝負強さを持ち合わせるストライカー。21ゴールでワシントンとともに得点王に輝き、新人王にも選ばれた。今後どこまで成長するか予測がつかない逸材には、R・マドリー、バレンシアなどが興味を示している。

Keirrison.jpg

22歳のボランチ、ジェアン(サンパウロ)はシーズン開幕時点で選手名鑑に名前すら載っていなかった選手。忠実な守備と積極的な攻撃参加でレギュラーを獲得すると、シーズンを通してチームの中盤を支え、「今年最も成長した選手」との賞賛を浴びている。

Jean.jpg

近くセレソンの守備の要になる、と評価されるCBチアゴ・シウバ(フルミネンセ)も、チームの大黒柱として活躍した。高い身体能力は、華麗な技術、卓越した判断力を備えた24歳は今季で契約が満了。ミラン、ビジャレアル、チェルシー、インテルなどからオファーが殺到している。

ThiagoSilva.jpg

---------- キリトリ -----------

ちなみに、7.2のパッチになってエルナネスの能力が微妙に上がってました。
( ・ω・)

チアゴ・シウバも上昇してるっぽいです。ミランとの契約が決まったからでしょうか。

こうして見ると、やはりFMのデータ面での信頼性は高いですね。文章中で名前が挙がった選手は、いずれも“ダイヤの原石”のような能力値になっていますし。獲得して起用するうちに、まだまだ伸びるのではないでしょうか。チアゴ・シウバは世界のフットボール事情に聡い方々には有名ですが、他の選手はまだまだ未知なる逸材ですから、機会があれば試してみたいものです。

本日も忙しく、また明日から金曜日までノンストップで駆け抜けないといけないため、簡単な内容で終了させて頂きます。
スポンサーサイト