10 | 2006/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

適当な話題で申し訳ない・・・ 

○平成の義賊?

老夫婦ギョー天!! 愛知県豊田市に住む90歳と85歳の夫婦宅で、現金300万円入りの紙袋が見つかった。帯封付きのピン札で、紙袋にはなぜか菓子も。2人にはまったく心当たりがなく、28日に交番に届けた。一体何のため? あまりに唐突で高額な「お歳暮」に、夫婦も困惑気味だ。

~サンスポより~

昔、世話になったヒトが置いていったのを「忘れた」のか、はたまた本当に義賊なのかは分かりませんが、紙袋に菓子が入ってたというのがほのぼのしてて良いじゃないですか☆
(*^_^*)

--------------------------------------------

○みのもんた、ギネスに載る

みのもんた(62)が「1週間で最も生番組に出演する司会者」としてギネス世界記録に認定された。CMを除いた週間生出演時間は21時間42分。平均睡眠時間はわずか3時間だという。

~同~

氏の異常な活動時間は、「ZARDロボット説」と並ぶ(?)、怪奇現象www
(´∀`)

なんで死なないでいられるんだろう。やっぱり「おもいっきり」の健康法かなぁ。凄い人です。

--------------------------------------------

○紅白内定者、続々と

今井美樹(43)、徳永英明(45)、絢香(18)、DJ OZMA(年齢非公表)の初出場が内定した。今井美樹は、夫である布袋寅泰(44)がバックバンドとしてサポートするプランも練られており、実現すれば「婦唱夫随」の晴れ舞台となる。

~同~

徳永英明は見たい。
(//▽//)

ってか、OZMAはいつから紅白に出られるような存在に?
(・_・;)

---------- キリトリ -----------

○休養長引く若槻千夏、現状は

現在休業が続いているタレント若槻千夏が、病名「神経性胃炎と潰瘍性大腸炎」である事が所属事務所より発表された。

東スポめ…やっぱり嘘だったか(詳しくは以前の私の日記)
( ゚Д゚)ドルァ!!

---------- キリトリ -----------

○坂本龍一&矢野顕子夫妻が8月に離婚していた…14年の別居を経て

世界的ミュージシャン坂本龍一(54)とシンガー・ソングライター矢野顕子(51)が今年8月に離婚していたことが28日、分かった。

坂本側の提案で01年夏ごろから進めてきた協議離婚が成立し、既に離婚届を提出した。約14年前の92年から別居が続き、坂本には新たな交際相手と子供もいる。事実上の破たん状態だった日本を代表する音楽家夫妻は、結婚25年目に正式に別々の道を歩むことを決めた。ともに離婚は2度目。

~ニッカンより~

だったら、結婚するな!なんだこれ!!
( `_ゝ´)

離婚のニュースで溢れかえっているが、自分自身が両親の離婚を経験しているだけに、芸能人の馬鹿げた離婚には過敏になります。

---------- キリトリ -----------

○蒼井優、満場一致で助演女優賞に輝く 「フラガール」作品賞とあわせて2冠

映画賞レースのトップを飾る報知映画賞。第31回の今年は公開中の「フラガール」(李相日監督)が作品賞に輝き、同作品に出演した蒼井優(21)が満場一致で助演女優賞に輝くなど2冠。主演女優賞は中谷美紀(30)、助演男優賞は香川照之(40)、新人賞には松山ケンイチ(21)がそれぞれ選ばれた。監督賞には「雪に願うこと」の根岸吉太郎監督が20年ぶり2度目の受賞。なお、特別賞としてアニメ「時をかける少女」(細田守監督)、「紙屋悦子の青春」の故・黒木和雄監督が選ばれた。

賞という言葉の持つ響きに蒼井優ははにかんだ。

「ずっと賞には無縁だったので…。小学校3年の時にお花の絵を描いて佳作に選ばれたのが最高だった気が…。ほかは校内での“頑張ったで賞”ぐらいでした」

最優秀助演女優賞。読者投票でも1位となり、映画評論家8人、本紙映画担当6人全員が推す“満票”の快挙。それでも「私の名前で頂いてはいるけれど、お芝居に関しては監督をはじめ、スタッフ、共演者の方に作っていただいているので…」と周囲に感謝した。

まるで見えない糸に導かれるように、映画とかかわりあう蒼井。

「私にとっての映画? 責任感が伴う幸せな時間。日本映画が好きです。これから日本映画がドンドン良くなって行くのを近くで見ていたい」

と頼もしい言葉が飛び出した。

~スポーツ報知より~

大好きな蒼井優の受賞は大変の喜ばしいことです。頑張れ!
フレーヾ(゚ー゚ゞ)( 尸ー゚)尸_フレー

---------- キリトリ -----------

●横浜FM、元日本代表4選手を解雇

横浜が世代交代の大なたを振るった。28日の練習後に、GK下川健一(36)DF中西永輔(33)MF平野孝(32)奥大輔(30)といった
元日本代表4選手に戦力外通告した。下川と中西には、指導者としてのクラブ残留も提示したが、4選手とも現役続行の可能性を探る意向だ。

U-21日本代表経験者のMF乾(野洲)やユースからの昇格など、既に新人6人の加入が決まっている。他クラブからの若手有力選手の補強も視野に、若返り策を進めていく。

~ニッカンスポーツより~

昨日のと関連して載せておきます。やはり若手へと大胆な世代交代を図るようですね。
スポンサーサイト

雑記でお茶を濁す 

○大沢たかおと広瀬香美が離婚していた 7年余に及ぶ結婚生活にピリオド

俳優の大沢たかお(38)とシンガー・ソングライターの広瀬香美(40)が協議離婚したことが27日、サンケイスポーツの取材で分かった。2人は平成11年3月に結婚。二枚目人気俳優と“冬の女王”の異名を誇ったヒットメーカーの電撃婚は世間をアッと驚かせたが、結婚から7年余を一緒に過ごすうちに、お互いの仕事と家庭生活の間に価値観の違いが生じ始め、それぞれの道を歩くことを選択、離婚を決めた。双方の所属事務所とも「離婚は事実です」と認めている。

関係者によると、大沢と広瀬の代理人が先週、離婚届を提出。離婚について大沢は所属事務所を通じて「私たち夫婦は別々の道を歩むことになりました」としたうえで「仕事と私生活の両立は大変難しく、真剣に話し合った結果、別々に生きていく方が良いという結論に達しました。苦渋の決断ではありましたが、二人にとって最善の選択であったと今は信じております」などとコメント。

一方の広瀬も同じく所属事務所を通じて「これから続く別々の道が、お互いを成長させてくれるものと信じ、新たな一歩を踏み出す事を、二人で決めました」とのコメントをサンケイスポーツに寄せた。

2人は、平成7年12月1日に公開された大沢の主演映画「ゲレンデがとけるほど恋したい」(廣木隆一監督)で、主演男優と同名タイトルの主題歌を歌う売れっ子シンガー・ソングライターとして出会い、同年秋に共通の知人を通して会食。その際、大沢は広瀬に対して「明るく前向きな姿勢」、広瀬は大沢に「誠実で優しい人柄」と、それぞれ好感を抱き交際がスタート。翌11年3月23日に婚姻届を提出し、家族と身内だけで米ロサンゼルスで挙式した。

平成5年12月1日に発売した広瀬の大ヒット曲「ロマンスの神様」を地で行く電撃結婚は当時、大きな話題を呼んだ。しかしその後、お互いの仕事が順調に進むのと比例してすれ違い生活が増え、いつしか別々の時間を過ごすことが多くなった。その結果、それぞれの人生を歩むことが最善だと双方が判断したようだ。2人に子供はおらず、今回の離婚について双方の事務所とも「プライベートなことなので当人たちに任せています」と話している。

~サンスポより~

今日の1面はこの記事でした。当時の衝撃を今でも覚えていますが、それは「大沢たかお、良いのか?」という感傷でしたねwww
(;・∀・)

それにしても、今年は芸能人夫婦の離婚が多いですよねぇ。結婚も年末に入って増えてますが…やはり芸能人同士の結婚というのは難しいのでしょうか。まぁ、一般人の離婚率が飛躍的に高まっている現在、「芸能人だから」とは言えないのかもしれません。

---------- キリトリ -----------

○カンナバーロがバロンドール受賞、正式発表

R・マドリーのDFファビオ・カンナバーロ(33)が、今年の欧州最優秀選手賞(バロンドール)を受賞した。DFの選手がバロンドールを受賞するのは96年のザマー(ドイツ)以来10年ぶり。受賞前にR・マドリーのカルデロン会長が「カンナバーロの受賞はうれしいが」と口を滑らせ同賞受賞が確実視されていた。

主将としてイタリア代表をドイツW杯優勝に導いたカンナバーロは、最終候補50人の中からヨーロッパのジャーナリストによる投票で173ポイント(P)を獲得。2位のイタリア代表GKブッフォン(124P)、3位のフランス代表FWアンリ(121P)を抑えての受賞となった。イタリア人では1993年のR・バッジョに続く5人目。

フランス・パリでの授賞式でイタリア人女優モニカ・ベルッチからトロフィーを授与される。

~ニッカンスポーツほか~

正式決定を待つ前から確実視されてましたが、某イタリアの新聞はもっともっと前に「ブッフォンが受賞」という記事を大々的に書いてましたから、大恥をかいてしまいましたねw 個人的には、カンナバーロのW杯でのパフォーマンスは素晴らしかったと思いますし、昨季ユベントスで見せた活躍もインテル時代とは大違いでした(言ってて腹が立つなw)。受賞を疑問視する声も上がっているようですが、ポイントを見ても圧倒的なように、多くのヒトは彼が相応しいと認めています。

---------- キリトリ -----------

○期限切れ弁当を家畜飼料に 大手コンビニ、リサイクル活発化

セブン-イレブン・ジャパンやローソンなどの大手コンビニエンスストアが、賞味期限切れの弁当や総菜を回収し、家畜の飼料としてリサイクルする事業を本格化させる。食品廃棄物の排出削減につながるほか、海外からの輸入に頼った家畜飼料の国内自給を高める効果も期待できる。

セブン-イレブンの持ち株会社セブン&アイ・ホールディングスは、食品リサイクル会社アグリガイアシステム(千葉県八街市)と共同で、1日200トンの食品廃棄物を飼料化する施設を来年5月にも稼働させる。

同社はこれまで、東京23区内のセブン-イレブン1000店舗から回収した売れ残り弁当などを堆肥(たいひ)として再資源化する一方、九州地方を中心に飼料化の実証実験に取り組んできた。その結果、リサイクルした飼料を豚に与えると良質の肉ができることがわかり、本格稼動を決めた。

都内で展開する回収システムを、千葉や茨城、神奈川各県などに拡大するほか、首都圏の弁当工場から排出される野菜くずなどの食品廃棄物、系列のスーパー、イトーヨーカ堂の食品廃棄物も活用していく。

一方、ローソンも都内500店で展開している飼料化リサイクルを千葉、神奈川両県内の200店舗に拡大する。ローソンでは、スリーエム、デイリーヤマザキとともに、ミニストップが食品リサイクル業者と構築したシステムも活用しており、スーパーなどに比べて遅れていたコンビニでの食品リサイクルの動きがここにきて急速に活発化している。

~ヤフーヘッドラインより~

まず1つ、文章がちょっと下手くそだぞ、書いた人間。仕方ないのでところどころ手直ししておきました。

コンビニの廃棄といえば、よく友人にもらったものです。もちろん違法行為なんでしょうが、もったいないですもんね。マクドナルドといい、回転寿司といい、日本も食料を消費し使い捨てる産業が発達してきましたが、今こそ「もったいない」という日本古来の考え方を見直すべき時代ではないでしょうか。

と、珍しく社会派な発言。
(ノ´∀`*)

---------- キリトリ -----------

○「実際は自殺でも…」プロミス、死因不明すべて「病死」にして保険金請求

大手消費者金融のプロミス(東京都)が借り手全員に掛けていた生命保険の受け取り実態調査で金融庁に虚偽報告していた問題で、同社は保険金を保険会社に請求する際も、死因の分からないケースをすべて「病死」に含めていたことが分かった。保険会社も必要な書類が整っていれば支払っており、虚偽報告の背景に、安易な保険金請求の実態が浮かぶ。

金融庁などによると、プロミスは9月、05年度の保険金の受け取りが7327件あり、「死因等不詳」はゼロ。内訳を▽病死6105件(83.3%)▽自殺818件(11.2%)などと同庁に報告していた。しかし、実際は、死因不詳をすべて病死に含めていた。

この保険は、遺族から死亡診断書などを入手しなくても、住民票だけで死因不詳のまま保険金を請求できた。プロミスの場合、「契約から1年超で債権額100万円未満」か「債権額が10万円未満」がその要件で、本来は「死因不詳」になるこうしたケースも、同社は、保険請求書の死因欄に「病死」と記載。保険会社側も住民票などがあれば、そのまま保険金を支払っていたという。

プロミスを除く大手4社の病死の割合は、13.7~47.1%だったが、プロミスは83.3%に達した。同社の死因判明分のうち自殺の割合は11.2%で、病死とされた死因不詳分を除けば自殺率はさらに高まることになる。

プロミス広報部は「不正確なデータを提出したのは申し訳ない。なぜそうした請求をしてきたのか調べている」と釈明。同社の保険契約の主幹事社である日本生命広報室は「顧客は消費者金融であり、病死として請求してきたものを疑う余地はなく、債務者の一件一件の死因を確かめる立場にない」と説明している。

~毎日より~

((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

さすがはサラ金、怖いですねぇ。
(;´Д`)

そして生命保険会社の適当な態度、毎度おなじみとはいえ、嫌なものです。

皆様、ご利用は計画的にお願いします。
m( __ __ )m

---------- キリトリ -----------

○クロマグロ漁獲量2割削減 影響が大きいのが「蓄養」マグロ 厳格に実行されれば漁獲量は実質的に半減する

日本人が大好きなマグロ、その漁獲枠が相次いで削減されている。先月、高級な寿司ネタとして使われる南マグロの日本の漁獲枠が来年から半減されることが決定した。そして26日、最高級のクロマグロも地中海域での漁獲枠が2割削減されることが決まった。一般向けのキハダやメバチについても削減が議論されており、今後は家庭の食卓にも様々な影響が出そうだ。

「(クロマグロの)量が減るとメバチとかキハダとか、他のものにも影響してくるから、やっぱり厳しいですよね」(卸売業者)

既に他のマグロにも影響を与え始めている。マグロ全般の価格は例年に比べて1割から2割高値で推移。「店頭ですと100グラムで1000円までは上がらないと思いますが、それぐらいまでは(値段が)上がってくると思います」(株式会社あおき 島崎喜由・鮮魚部チーフ)

「高ければ、他の魚を食べればいいじゃないかと思います」「(値段が上がったら)1年に1回ぐらい楽しみにします」(スーパー買い物客)

しかし、もっと影響が大きいのが「蓄養」マグロだという。蓄養とは、いったん漁獲したマグロを生けすで太らせてから出荷することだが、その実態は正確には把握されておらず、乱獲の温床だと指摘されている。今回の会議では蓄養も厳しく監視することになったが、厳格に実行されれば、漁獲量は実質的に半減するとの見方もある。

そこで今、国内では新しい研究が進められている。海の中ではなく陸上の水槽を使ってクロマグロを卵からふ化させ、育成しようというもの。いわば「完全養殖」。

「台風や災害に海上養殖が弱いということを知りまして、なんとか陸上養殖できないかと」(クロマグロの研究を行っているWHA株式会社 山本明人・専務)

しかし、稚魚にとって適切な光の量や水温がまだ分かっていないため、商業化までは少なくとも3年から5年はかかるだろうと見られている。

貴重な海の資源を守るためにどのような貢献ができるのか、マグロ消費大国・日本の課題と言えそうだ。

~TBSニュースを再構築~

マグロは好きじゃないから私自身は困りませんが、マグロの高騰によって他の魚まで高くなることも十分ありえるだけに、心配です…。
(;´Д⊂)

---------- キリトリ -----------

○イチローが急性腎不全で亡くなる

多摩動物公園で飼育されていたアムールトラのイチローが死亡しました。
死亡日時  平成18年11月24日(金) 16時
  名前  イチロー
  性別  オス
  年齢  2歳3ヶ月(平成16年8月8日多摩動物公園生まれ)
  死因  急性腎不全

~東京メトロお知らせより~

アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

さすがは2ちゃんねる、ブラックですなwww

---------- キリトリ -----------

○ホモに人気の有名人ベスト5

1位 井上康生 75票 8.10%
胸囲120cmを誇る野郎系好きのアイドル!
警備会社のCMで見せるコミカルな演技には「カワイイ!」との声も多し。

2位 鈴木桂治 72票 8.10%
アテネでは超級の世界チャンピオンに輝いたガッチリ体型。
それとは正反対のキュートな笑顔が男心をくすぐり、高評価。

3位 桜井マッハ速人 53票 5.70%
暴漢に襲われた時もプロとしてあえて反撃せず負傷した「野生のカリスマ」。
美しい格闘筋肉とオフで見せるお茶目な表情が魅力。

4位 妻夫木聡 49票 5.30%
映画『ウォーターボーイズ』でジェンダーの壁を突き破った、ゲイにとっては
特別なコードを持つ俳優。大人っぽくなった彼もまた人気。

5位 照英 38票 4.10%
鍛えられた体と人情味あるおおらかな性格を併せ持つ、憧れのお兄さん。
彼はゲイ雑誌のグラビアを飾ったこともあるんですよね。

( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)フーン

---------- キリトリ -----------

○横浜FM、次期監督にディアス氏?

Jリーグの名門復権には、やはり外国人監督がゼヒモノ!? サッカーJ1横浜F・マリノスの次期監督にJリーグ初代得点王のラモン・ディアス氏(47)が浮上していることが明らかになった。岡田武史前監督の辞任のあとバトンを受け継いだ水沼貴史監督とも旧知の仲とあり、水面下で交渉を続けている。
 
残り1試合となったJリーグで、18クラブ中、11位に低迷するマリノス。次期監督については日本人GMの就任を含めて検討していたが、該当者がなく外国人に方向転換。もともとマリノスではアルゼンチン路線でスタートしたこともあって「日本人を熟知した外国人監督」としてディアス氏に白羽の矢をたてた。同氏はJリーグ元年の93年に28ゴールをあげて初代得点王に輝いた。

ディエゴ・マラドーナと79年のワールドユースで優勝したが、“けんか別れ”し、93年にJリーグ挑戦を決意。その際にもサパタやビスコンティなど助っ人陣もディアス氏がリストアップ。日本代表を指揮したジーコ監督と同じ手法でマリノスの初期の黄金時代を築いた立役者である。

監督歴もアルゼンチンの名門リバープレートで6度の優勝を経験するなど、実績も十分。将来はアルゼンチン代表監督の声もあり、その前に「日本でのオファーに魅力を感じているようだ」(関係者)という。

横浜F・マリノスにとって来季は優勝が至上命令。ディアス氏招聘(しょうへい)はマリノス再生の第一歩となりそうだ。

~ZAKZAKより~

全く信頼できない情報筋なのでどうか分かりませんが、若手の登用に積極的なディアスが監督になれば、世代交代に苦しむ横浜FMの復権も夢じゃないでしょう。リーベルでの監督業は批判も浴びましたが結果は出してましたし、それなりに有能な監督だと思います。ただ、采配はさほど期待できませんので悪しからず。

---------- キリトリ -----------

○中田英寿さん、ビキニ水着で白人男性と過ごすバカンスを激写される 撮影者「違和感抱くほど親密」

「ゲイではないか?」と一部ネット上で指摘されている旅人・中田英寿さん(29)に新たな疑惑が降りかかった。

今週発売の『週刊ポスト』に「中田ヒデ マッチョ男と親密の渚」と題する写真付きの記事が掲載された。写真に映っているのは、ビーチらしき場所で中田さんと謎の白人男性が親密に顔を合わせている姿。白人はトランクスタイプの水着をはいているのに対し、中田さんは、ゲイの男性が好んで選ぶビキニタイプの水着をパツパツにはいている。

この写真を提供したのは、10月中旬に新婚旅行でタヒチ・ボラボラ島を訪れていた一般人女性。ちょうど泊まったホテルに彼らが宿泊しており、そこでの様子をこっそり撮影したものとみられる。

女性は同誌の取材に対し、「ジェットスキーをするときも、スキューバダイビングに行くときも、ビーチで過ごしているときもいつも2人きりでした」「ちょっと違和感を抱くほど親密でした」と証言した。

しかしボラボラ島といえば、当地でバカンスを過ごした中田さんと日中ハーフモデル・白雪(20)との「熱愛写真」が写真週刊誌『フライデー』に掲載されたはず。
  
中田さんの所属事務所「サニーサイドアップ」は、「タヒチには複数の友人と旅行に訪れ、そこでたまたま2人になったということではないか。いずれにせよプライベートなことなので詳しくは公表できない」と同誌に説明している。また、同じ写真を掲載した東京スポーツの取材に対しては、「外国人男性は中田の恋人ではない」と”ゲイ疑惑”を否定した。

~東スポなどより~

ヒダさんはどこへ行っても人気者ですねw
(・∀・)

まぁ、東スポに週刊ポストですから。その辺はご理解下さい。

---------- キリトリ -----------

○「1日12時間以上仕事」 男性28%、女性5%…生活にゆとりなし

首都圏と関西圏に住む男性会社員の28%が、平均で1日12時間以上を仕事に割いていることが連合のシンクタンク、連合総研(東京)の調査で26日、分かった。特に30代では3人に1人が1日の半分以上を仕事に取られていると答えた。

残業する理由は「仕事量が多い」が最も多く、大半の人が趣味や休息の時間を求めていた。押し寄せる仕事に長い時間を割かれ、生活のゆとりが失われているサラリーマンの姿をうかがわせた。

調査は9-10月、民間企業に勤務する20-50代の男女900人に質問を郵送し、772人から回答があった。通勤時間を除き1日に仕事に割く時間の平均は9・5時間。男女別では男性が10・5時間、女性が7・9時間だった。1日12時間以上と答えたのは全体の19%。男性は28%、女性は5%と、男性の“仕事人間”ぶりが際立った。男性を年代別にみると、20代は29%、30代33%、40代30%、50代18%だった。

残業する理由は「仕事量が多い」が49%と最多。次いで「突発的な仕事がある」40%、「仕事の繁閑の差が大きい」23%の順に多かった。

一方で残業代が全額支払われていると回答したのは52%と、半数にとどまった。ただ働きのサービス残業となる理由を聞くと「上司の対応など雰囲気で残業手当を申請しにくい」が最多だった。

増やしたい生活時間では81%が「趣味・スポーツ」と回答。「休息・くつろぎ」(70%)、「家族・恋人と過ごす」(61%)と続き、休息や家族とのだんらんも十分に取れない実態が浮かんだ。

~共同など~

日本と欧米では全く違うわけですが、それにしても日本は「働きすぎ」ですよね…。もっとも、私は「働かなすぎ」で親に怒られているわけですが…。
┐(゚~゚)┌

皆様、お仕事本当にお疲れ様です。どうか可能な限りご自愛下さいませ。
m( __ __ )m

最後に、自由な時間はもっと減って良いから、61%にも上る「恋人と過ごす」という発言をさせて下さいwww
ヽ(´ー`)ノ

---------- キリトリ -----------

○阪神が井川入札を受諾

阪神は28日、ポスティングシステム(入札制度)でメジャー移籍を目指す井川慶投手(27)への入札を正式に受諾した。兵庫県内で牧田球団社長が会見。「日本を代表する素晴らしい投手で、メジャーから応札があると思っていました。1つのステップを越えて、前に進んだなと率直に考えています」と話した。

入札はこの日午前7時(米東部時間27日午後5時)に締め切られ、NPBを通じて阪神球団に最高落札額が通知された。
宮崎オーナーら球団幹部と協議し、受諾を決定。金額に関しては、同社長が「相手方の了承を得れれば、我々もお知らせしたい」と話すにとどまった。明日29日午前中には独占交渉権を獲得したメジャー球団名が発表される。

~ニッカンスポーツ~

いよいよですねぇ。あれだけゴネて出してもらうんですから、結果を出さなければなりません。派手な生活を全く好まない質実剛健な彼が、唯一エゴを剥き出しにした夢。叶うことを祈ってます。

---------- キリトリ -----------

アナタとは最後まで解り合えなくて、僕はいつもやきもきしたりもどかしくしていた。今でも、キミの示した意味を咀嚼できずにいる。それでも、気まぐれなようで実は意志の強いアナタが好きでした――。

残念ながら女性の話じゃないですよ。本日、正式に引退を発表したハーツクライという競走馬への別れの言葉でした。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

改めて詩を書くこともあるでしょうが、今日はこれで。

2分20秒強の頂上決戦 

○ジャパンカップ~日本と世界の頂点を賭けて、天馬再び~

◎ディープインパクト
○ハーツクライ
▲メイショウサムソン
×ウィジャボード
△コスモバルク

<データ的考察>

・芝2400でも先行して連対できるような、自分で動いて勝負できる馬に注目

・スタミナのある欧州系の血統と、日本的な軽い血統を両方を持つ馬がベスト→ディープインパクト、メイショウサムソン、コスモバルク、ハーツクライ

・過去10年で1番人気は2-1-6-1となっており、絶対の信頼は置けない。むしろ2番人気の方が2-4-1-3と良績示す。また、外国馬は人気薄馬に注意したい

・連対した日本馬14頭でGⅠ勝ちがなかったのは4頭のみ。ただ、いずれも1年以内にGⅠ2着しえちた。外国馬6頭のうちGⅠを勝っていなかったのはインディジェナスのみ

・前走で掲示板を外していたのは昨年のハーツクライのみ。連対を外していたのも3頭のみ。ただし、外国馬は戦績関係なく巻き返している

<血統的考察>

・出走馬のうち半数以上の6頭がサンデーサイレンス産駒。過去の実績でもSS産駒はずば抜けており、昨年も掲示板に載った日本馬3頭は全てSS産駒だった。そのSS産駒の最高傑作といえるディープインパクトは、ダービーで上がり3ハロンを33秒4で圧勝しており、負ける要素は見当たらない

・ハーツクライは、母父が欧州血統のトニービン。東京コースとの相性が抜群なことでも知られるトニービン血統馬だけに、ここは絶好の舞台だ

・ウィジャボードは、父が芝1600のGⅠ勝ち馬で、母の父も同様とスピード色が強めだが、昨年の香港ヴァーズ(芝2400)を強い競馬で勝っており、ギリギリこなせるか。昨年の5着は「早仕掛けのため」と調教師は自信を持っており、世界最高の騎手の導きで一発を狙う

・メイショウサムソンの父オペラハウスはテイエムオペラオーなどを出しており、中長距離適正は抜群。時計が速くなりすぎると厳しいが、底力とパワー勝負なら強い。先行して流れに乗れるのも強みで、ダービーのようなレースを見せられれば一発もある

・ドリームパスポートは、父フジキセキで素軽さに長けた中距離馬のイメージが強いものの、母父トニービンで底力が補強されている。距離的な不安はなく、安定した末脚で上位争いか

・コスモバルクは、愛ダービー馬ザグレブの産駒で母父はトウショウボーイ。本質的に長距離よりも中距離で勝負するタイプだが、一昨年の2着もあるように要注意。この秋の戦績も安定している。

<結論>

凱旋門賞の3着失格でひと騒動巻き起こしたディープインパクトだが、馬の能力に疑いの余地はない。失地回復、名誉挽回のために全力で仕上げられた天馬は、スピード勝負ならどんな馬にも負けないだろう。東京芝2400というコースは、彼にとって最良の条件。豪快な末脚が見られると思って間違いない。

相手はやはりハーツクライ。キングジョージは案外伸びずに3着だったが、昨年の有馬記念でディープを破った力は本物。世界的にも芝のトップホースと位置づけられており、もちろんここでも勝利が狙える。今年で引退するディープに引導を渡すか。

3番手にはデットーリが乗るということも含めてウィジャボードを挙げた。昨年は5着も、乗り方次第で上位が窺えたはず。今年の来日ではまだ「デットーリマジック」は見られていないが、いきなりやるのが彼。非常に恐い。

あとは斤量面で恵まれる3歳馬のトップ2騎と、コスモバルクを押さえておきたい。

天馬が再び駆けるのか、それとも――。見逃せないレースとなりそうだ。

砂の祭典、来たる 

【暁の新・紙屑馬券増産計画】

昨年から今春にかけては毎週やってたわけですが、最近はフットサルへ出陣していることが多く疎かになってました。ちょっと気合いを入れなおして、競馬人らしく予想しますよ!

○ジャパンカップダート~死せるタイムパラドックス、生けるシーキングザダイヤを走らす~

◎シーキングザダイヤ
○サンライズバッカス
▲ヴァーミリアン
×ブルーコンコルド
△アロンダイト

<データ色々>

・ニジンスキー、ブラッシンググルーム、ロベルトなど、欧州系のスタミナのある血を持つ馬に注意

・脚質問わず、内枠が断然有利なコース。まずは一桁馬番の馬からチェック

・適正的に近い武蔵野S組は連対馬だけフォロー

・日本馬11頭の勝ち馬のうち7頭がGⅠ制覇実績あり。連対馬も重賞勝ち馬の実績が断然

・過去6年の連対馬12頭中、前走の最低着順は6着。それ以下からの巻き返しは苦しい

・1番人気の実績は5、1、3、2、2,1と信頼度高い。2桁人気馬も3度連対しているが、基本的に穴狙いは無謀


<上位人気馬血統分析>

シーキングザダイヤは、マイルから中距離に向く配合。勝ち切れないのは一瞬の切れ味に欠けるからだが、血統背景は超一流。実績からも本命は当然だ。

ブルーコンコルドは、スピード、スタミナとも優れた血統背景で、不安視されている距離延長も十分対応可能。19日の調教では坂路で50秒0の猛時計を叩きだし、状態は万全。底力に欠ける部分があり、この大舞台でどうかだけが不安も、好勝負できる。

エルコンドルパサー産駒(アロンダイト、ヴァーミリアン)は、好調を長く持続できず突然崩れることがある。アロンダイトはそういった意味では心配で、かつ重賞実績がないのも減点材料。過去には同じように準OPから挑戦したハードクリスタルが人気を集めて惨敗した例もあり、あくまで押さえに。一方のヴァーミリアンは惨敗と好走を繰り返す典型的なタイプ。逆に今回は一発ありそう。

サンライズバッカスは、スピード、スタミナのバランスがいいタイプ。GⅠを勝ちきるほどの血統ではないが、このメンバーならチャンスがある。

<結論>

タイムパラドックスが引退した以上、連軸はシーキングザダイヤ以外に考えられない。東京コースは3戦2着3回と安定している上、、この実績はGⅠを含めたもの。まず連を外すとは思えない。

相手筆頭はサンライズバッカス。毎年この馬を買っては苦い思いをしているのだが、後藤から安藤勝に乗り替わって末脚が生きてきそう。後藤も一流騎手だが、ダートの追い比べとなれば地方出身の安東に利がある。東京コースは1-1-0-3と連対率4割だ。

穴にはヴァーミリアンを推す。休養前の東海Sは1番人気で13着と惨敗したが、6カ月の休養を挟んで立て直してきた。気難しい馬で、まともに走る時と走らない時の差が激し過ぎるのは難点だが、今回は久々が良い方に出ると読む。

個人的にはブルーコンコルドが中距離で来るイメージが全く浮かばないのだが、今の充実度、安定度と調教を見れば買わざるを得ない。血統的には距離もこなせるはずで、あとは馬がとまどわないかどうか。距離の差によるリズムの違いは、往々にして馬を惑わせる。

アロンダイトは東京コース2戦2勝、ダートで連勝中と魅力ある伏兵だが、血統診断のところにも書いたようにこうしたタイプは来ないことの方が多い。それでも押さえるのは、メンバーがGⅠというよりGⅢだから。

---------- キリトリ -----------

○鈴木啓太、ディナモ・キエフから2度目のオファー

ウクライナの名門ディナモ(D)・キエフが浦和のMF鈴木啓太(25)の獲得を目指していることが24日、明らかになった。アジア地区強化担当のトカチョフ・コンスタンティン氏が23日の甲府戦を視察、今後、代理人を通じて正式オファーを出す方針。

リーグ制覇を目前とした赤い悪魔を支える“中盤の軸”の動向に注目が集まる。

ウクライナを代表する名門は「啓太獲り」をあきらめていなかった。今夏にも獲得をオファーしたD・キエフの強化担当トカチョフ氏が、23日の甲府戦を極秘に視察。今や浦和だけでなく、オシムジャパンにも欠かせぬ存在となった鈴木の動きに目を光らせていた。

トカチョフ氏は昨年から、鈴木の動向に注目していたという。「派手さはないが、チームに献身的。技術も当然だが、精神面の強さが魅力」と絶賛する。D・キエフにはブラジル人も在籍するが、寒冷な気候のせいで負傷が多い。同クラブでは鈴木のケガの少なさも評価しており、今後、国内の代理人を通じて正式オファーを出す方針だ。

D・キエフといえば欧州CLの常連。FWシェフチェンコ(現チェルシー)を擁し、国内リーグ9連覇を含む10度の優勝を誇る名門。ウクライナが8強入りしたW杯にも7人の代表を送り込んだ。

その強豪が啓太獲りを加速させたのは欧州CLの1次リーグ敗退がきっかけ。スルキス代表は早急にメンバー一新を図る方針を打ち出し、戦力、人気両面で期待できる鈴木に白羽の矢を立てた。もともと海外志向の強い鈴木だが、今夏のオファーは浦和でのリーグ優勝を優先し、辞退した経緯がある。その後、日本代表入りを果たし国内外で評価をさらに急上昇させた。最大の目標であるリーグ制覇はもう目前。優勝は移籍に向けての1つのハードルをクリアする事にもなる。

「1人1人が自分の仕事をすること」と大一番に備える鈴木。背番号13に“世界”が熱いまなざしを送っている。

~スポニチ~

シャフタール・ドネツクとかCSKAモスクワとかならまだしも、斜陽のディナモ・キエフに行っても仕方ないと思うわけで。海外ならどこでもってことは決してないし、そこまで卑屈になり、安売りするほど日本人は劣っていない。個人的には反対です。

---------- キリトリ -----------

○5歳児が英検2級に合格

実用英語技能検定(英検)で、横浜市緑区の加藤博人君(5)が、高校卒業レベルの2級に合格した。日本英語検定協会(東京都)によると、資料が残る2000年度以降で2級合格の最年少記録は5歳で、タイ記録となる。検定申し込み時の年齢でみても、これまでの最年少は5歳8か月で、博人君は9月の申し込み時点で5歳9か月だった。合格者の平均は18・7歳という検定での快挙は周囲を驚かせている。

12日に行われた2次の面接試験で、博人君は33点満点中、20点だった。合格ライン19点を見事にクリアし、22日に合格通知のはがきを受け取った。「たぶん受かると思っていたけれど、本当にうれしい」と、26日の誕生日前に舞い込んだうれしい知らせを喜んでいる。

博人君は海外に住んだことはなく、親も英語は得意ではない。横浜市都筑区の英語教室に通って、外国人の講師と英会話を楽しんでいる。

英語を始めたきっかけは、自動車関係のフリーライターをしている母親、久美子さん(42)の影響で、博人君が車や部品の名前に興味を持ち、英語のまま覚えるようになり、久美子さんが「もっと英語を身につけさせてあげたい」と、3歳から英語教室に通わせるようにした。
(後略)

~読売オンラインより~

たかが2級とはいえ、されど2級。よく頑張りました☆
(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人

---------- キリトリ -----------

○ばんえい競馬、廃止へ

北海道のばんえい競馬存廃問題で、岩見沢市では24日、帯広市がまとめた帯広、岩見沢の2市共催案の受け入れは困難との見解が大勢となった。帯広市は岩見沢市との再協議や単独での開催には慎重で、ばんえい競馬は廃止の方向が強まった。岩見沢市の渡辺孝一市長は27日に最終判断を正式に表明する予定。

岩見沢市では24日、各団体代表で構成する有識者会議が存続に否定的な答申を報告。市議会議員協議会では共催案に「市民の理解が得られない」などの厳しい意見が出され、渡辺市長は終了後「(共催による新たな負担は)市民が認めないだろう」と述べた。一方、帯広市幹部は「単独で開催していくのは困難だ。2市開催ができなければ廃止となるだろう」との認識を重ねて示した。

ばんえい競馬は巨額の負債を抱え、現在の4市開催体制をいったん廃止することを決めた。旭川、北見両市は今後開催しない意思を表明したが、帯広市は岩見沢市との共催で存続させる意向を示し、売り上げ拡大策と経費の大幅削減策を軸にした共催案をまとめ、岩見沢市に提案していた。

~日刊スポーツより~

淘汰されるモノは世にあまたあれど、失うにはあまりに惜しいモノがある。ばんえい競馬もその1つだと思うのだけれど、時代はソレを否定するというのか。馬は決して速さだけを誇る動物ではない。ばんば達の力強さ、息遣いを忘れては、日本の歴史が馬という動物達に依存してきたことさえ消えてしまう。哀しく、嘆かわしいことだ。

ダラダラ内容日記 

●若槻千夏休業の真相?!


若槻千夏(22)の“休養問題”の真相が22日、本紙の取材で明らかになった。

「体調不良」は表面上の理由で、実は若槻の実母が“ステージママ化”していることが原因だったという。あの宮沢りえ(33)のりえママと同じく、若槻ママも所属事務所を無視して愛娘をコントロール。事務所側は完全にお手上げ状態で、いまだに解決の糸口も見えない状況だという-。

事情に詳しい関係者によると、計8本のレギュラー番組を持ち、殺人的なスケジュールをこなす若槻だが、意外なことに「彼女の手元に入るギャラはそこまで多くない。週に8本も仕事していて『えっ? こんなもん!?』というレベルらしい」という。

これに若槻ママが猛反発!「ここまで娘をコキ使ってこのギャラでは割に合わない!と怒り狂い、事務所に無断で若槻を埼玉の実家に連れ帰ってしまったんです」(同)。若槻本人も「仕事入れすぎ!」と前々から事務所に対して不満を募らせていただけに、母親に追従するスタンスを取っている。若槻が仕事に復帰するしないも“若槻ママ”の一存にかかっているわけだ。

もちろん若槻本人はピンピンしている。「実家付近で、若槻の元気いっぱいな姿が頻繁に目撃されていますからね。いつマスコミにバレてもおかしくありませんよ。事実、一部の社が水面下で取材を開始したようです」(芸能プロ関係者)

こうした動きを敏感に察知した所属事務所は「このままではマズイ!」と思ったのだろう。マスコミに“真相”を暴かれる前に、「体調悪化」と称し「出演予定の番組をすべてキャンセルし、ついには都内の病院に入院させることを考えた」(前出のバラエティー関係者)。
 
さっそく事務所幹部が若槻ママに頭を下げて「入院することをお願いしたそうです」(同)

事情が事情なだけに、さすがの若槻ママも渋々「(入院させることにOKを出した」(同)というわけだ。

~東スポより~

まぁ、東スポですから話半分以下に聞いて頂ければと思う次第でありますwww
(;・∀・)

---------- キリトリ -----------

●井川遥が14歳年上デザイナーと結婚

女優井川遥(30)が22日にファッシヨンデザイナー、松本与(あとう)さん(44)と結婚していたことが24日、明らかになった。

松本さんは14歳年上のイケメンで、人気ブランド「ato」を展開している。井川はNHK朝ドラマ「純情きらり」で主人公の姉役を演じるなど、女優業も好調。26日には都内で会見する。

~ニッカンスポーツより~

これをトップに持っていこうと思いましたが、まぁ、いいかなと。だって、既に彼女は賞味期限切れみたいなとこあるじゃないですか…。稲森いずみもですが、2人ともイマイチ日の目を見ない。独特の雰囲気があって個人的には好きなんですけどねぇ。そういえば、井川遥ってネプチューンのホリケンと付き合ってましたよね?あれもなんだったんだろwww

---------- キリトリ -----------

●ハナクソ王子は打たれ強い

夕刊フジに掲載された“鼻くそをほじる写真”がきっかけとなり、匿名掲示板の2ちゃんねるなどで「ハナクソ王子」なる不名誉なニックネームをつけられたFC東京・平山。

週刊プレイボーイにも「爆笑王」として取り上げられるなど、イジられキャラまっしぐらだが、意外や意外、本人はまったく気にもかけていなかった。

「夕刊フジ?え?ハナクソ王子?え、知りません。でも、いいんですよ。叩かれるのは慣れていますから」。自らを“どM”というだけあって、実に堂々としたもの。

関係者によると、「オランダ時代の平山は、マスコミはもちろん、チームメートからも尋常じゃない叩かれぶりだった。それこそ、人前で言葉に出せないほどの悪態。それに比べれば“ハナクソ”なんて、平山にとってはどうということは ないのでしょう」と解説する。

~zakzakより~

本当に彼は面白いなぁ。珍獣を見るように接すれば、これほど素晴らしい存在はいないw ピッチで見ると腹立つことのが多いけどもwww

---------- キリトリ -----------

●やりたい放題ジャニーズ KAT-TUNが高島彩に猛アタック

「まったくジャニーズは酷いですよ。所属タレントは“放し飼い”にしているくせに、ジャニタレと噂になった女性タレントは潰しにかかる。そんなにジャニタレにスキャンダルを起こしてほしくないなら、鎖でつないどけと言いたいです」
 
こう話すのは、以前ジャニタレと噂になり、その腹いせに芸能界を干された某女優の所属事務所関係者だ。

「最近は、各在京キー局がジャニタレの奪い合いをしている状況。なのでどの局もジャニーズには逆らいにくい。だからジャニーズサイドが『共演したくない』と断ってきたら、そのタレントを外すしかなくなる。それだけじゃなく、ドラマの脚本が出演するジャニタレ寄りでないと書き直させる。ジャニタレを使いたいなら、グループ名を冠にした番組を作れとねじ込む。やりたい放題です。そのために他の芸能事務所がどれだけ迷惑しているのか考えてほしいものです」(前出・芸能事務所関係者)
 
そんなジャニーズの横暴がついに人気女子アナをピンチに追い込んだという。その人気女子アナとは高島彩(27)。何とKAT-TUNメンバーから「合コンしない?」と執ように迫られているというのだ。

「普通に考えれば、将来トップアイドルグループになると思われるKAT-TUNメンバーと仲良くしておくのは、高島アナにとってはプラスの話。大人同士合コンするだけだったら、高島アナに断る理由はないはずですが、高島アナはきっぱりと断ったようです」(女性誌記者)

なぜ高島アナは、合コンの話を断ったのか?
 
一部で結婚間近?と報じられたゆずの北川悠仁(29)に気を使ったのだろうか?

「やはり親友の中野美奈子アナがSMAPの中居と噂になって、ジャニーズににらまれたことが大きな原因。万が一KAT-TUNと合コンして、それを写真誌に撮られでもしたら、ジャニタレとは仕事ができなくなる。フジ女子アナのエースとしてジャニーズとトラブルになるのはどうしても避けたかったのでしょう」(前出・女性誌記者)
 
そんな理由でKAT-TUNから逃げている高島アナ。しかしKAT-TUNはあの手この手で高島アナを合コンに連れ出そうとしているようだ。

「同僚の男性アナを通じて、高島アナに連絡を取ろうとしたり、局の編成のスタッフに仲介してもらおうとしたり、あらゆる手段を使って高島アナと合コンしようとしているようです」(前出・同)

もし執ようなKAT-TUNの誘いを断りきれず、合コンに参加。そこを写真誌や週刊誌に目撃され、記事になったら、ジャニーズ事務所が「干せ!」指令。

あきれた話としか言いようがない。

~ナイスポより~

長文にて失礼。本当にジャ二ーズというのは恐ろしいですなぁ。週刊誌というのはネタで記事つくっている側面もありますが、あながち嘘ばかりとは限らないから成立してるわけで。にしてもジャニーズ絡みの醜聞は絶えませんねぇ。対抗できるような男性タレント事務所ができれば違うのでしょうが、そんなのは土台無理な話。今後も日本の芸能界を牛耳るのは彼らでしょうね。あ、ジャニさんがお亡くなりになればどうなるか分からないか。
Σ(・ε・;)

愛しいヒト 

インテル、見事にグループステージ突破!!
o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪

2連敗の後に3連勝とは、なんとも出し入れの激しいことですが、これもインテルくおりてぃw
(´∀`)

にしても、クレスポはリーグ戦に続く決勝ゴール。戻ってきてくれて本当に良かった。
\(^_^)/

パワーだけでなく柔軟性もあり、利他的なメンタリティは誰とコンビを組んでも前線に活力をもたらす。円熟味を増して、ますます有機的なフォワードになりましたね☆

あとは最終戦でバイエルンに雪辱すれば文句なし。首位通過目指して頑張って欲しいものです。
(`・ω・´)

それから、昨日の中村に続き稲本もゴール!!
♪(*^ ・^)ノ⌒☆

http://youtube.com/watch?v=f_o7B3LgMMQ

ゴール正面からの巧みなミドルシュートは彼の真骨頂。チームはボルドーに屈してUEFA杯へも回れなくなってしまいましたが、彼の力が世界中に発信されたのは喜ばしいですね☆

その他の試合は以下の通り。

◆グループA

レフスキ 0-2 バルセロナ

ブレーメン 1-0 チェルシー

◆グループB

インテル 1-0 スポルティング

スパルタク・モスクワ 2-2 バイエルン

◆グループC

リバプール 2-0 PSV

ボルドー 3-1 ガラタサライ

◆グループD

バレンシア 2-0 オリンピアコス

シャフタール・ドネツク 1-0 ローマ

~超サッカーメルマガより~

チェルシーの敗戦がグループAを面白くさせましたねぇ。最終節でバルセロナとブレーメンが決勝トーナメント進出を賭けて直接対決。もちろんバルセロナ有利は揺るぎないですが、ブレーメンの爆発力は怖いですよ。

ローマの敗戦は気候要因でしょう。まぁ、予想通り。バレンシアは快勝でグループリーグ突破が決定しました。怪我人続出でも強いなぁ。

---------- キリトリ -----------

○元・サッカー日本代表の城が引退へ

元日本代表でJ2横浜FCのFW城彰二(31)が今季限りで現役を引退することが22日、明らかになった。23日にホーム三ツ沢球技場で行われる徳島戦の試合終了後、サポーターに直接伝える。31歳での引退はサッカー界に大きな衝撃を与えることになりそうだ。横浜FCは残り3試合で、現在首位に立っており、悲願のJ1昇格のため、城はサッカー人生のすべてを懸ける。

日本サッカー史に名を残すストライカーが重大な決断を下した。城は今季45試合中40試合に出場し12得点。横浜FCをJ2首位に押し上げた功労者の1人だ。高木琢也監督も献身的なプレーを高く評価しており、城自身も「もう一度J1でプレーしたい」気持ちでチームを引っ張ってきた。

しかし、左ひざは限界だった。高校時代に前十字じん帯を断裂。00年の日本代表の中国戦で再度痛めるなど古傷になっている個所だ。だましだましプレーしているが、試合後数日たっても痛みが消えないこともある。納得いくプレーができないことに悩み、8月ごろには「このひざではJ1で満足にプレーすることはできない」と今季限りでの現役引退を決意した。

そしてシーズン終盤にさしかかり、J1昇格の可能性が高まったことから、今月に入って奥寺康彦社長、高木監督ら幹部に引退の意思を伝えた。

クラブ側はまだ31歳で来季も十分に戦力として働ける上に、カズと並ぶチームの顔であることから慰留に努めた。しかし城の決意が固く、左ひざの状態は本人が一番分かることから、翻意は難しいと判断。城の希望に沿い、23日の徳島戦の試合後にサポーターに直接、引退を報告することになった。

引退後は指導者を目指す。既にC級ライセンスを取得済みで、B級を経て順調にいけば08年にはJリーグで監督ができるS級ライセンスが取得できる。関係者には「史上最年少でS級ライセンスを取得したい」と話し、監督としてのJリーグ復帰を目指しているという。

~スポニチより~

色々あった彼のサッカー人生ですが、ここに終止符を打つことになりそうです。私はずっと彼を批難していましたし、何故岡田監督が彼と心中したのか未だに分かりません。「呂比須を使っていれば、フランスW杯での結果も多少は違っていたのではないか」。今でもそう思っています。

それでも、晩年の彼の選手生活はとても尊敬できるものでした。プライドを殴り捨てて、J2という日の目の当たらない場所で戦い続けたことに、ココロから拍手したいと思います。

---------- キリトリ -----------

○存在価値を問われる「ミス慶應」

フジテレビの中野美奈子さんや日本テレビの鈴江奈々さんなどを輩出し「女子アナへの登龍門」として有名な「ミス慶應コンテスト」だが、今年は「スキャンダル」にまみれている。候補者のひとりが「AV出演歴」をささやかれた後に、突然コンテストへの出場を辞退。そうかと思えば、統括担当者のカンニング疑惑が浮上するなど、ミス慶應選出を直前に控え、なにやら騒がしいのだ。

「女子アナ内定者による出来レース」?

「ミス慶應」は例年以上に注目されそうだ 雲行きが怪しくなってきたのは、11月も半ばを過ぎたあたりからだ。11月14日、ある候補者がマネージャーを務めるとされる体育会の部活の掲示板に、「(掲示板の)管理人」が行った書き込みがきっかけだ。「早慶戦のお知らせ及び再度のお願い」というタイトルで、ウェブでの投票を呼びかける内容だ。

この書き込みの最後の一文、「(候補者が)在京民放キー局からアナウンサーの内定をもらいましたことをご報告申し上げます」に注目が集まった。

これに加えて、当初予定されていた23日のイベントでの「当日投票」が、実は行われなくなったことも明らかになり、ネット上では「アナウンサー内定者による出来レースなの
ではないか」といった声が噴出している。

「AV女優疑惑」説が流されている候補者もいる。アダルトビデオ(AV)について語る掲示板を発端に、この候補者と、あるAV女優の顔が酷似している、との声が相次いだ。ご丁寧にも、この候補者とAV女優の写真を並べてみせるブログも多数出現した。それを見ると、微妙に顔の輪郭が違うように見えるものの、目の下にある3つのほくろの位置がほとんど同じだ。

候補者がAV女優と同一人物なのかは不明だが、20日になってコンテストの公式サイトで「本人の申し出によりミス慶應コンテストを辞退することになりました」と発表された。

~j-cast.comより~

ふむぅ…。最近ネットで騒がれているこのニュース。取り上げていいものか悩みましたが、一応「ネタ職人」として触れておきます。大学自体は吸収合併を図るなど順調に日本の私学の頂点として進化し続けていますが、日本人の劣化と共に、学生の質は――それがどこの大学であろうと――凋落の一途を辿っているようですね。

---------- キリトリ -----------

○タイムパラドックスが骨折

25日(土)に東京競馬場で行われるジャパンカップダートに出走を予定していたタイムパラドックス(牡8歳・栗東 松田博資厩舎)は、今朝の調教後に以下の疾病が判明した。
 
右第4中手骨々折(※休養期間は未定)

(JRA報道室発表)

おいおい、上位人気候補だったのに…。これは参ったぞ。
(;´Д`)

---------- キリトリ -----------

○Jリーグやってたお

すっかり忘れてました。。。
(;・∀・)

と、いうことで先ずは結果から。

★後半怒涛の3ゴール!優勝へ向けて止まらない!!

浦和 3-0 甲府
【浦】
ワシントン(後1、23)
山田(後19)

★G大阪、無念のドローで浦和との勝点差は5に…

福岡 1-1 G大阪
【福】
薮田(前7)
【G】
前田(前3)

★川崎、ここで優勝レースから脱落…

清水 4-3 川崎
【清】
藤本(前17、後2、34)
チョジェジン(後7)
【川】
中村憲(前36)
谷口(後3、44)

鹿島 5-1 新潟
千葉 0-1 広島
FC東京 1-2 横浜FM
京都 1-3 磐田
C大阪 1-1 名古屋
大分 1-2 大宮

~超サッカーメルマガより~

折角盛り上がったのに、ここで再び浦和突き放したー
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

そして、藤本淳吾がネ申モードに入りました!!
ネ申..._〆(゚▽゚*)

前節に続くスーパープレーで川崎を粉砕し、中村憲剛&谷口の活躍も完全に消し去る「大物喰い」。
(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ

いよいよJリーグもラストスパート。終わってしまうのは残念ですが、最後の最後、乾坤一擲を見逃さないようにしたいですね。
m9っ`・ω・´)シャキーン

---------- キリトリ -----------

○職場でスーツがキマッていても、私服がイマイチだと×--ランキングジャパン

・クロスネットワークスは「ランキングジャパン」のコンテンツ「注目ランキング」において、「女性から見た男性のダメ姿」をテーマとするランキングを発表した。

このランキングは女性限定SNSサイト「キレイナビ」のユーザー1,000人を対象に、2006年10月30日~11月2日までの期間に女性から見た男性の嫌な姿や態度、身だしなみなどについてアンケート調査を行ったもの。異性としてちょっと気になる相手でも、こんな言動を取られたら百年の恋も覚めてしまうらしい。(一部略)

※女性からみた男のダメ姿ランキング トップ10
1位・飲食店などで、店員に偉そうにする(態度がでかい)
2位・割り勘で10円台まできっちり請求してくる
3位・蛾やゴキブリが出現したときに大騒ぎする
4位・食後に爪楊枝で思いっきり歯の掃除をする
5位・オフィスの机の上がフィギュアだらけ
6位・下着代わりの柄モノTシャツが、ワイシャツの下から透けている
7位・車の駐車が下手
8位・職場ではスーツ姿が決まっているのに、私服がイマイチ
9位・電車の中で携帯ゲームに夢中になっている
10位・おしぼりで顔を拭く

うーむ…どれも基本的には該当しませんが、私には「女性店員に(笑いをとろうとして)絡む」ってのがあるぞ。
Σ(・ε・;)

接客してくれるヒトも楽しんでもらおうと思ってするわけですが、同席する女性からの評判は悪いです(苦笑)。

ってか、「オフィスの机の上がフィギュアだらけ」ってのは別に良いんじゃねぇ?
(゚Д゚≡゚Д゚)?

私の机の上にはありませんが…。

一方、こんなのもありました。

○鼻から煙はちょっと…"女性の萎え姿ランキング"

ランキングデータを集めたポータルサイト「ランキングジャパン(Ranking Japan)」は、「男性から見た女性の萎え姿ランキング」を発表した。その結果によると、萎え姿堂々の1位は「鼻からタバコの煙を出したり、くわえタバコをする」となっている。

このランキングは、ランキングジャパン会員男性1,200名にアンケート調査したもの。傾向として、男性は女性に理想を抱いており、女性的な部分が崩れるような言動に夢を砕かれるようだと分析されている。

ランキング結果のページには、1位~15位までと少数意見が掲載されている( ttp://www.rankingjapan.com/ranking.php?page=742 )。くわえタバコや電車の中で化粧をするなど、同性から見ても「さすがにちょっと」と思われるものが多いが、一方で字がヘタ、箸が正しく持てないなど、意外に細かく観察している人も多いようだ。

※男からみた女の萎え姿
1位・鼻からタバコの煙を出したり、くわえタバコをする
2位・オフィス中に漂うくらい、匂いの強い香水をつけている
3位・電車の中で周りを気にせず化粧をしている
4位・電車の中で口を開けて寝ている
5位・化粧が何となく変(眉毛の形・長さ、厚塗り)
6位・オフィスの机が散らかっている(男の自分より汚い)
7位・付き合ってみたら、家事全般が出来ない人だった
8位・下ネタを何の躊躇なく話す(少しは恥ずかしがって欲しい)
9位・スーパーやコンビニで、スウェットの上下や、ダボダボのジャージ姿で買い物
10位・すごくいい笑顔だけど、歯に青海苔が付いていた

箸のチェックといえば、殿ですな。同じようなヒトって結構いるのね。
( ゚Д゚)

うむ、どちらかというと男の要求の方が細かいような気がする。自分的には、1位と3位以外は別にどれも気にならないですが、8位は男性が女性に対する驚きの中で上位に入るものじゃないかと思われ。結構エグいですよねぇ。男性はそこまで話さないのに、女性同士ではとんでもないことまで話してますもん。あけっぴろげというか何というか、恐い恐い。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

---------- キリトリ -----------

○楽天・野村監督、不退転の決意

2年連続の最下位に終わった楽天の「ファン感謝祭」が23日、フルキャストスタジアム宮城で行われ、約1万7000人の観衆を前に、野村監督が来季に向けての強い決意を口にした。

就任1年目の今季、チームは昨年より9勝多い47勝(85敗4分け)を挙げたが、監督は「来年は言い訳がきかない年。野球人生の最後、すべてをかける。Aクラス(3位以上)に入れなかったら辞めて、次の人に譲る」と、勝負の年にすることを明言した。

~スポニチより~

いや、無理だと思うんですけど…。
( ´ー`)フゥー...

早まっちゃいかんですよ!!
(つ´∀`)つ

仕事が忙しすぎるので雑記 

皆様もニュースなどでご覧になったかと思いますが、セルティック・中村がやってくれました!!!
o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪

格上マンチェスター・ユナイテッドをホームで破り、決勝トーナメント進出決定であります☆
\(^_^)/

ペナルティエリアのやや右、遠目とはいえ左足で「巻く」には絶好の位置から全身全霊を込めて放たれた白球は、名手ファンデルサールが必死で伸ばした手を交わし、ネットに突き刺さりました。

試合通じてのパフォーマンスは決して良くありませんでしたが、彼には勝敗を左右できるほどの卓越したプレイスキック技術があります。一蹴りでチームを勝利に導ける、世界でも数少ないキッカーですね。

ちなみに、この試合のMOMは中村でなくGKのボルツです。PKストップに加えて何度か迎えた1対1も完璧に抑えきりました。

では、その他の試合を以下に。

★グループE

R・マドリー 2-2 リヨン

ステアウア・ブカレスト 1-1 ディナモ・キエフ

★グループF

セルティック 1-0 マン・U
【セ】
中村(後36)

ベンフィカ 3-1 コペンハーゲン

★グループG

アーセナル 3-1 ハンブルガーSV

CSKAモスクワ 0-2 ポルト

★グループH

AEKアテネ 1-0 ミラン

リール 2-2 アンデルレヒト

~超サッカーメルマガより~

R・マドリーは0-2から何とか追いつき、勝ち点1を積み上げました。同組の試合がドローだったことも含めて、彼らには運がありますね。カペッロらしいチームです(苦笑)。

アーセナルはホームで先制されるも逆転勝利、ポルトも相変わらず強いですねぇ。それに比べてミランの体たらくはどうでしょう。ホームに強いギリシャのチームが相手とはいえ、またもや完封負け。いよいよ重症かもしれませんね。
(・_・;)

ただ、負けたものの決勝トーナメント進出は決めました。そこまでに修正できるでしょうか。

--------------------------------------------

○今朝のニュースひとまとめ

今朝はあまり取り上げるべきニュースがありませんでした。日体大レスリング部の男(19)が酔って女子寮から下着を奪ったとか、蛭子能収さんが40歳のハリセンボン・近藤似女性と再婚するとか、それぐらいでしょう。
(σ・∀・)σ

日韓戦は今朝観ましたが、やはりゴール前をこじ開ける力強さと守備における1対1の強さが足りませんね。負けなかったことだけは評価できますが…54.4%もボールポゼッションがありながら、単に「持たされていた」だけの感は拭えず、メリハリがない。また、平山は確かにポストワークをそつなくこなし、シュートも積極的で久々に存在感がありましたが、そこに絡むFWの動きが見えませんでした。左右のミッドフィルダーはサイドを崩し、クロスをしっかり放り込んでいただけに、残念。

---------- キリトリ -----------

明日早朝にはチャンピオンズリーグの残りの試合が行われます。我等がインテルはスポルティングと大一番。ここで勝たないとグループリーグ突破に黄色どころか赤信号が点るので、祈るような気持ちで見守ることでしょう。
(*_ _)人

チェルシー対ブレーメンも面白そうですけどねぇ。

---------- キリトリ -----------

もう1つニュースをば

○佐藤琢磨は高給とり?

伝えられるところによると、F1グリッドの最後尾からレースに挑んではいたものの、日本人ドライバーの佐藤琢磨はF1で最も稼いでいるドライバーだという。

来季から琢磨のチームメイトとなるアンソニー・デビッドソンの2007年の収入が、2万5,000ドル(約3,000万円)になるだろうと報じられていたが、スペインの『Marca(マルカ)』紙は琢磨のスポンサー収入を含む年収が770万ドル(約9億円)に上ると報じたのだ。

一方、2連覇を達成し、来季からマクラーレンに加入するフェルナンド・アロンソの年収は、チーム移籍後にアップすると
見られているものの、2006年の推定年収は当初、720万ドル(約8億4,600万円)だと言われていた。

今回報じられた琢磨の推定年収が正確なものであるならば、琢磨の収入はデビッド・クルサード、マーク・ウェバー、ジェンソン・バトン、そしてジャンカルロ・フィジケラよりも多いことになる。

~F1レーシングライブ(?)より~

( ゚∀℃( `Д´)マヂデスカ!?

それよりも、ちゃんと走れよなぁ…。もっともっとやれるはずでしょ。

Yeovil Town日記1 

【設定】

・Selected Leagues:England(League Two and above)、Italy(Serie A TIM only)、Spain(La Liga only)

とりあえずこんな感じで設定してみた。他に数カ国の選手を全ロードしているはずなんだけど・・・忘れたwww

ちなみに監督の設定は自分自身を投影して、セミプロ出身にしました。あとは何故かイタリア国籍を持っている「ダブルスタンダード」にしてます。我等が日本国は二重国籍認めてないから、実際にはありえないわけですがw

チーム情報はこの間貼ったので良いかなとも思いましたが、一応もう1回貼っておきます。あとはチームの主力選手を。


「Yeovil Town」

このディヴィジョンのチームにしては珍しく借金もなく、移籍金が6Mあり、給与予算も余っている。補強成果次第では、それなりに成長が見込めそうな気がする。関連設備も普通に揃っているし。

「主力選手」

・Chris Cohen

ChrisCohen.jpg


彼が唯一の希望w とにかく久々に下部リーグでやると能力の低さに驚愕しますね。(;・∀・)


「初年度改革案」

メディアの予想は24チーム中21位ということで降格候補扱い。オーナーもサポーターも「降格争い」を覚悟しています。4チームが降格するわけですから、メディアの予想を覆す戦いをしなければなりません。とりあえずRotherhamはマイナス10ポイントからのスタートで、かつメディア予想も23位となっていることから、降格は確定的でしょう。残り3チームの中に入らないよう、なんとかせねば。

このレベルだと移籍資金が6Mしかなくても補強は結構なんとかなるもので、とりあえず30代中盤とかの大ベテランを安価で獲得して戦力値を底上げします。上がり目のないベテランの獲得は「使い捨て」の感もありますが、降格を避けるためにはそうした「ドーピング」は欠かせない。元からいる選手が全く頼りにならないなら、全とっかえでも良いわけで。とりあえず手当たり次第に目ぼしい選手へオファー。取りすぎて持て余すなんて考えは無用。今回は怪我が多いようなので、選手は幾らいても困らないし。

ただ、予算を余らせたまま給与枠を超えてしまった。
(;・∀・)

もっとも、アシマネにフィルターかけてもらって残ったメンバーで使えそうな選手は一握りで、だいたい満足いく補強はできた。あとはローンで補填すれば戦えるはず。とはいえ、ローンをチームが受けても選手が拒否るってケースが続出し、なかなか上手くいってないんですけどね。
(;´Д`)

ちなみにコーチ陣も増員。今回はコーチの人員枠も決められており、いきなりコーチだけ超充実という作戦はできなくなったが、それはリアルに近づく良い変更だと思う。

というわけで、新戦力の発表。

【新加入選手】

・Carl Asaba フリー移籍で獲得

CarlAsaba.jpg


所属しているFWの選手がイマイチなため、このポジションの補強は急務だったが、なかなか良い選手がおらず、やっと見つけたのが彼。この能力でも、チームトップクラスでレギュラー確定です。

・Colin Woodthorpe 英League2のBuryより100kで獲得

ColinWoodthorpe.jpg


37歳と高齢ながら、左サイドバックとセンターバックの両方をこなせる選手ということで獲得。まだスタミナは2桁あるし、能力もそこまで悪くない。

・Sean Dyche 英League1のNorthamptonより100kで獲得

SeanDyche.jpg



35歳の大ベテランで、守備に必要な能力が十分にある。ヘッド、マーク、タックルの数値に見所が。空中戦には強そうだ。

・Ian Tayler 同じくNorthanptomより300kで獲得

IanTaylor.jpg


こちらはなんと38歳です。ただ、中盤の底に入る選手として重要なチームワークやらワークライトやらが高く、精神的な支柱として期待します。

・Alton Thelwell 英ChampionshipのHull Cityより200kで獲得

AltonThelwell.jpg


初の若手選手獲得!!キタ━━(゚∀゚)━━ヨ
彼の加入にファンは喜んでいましたが、非常にバランスの良い選手ですね。特段取り柄はないものの、もう少し基礎能力が伸びれば十分活躍できるでしょう。

・Alan Pouton 英League1のGillinghamより100kで獲得

AlanPouton.jpg



彼も加入を喜ばれた選手。足は遅いが、中盤の底でチームに活力を与えられる好プレイヤー。ドリブルは下手なんで、とっととパスをはたいてリズムをつくって欲しいものです。

・Richard Witschge 蘭セミプロのADO’20より500kで獲得

RichardWitschge.jpg


素晴らしい大物をゲット!!!このレベルではずば抜けた力を持っている元オランダ代表選手。攻撃陣の核として、チームを牽引して欲しい。36歳の彼が活動可能なうちに昇格したいなぁ。

本当は他にも数人の選手と交渉までいったんですが、給与予算枠の関係でオーナーが拒否。これにて補強は終了でございます。

このままだとボスマンでも選手獲れないし、なんとか不要な選手を売っぱらって補強できるようにしとかないとなぁ。移籍資金だけメッチャ余ってるのは意味がない。

同時にコーチやフィジコなどを数人補充。これもオーナー様のご意向を窺いながらのため、そこまでの成果は見込めず。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【プレシーズン】


とりあえず前作で使っていたトレーニングメニューをインポートして、そのままフィジカル強化に注力。テストマッチはいっぱい組まれていたので、それをこなしながら選手の適正を見ていく。

フォーメーションはもちろん4-4-2で、下部ディビジョンということもあり、ダイレクトで繋いでフィニッシュまでというのは断念し、速いテンポで細かくパスを繋ぎ、ディフェンスも高い位置を保って全体をコンパクトに。もちろん私は攻撃サッカーを志向するので、メンタリティは基本的には攻撃的。アウェーではショートカウンターに切り替えるが、ゲームの主導権を安易に渡すことはしない。結果が出なければ改めますが。過去のシリーズでは通用してたから、たぶん大丈夫(根拠なしwww)。
(ノ´∀`*)

にしても、本当に怪我人が多くて困る。特に期待のエースAsabaが最初のテストマッチで潰されて全治2カ月とかってありえないから。
(;つД`)

その後も続々と負傷者が出てしまい、ついにFWのポジションが2人しかいない状態に。レンタルで片っ端からオファーを出しても、「選手が」断ってくる始末。チーム間ではいずれも合意してたのに・・・今作は弱小にはとことん辛いのか?!


【テストマッチ結果】

対 Aldershot(A) 2-2△

英下部リーグのチームとの練習試合が就任以来初指揮となったが、残念ながら引き分けに終わった。スタッツはほぼ互角で、仕上がり具合はまだまだ。Grayの2ゴールが光った。

対 Hearts(H) 0-3●

スコットランドの強豪との試合は戦力値の差を見せ付けられる完敗。どのポジションのどの選手を比較しても相手にならん。

対 Histon(A) 1-3○

ここでようやく初白星。もっともセミプロ相手に1点を失っているようでは話にならないのだが・・・3点はいずれもFWのゴールで、それなりに前線は活性化しているっぽい。Webbなんて能力は滅茶苦茶低いのに、結構個人で打開したり鋭いドリブル見せたりしている。

対 Ipswich(H) 0-2●

上位ディヴィジョンの相手にやりたい放題された。さすがにこのクラス相手だとシュートを打つのも一苦労。収穫なし。

対 Crawley(A) 3-2○

乱打戦を制して2勝目をゲット。ポゼッション、シュート数で上回り、試合を支配しての勝利だけに価値がある。「攻撃陣は」。

対 Braintree(A) 2-2△

最後のテストマッチはシーズンインに向けて良いところを見せて欲しかったが・・・セミプロ相手に2失点で引き分け。6試合で14失点ってどういうことだよ。
ヽ(;´Д`)ノ

『テストマッチを終えての感想』

ラインが高すぎて守りきれないのかもしれないなぁ。もう少し下げた方が良いような気もする。ただ、試合を見る限りでは個人能力で突破されてる感も強い。もちろん、いきなりサイドバックの裏を突かれて独走→ゴールというのも見られたため、依然として見極める必要はある。


―――――――――― キリトリ ―――――――――――

7月31日 Coca Cola League Oneの昇格オッズが発表された。我々は41倍で文句なし(?)の降格候補だ。地元記者からも「今の陣容で降格を避けることは難しいのでは?」と言われたが、私は胸を張って「我々は勇気を持って戦い、必ずや降格を回避してみせる」と宣言した。これによってチームの士気も上がり、格下とのホームでの開幕戦戦は勝利を望めそうだ。

odds.jpg


※相次ぐ怪我人。練習はそんなにハードじゃないんですが・・・しかも、だいたい2週間以上なのがタチ悪い。(;つД`)  既に主力のうち3人は負傷です。

8月4日 Carling Cupの抽選会があり、Southamptonを引き当てました。はいはい、おつかれちゃ~ん。┐(´∀`)┌

8月5日 対 Port Vale(H)

opening.jpg



ホームで開幕戦を迎えられたのは、昨シーズン15位のお陰なのかどうなのか。よく分からないが、折角補強したエース候補など怪我人続出の中で臨んだ暁Yeovil Town初陣は、前へ前へと向かう攻撃的姿勢を前面に出したYeovilが「シュート祭り」を制し、2-1で勝利。白星発進となった。
v( ̄Д ̄)v

openingresult.jpg



【試合後記者会見】

――初の公式戦となりましたが、勝ち点3を手に入れました

「長いシーズンの一歩目を勝利で飾れたことは嬉しいよ。怪我人が多く、チームとしてのコンディションはまだまだこれから上がっていくところだが、出場した選手たちが満足いくパフォーマンスを見せてくれた。この調子でいきたいね」

――メディアからは降格争いが妥当と判を押されていますが

「その前評判が間違ったものだったとシーズン後には皆が気付くだろう。降格の恐怖など全く感じていないよ」

――今シーズンの目標とファンに一言お願いします

「まずは攻撃的な姿勢を貫いて1つでも上の順位を狙っていく。魅力的なフットボールと結果は両立できると思っているからね。ファンの皆さんを失望させることのないよう、精一杯手を尽くしていくのでスタジアムに来て是非応援して欲しい」

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

8日 対 Northampton(A)

アウェー用に某掲示板での好評を見て、4-4-2DefensiveのYeovil Townヴァージョンを作成。この試合で投入してみた。内容はまずまず良かったのだが、一発に沈み0-1で敗戦。

※試合後にマスコミから「PKをもらってもおかしくないシーンがありましたが」と振られたが、「審判には敬意を払わなければならない。確かにLynchが倒されたシーンはPKに見えるが、それをとらないのも主審の判断だ。こればかりは仕方ないよ」と落ち着いた対応を見せた。

こんなのまで増えたのか!!
( ゚Д゚)ヒョエー


12日 対 Brighton(H)

ホームに戻って我々が本命のゲーム。ってか、さすが24チームもいるだけあって日程が厳しい。ただ、そのわりにはコンディションはまずまず。前節で左サイドバックのレギュラーだったRentesが怪我離脱したところへは33歳のベテランJonesを起用。試合は開始1分で先制したYeovilが相手の一発退場などにも助けられて3-2でシーズン2勝目を挙げた。えっと、Jonesがあっさり退場しましたけど・・・。一応、この勝利で順位は4位になりましたw

※やっぱり怪我人多すぎるような・・・。いや、確かに実際のフットボールシーンでも怪我は多いですが、もっと短期間でしょう。こう長いのばっかりだと戦えないですって。
(;つД`)

keganinoosugi.jpg



15日 Mark Lynchが怪我。全治1~2週間だってさ。┐(´∀`)┌ ちょっと練習の付加をMediumの最低ラインまで下げてみた。どうせ能力なんて伸びないんだから、怪我だけしないようにしないと。

19日 対 Carlisle(A)

敵地ながら積極的に攻めたYeovilだったが、相手GKの堅守に阻まれてゴールを奪えず。逆にFKを直接決められて0-1で敗れた。ハイライトはこっちのが多かったんだけどなぁ。
(;つД`)


21日 InterがVillaを6.4Bで獲得!!今季2度目の大型移籍ですな。

23日 対 Southampton(A):Carling Cup 1st Rnd

遥かに格上のチームに一方的な防戦を強いられた試合は、後半に入ってカウンターから一刺し加えることには成功したが、88分に決勝点を奪われて敗戦。シュートは3本しか打てず、枠には1本しかいかなかったが、それをきちんと決められたのは良かった。SkacelやMcBrideという過去のFM日記でお世話になった2人を見られたのも感慨深い。


25日 UEFA Super Cupが行われ、BarcelonaがSevillaを2-1で下して勝利した。

26日 対 Bradford(H)

ここまで負けなしの3位と快走続くBradfordをホームに迎えた。試合前、「サポーター達のために勝利を目指そう」とはっぱをかけた成果か、試合を通じてYeovilが主導権を握ったが決定力に欠け、逆にカウンターから被弾。公式戦3連敗となった。


26日 伊・Supercoppaは、Interが3-1でRomaを撃破し、まず1冠。




○8月最終成績○

出足こそ良かったものの、そこからは苦闘が続き現在は16位。内容は悪くないだけに、降格はせずに済むか。

8gatsu.jpg




続きを読む

【予告】Yeovil Townは進行中 

えっと、長らく「おあずけ」状態になっているYeovil Town日記ですが、明日は取材後直帰で18時前には家へ着けそうなので、ようやく本編を公開します!!
( ・ω・)

それから、いきなりアンケートを貼り付けて驚かれた方も多いかと思いますが、投票ありがとうございました♪12票というのは多いのか少ないのかよく分かりませんが、とりあえず「昇格」に投票された方、いくらなんでも無茶ですって。。。
(;´Д`)

詳しくは日記をご覧頂きたいのですが、8月終了時点で早くも無理だと悟りましたよwww

なお、巷で噂の怪我人ラッシュにも当然悩まされております。
(;つД`)

いや、確かに多くのゲームは怪我がやたら少なく、本来は細かい怪我で常に選手の誰かは欠けてるって状況は「リアル」なんですが、ちょっと程度が頻繁過ぎましたね。でも、ヴァレンシアやバルセロナ辺りは怪我人がFM2007のように続出してますし、パッチで調整するようですが加減は難しそうですねぇ。

さらっとマイルCSについて 

日本馬は本職のマイラーではないダイワメジャーが1番人気になるなど層が薄いが、そろそろ外国馬を止めて欲しい。ここ数年は日本の短距離レースは外国馬の「草刈場」となってしまっているだけに、奮闘を期待したいものだ。

◎ダイワメジャー
○マルカシェンク
▲プリサイスマシーン
×ダンスインザムード
△ハットトリック


本命は天皇賞で見事な復活を果たしたダイワメジャー。右回りは元々得意で、マイルは重賞も制しているように問題なし。一気に突き抜ける脚はないため、流れが速くなると後ろから来た馬にやられる可能性はあるが、前走と同様に上手く先行して抜け出せればGⅠ連覇となる逃走Vが見えてくる。

個人的には、クラシックレースの全レースで買ったマルカシェンクが一押し。2歳時に見せた短距離適正は本物で、中長距離で発揮しきれなかった切れ味がフルに出せる場所かもしれない。あとは頼りない福永が「レースの波」を捌けるかどうか。


一発があるとすれば、昨年も5着と健闘したプリサイスマシーン。前走は何故か全く人気がなかったが、(私のように)彼の性格を知っているヒトには簡単に彼の勝利が読めた。GⅠでは底力的に今一歩も、勝ち切れる強さを持つ馬のいない、このメンバーなら間違いなく勝負になる。

このレースが事実上引退レースとなりそうなダンスインザムードも押さえておきたい。能力的な衰えは確かに見えるが、スピードでは全く見劣らない。花道を飾るために、仕上げも万全だ。

連下候補として、京都適正満点のハットトリックを忘れずに押さえておきたい。彼のような気分屋は、忘れたころに飛んでくるもの。

「デットーリが乗る馬は3馬身違う」と言われるように、世界最高の騎手デットーリが駆るコートマスターピースは何より恐いが…日本馬の頑張りを祈って無印にした。

23時帰りでは何もやる気が起きない・・・ 

今日は仕事が忙しかった…。
(;´Д`)

明日もダイヤモンドシティ・ミューのオープンセレモニー&記者会見に出席するため7時前には家を出るため、適当な日記でお茶を濁させてもらいます。
m( __ __ )m


○ヤクルト・岩村、デビルレイズへ

ポスティングの結果、森慎二が所属するデビルレイズへの移籍が決定しました。日本人野手への評価は未だ定まらないのが現状ですから、落札金額は約5億3100万円と松坂の10分の1以下になりましたが、走攻守3拍子揃った日本人野手を代表する選手だけに、先人に負けない活躍を期待します。井口や城島よりは打つと思うんですけどねぇ。

ちなみに球団は金を外国人選手の年俸高騰に充てるらしいです。全員活躍したから要求額が凄いと嘆いてましたからねw


○人気企業のニセ身分証で「お触り」

日本テレビの人事課長を装い、採用試験に訪れた女子大生にわいせつな行為をしたとして、警視庁は16日までに、風俗店アルバイトの男(37)を強制わいせつ容疑で逮捕した。男は過去にTBSなどの採用試験でも同様の犯行を働いていた。

~サンスポより~

騙される方も騙される方だけど、37歳にもなって何やってんだか。
┐(´ー`)┌

もっと違うことに頭使えよ。


○狂犬病発症

京都市内の60代男性が狂犬病を発症、意識不明の重体となっている。男性は8月にフィリピンで犬に手をかまれて感染。国内での人の感染例は昭和29年を最後になく、海外で感染した日本人の発症例は昭和45年にネパールから帰った男性以来。

~サンスポより~

テレビでもやってましたが、怖いですよねぇ…。人間が狂犬病にかかるとどうなるんでしょうか。やはり狂牛病みたいに脳がいかれて死に至るのでしょうか…。


○新庄、ブレスレットでデザイナーデビュー

デザインしたのは遊気創健美倶楽部のゲルマニウムブレスレット。デザイン考案期間は「2週間くらい」と語ったが、細部にまで注文を出し、4回も作り直したという。

デザイナー活動には意欲満々で、「どこかの球団のユニフォームをデザインしたい」とブチ上げた。

新庄デザインのブレスレットは現在予約注文中で、19日からは百貨店などでも発売される。頭文字のS・Tが刻まれており、価格は10万5000円。

~サンスポより~

さすがは新庄。引退後の生活も華やかかつ自由奔放ですねぇ。


○ディープインパクト、凱旋門賞失格

正式に決まりましたね。サンスポは「寝わら」が犯人だという記事を書いてますが、どうにもこうにも後味が悪いですね。陰謀説は根強く、後に続く人達は一層気を付けないといけないでしょう。

九州帰りで無駄日記 

留守してる間に弟がメイドカフェに行ってたよ☆暁空也です、こんばんは。
(・ω・)/

秋葉原にバイト時代の仲間と行ったらしく、お土産もメイドが描かれたクッキーでしたw
(^_^;)


さて、タイトルの件ですが、九州からようやく帰ってきたので整形外科へ行ってみました。

注)日曜日のフットサルで自爆して左足を負傷

レントゲン撮ってもらった結果は、「そこまで深刻な状況ではない」。靱帯が多少伸びていてるものの、程度としては軽め。一応、「アンクルクロス」とかいう簡単な固定具は装着させられましたが、3週間もすれば全開で走れるし、激しくなければ痛みの度合いに応じて戦線復帰して構わないとのこと。

にしても、薬まで含めた「自爆テロ代」は高いものになりました。
(*´Д`)=з


では、本日のニュースを。やっぱりサンスポが1番だな。2ちゃんねるにもいくつか引っ張りたいニュースがあったので載せておきます。


○巻佑樹、名古屋入り

以前に日記で取り上げた巻の弟が、名古屋に入団することが決まった。体格、プレー共に兄と似ているとあって複数のJクラブが獲得を目指していたが、環境面などから名古屋を選んだ。

顔も似てるんですよねぇ。「彼の方がテクニック的に優れている」なんて評判もありますから、期待は大きいです。名古屋の前線は層が厚いですが、タイプ的に唯一のヨンセンの控えとなるだけに、チャンスはあるかもしれません。


○日本対サウジアラビア

一応、試合は全て観ました。

ボールをよく動かして相手に的をしぼらせず、左右のサイドバック+サイドハーブが見せる連動した前への動きも効果的。幅広くピッチを駆けてポストプレーからプレスまでを勤勉にこなす巻と、これに絡んでゴールを狙う我那覇というFWコンビも、まずまず機能していました。

お互いに予選通過が決定しているため、「テスト試合」となったわけですが、そうしたイーブンな状況をしっかり勝ちきったことはポジティブな結果と言えます。

ただ、どうせなら、もっと若い選手達を使って欲しかったとは思います。能力が把握できている選手よりも。


○国際Aマッチ

スペインがルーマニアに0-1で負けたぁ…。
(*_*)

どうなってんの、スペインは。
┐(´ー`)┌

親善試合とはいえ、寂しすぎる結果です。

注目のイングランド対オランダは1-1、イタリア対トルコも1-1、フランスはギリシャを1-0で下し、ブラジルは2-1でスイスに勝利しました。

一方、ユーロの予選も数試合行われましたが、ドイツがアウェイとはいえキプロスに引き分けてしまいました。


○藤原紀香、陣内智則と結婚

女優、藤原紀香(35)が来年1月にも結婚することが15日、分かった。スタイル抜群で才色兼備の人気女優を射止めたのは何と、お笑い芸人の陣内智則(32)。誰もが耳を疑いそうな仰天カップルだが、出会いとなったドラマ共演から5カ月しかたっていないから2度驚きだ。3歳年下で身長も3センチ低く、年収格差をも覆した陣内の大金星ゲットは、独身男性の大きな希望となりそうだ。

本当はトップニュースにしようと思ったんですが、一応芸能ネタは最後かなと。過去にはSkoop On Somebody(予測変換万歳w)のボーカルとの交際が話題になってましたけど、まさか陣内智則とはね。
( ̄○ ̄;)

好きなお笑い芸人なんで嬉しいですが、とても意外でした。


○大泉洋、年上の元“現地妻”が告発「私は4年間もてあそばれた!」

北海道のローカル番組が全国的に人気を呼び、一気に売れっ子となった大泉洋。彼が10数回に渡って関係を続けていた女性が仙台にいた。「都合良くもてあそばれた」と語る彼女の辛辣告発!

(中略)

「すごく確認してくるんです。『絶対にこれは許されないことだから。内緒にしてくださいね』って」(A子さん)

初エッチでA子さんが驚いたのは、彼が要求してくるプレイの数々だった。「なぜか必ず、鏡の前に連れていかれて、鏡を見ながらするんです。」行為の最中も『鏡見て、鏡見て!』って。そのとき、私に足を広げるようにとか、いろいろ注文してきました。それから、基本的に受け身。自分が舐められるのが好きなんですよ。騎乗位も好きらしくて求められたんですが、私、やったことがなくて、できませんでした・・・。」

(中略)

この後、2人は数十回にわたって関係を重ねることになる。基本的には東北での逢瀬だったが、一度、彼女は東京にも来たことがあるという。4年間にわたる大泉との関係についてA子さんは

「自分がエッチできるときしか連絡してこないんです。演劇の感想とか、日常会話のメールとかにはいっさい返事をくれませんでした。私のことを何ひとつ知ろうとしないし、何ひとつ教えてくれない・・・。今考えると、エッチの道具に使われたとしか思えません。それに私、会うときはいつもお土産を持っていってたんですけど、彼は何もくれませんでした。彼の存在が感じられるものなら何でもよかったのに・・・」(フラッシュ記事より引用)

こんなの載せてよかったのでしょうか…。
(;´Д`)

かなり淫猥で酷い内容ですが…不快に思われた方がいらっしゃいましたら申し訳ないです。
m( __ __ )m


○恋人を取られても仕方ないと思う女性アーティスト

「付き合っている相手に、自分よりも魅力的な相手が現れたらどうする?」ということで、ORICON STYLEが“この人になら恋人を取られても仕方ないと思う女性アーティスト”調査を行った。

結果は倖田來未が1位。2位は浜崎あゆみ、3位は安室奈美恵。女性たちが負けを認められるのは、ルックス、スタイル、センス、どれをとっても完璧な歌姫たちという結果になったが、この見解は男性たちとはかなり温度差があるようだ。

なぜならオリコンスタイルが行った“恋人にしたい女性アーティスト”は、1位大塚愛、2位YUI、3位aikoで、女性の意見とはひとつも重ならない。男性が選んだのは、普通っぽい癒し系で、理由も「一緒にいて楽しそう」などの実用的な意見ばかり。

しかし、女性からしてみると「あんな普通の子に負けたなんて!どこがいいの?」と思うよりも、誰が見ても明らかに自分よりイケてる子なら、諦めがつくのかもしれない。

そして、“あゆ”よりも、“安室ちゃん”よりも、 “くぅ”を選んだのは、アネゴ肌で面倒見がよさそうなだから、ダメ彼氏を安心して任せられるから? もし、別れた相手のしあわせを心から願えるなら、間違いなくイイ女のはず。なーに、恋(鯉)なら、池にいっぱいいるさ!

~オリコンより~

文章が後半「痛い」のは、書いたヒトに言って下さいw


○男のルックスで「これだけは嫌」というポイント

ルックスについては、1位が「不潔っぽい」、2位が「太っている」でした。

この2つに共通するのは何だかわかりますか? それは、「努力次第で改善できる」という点です。身長の低さや顔立ち、髪の薄さはその男性に責任がありませんが、不潔とか太っているというのは、本人の怠慢が招くものです。

コメントを見ても、「不潔な人はすべてにおいてもだらしなさそう」「不潔でいることは、私に気を使ってくれていない証拠」という意見や、「自己管理ができないから太るのでは?」という意見がほとんど。

やっぱり、少しでもいい男でいる努力をしてくれる男性がいいですものね。

1位 不潔っぽい 50.3%
2位 太っている 14.5%
3位 自分より身長が低い 12.1%
4位 ダサい 10.1%
5位 顔が好みではない 8.1%
6位 髪が薄い 9.0%

~ヤフー調べ~

なるほどねぇ。でも、結局は何だかんだで「顔が好みではない」につきると思うんですけど、女性の皆様はいかがでしょうか??


○2006年秋、男性につけて欲しい香水はブルガリ

1位 ブルガリプールオムオードトワレ
2位 ブルガリブラック
3位 アラン・ドロン・サムライ
4位 ブルガリアクアプールオムオードトワレ
5位 ジバンシイウルトラマリンビーチボーイ
6位 カルバクラインエタニティ・フォーメン
7位 ブルガリプールオムエクストレーム
8位 グッチラッシュフォーメン
9位 シャネルエゴイストプラチナムオードゥトワレット
10位 ドルチェ&ガッバーナプールオムオーデトワレ

~オリコン調べ~

香水好きな私ですから、ここに載っているうちの幾つかは持っていますが…本当に香水がどうとかって思ってる女性なんていないんじゃないかと思うんですけどねぇ。

でも、また無駄に自分を切り売りしますが、「昔付き合っていたどうしょもない彼氏がサムライ好きだったたから、サムライだけはやめてほしい」って言われたことはありますねwww
ドSの本領発揮、何度かサムライつけてあげましたがw
(・∀・)

話が逸れましたが、ジバンシイのウルトラマリンやブルガリ全般は甘い匂いでもさっぱりしたのが多いです。一方、グッチは好みが分かれるところでしょうねぇ。香りが結構キツイので。


○【女性閲覧禁止】大事なのは時間より中身??【重要問題】














早漏気味で悩んでいる人は、「大東製薬工業」の「早漏の定義について」で自分が早漏かどうかをチェックしてみよう!ちなみに「女性パートナーが希望する膣内射精潜時(膣内にペニスを挿入してから射精までの時間)」は、平均15.7分とのことだ。

~にゅーあきば.こむより~

( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)フーン


●「大黒はテクを磨けばシェフチェンコ」出場機会を与えていないザッケローニ監督が発言

大黒将志のイタリアでの挑戦は、およそ順調とは言い難い。11節を終了した時点での出場は4試合のみ。そのうち、90分間ピッチに立っていたのは、8節のフィオレンティーナ戦だけだ。

しかし、トリノを率いる名将アルベルト・ザッケローニ監督は、大黒を決して見切ったりはしていない。むしろ、その潜在能力、順応性、意欲の高さを歓迎している。

「彼がトリノへ来て間もない頃、じっくりと観察させてもらったんだ。彼は実に勤勉で、どんな指示に対しても理解を示す。労働を美徳とする文化の中で育った青年、という印象を受けた。チームのために良く働くし、スペースを探し出す動きも機敏で鋭い。これは本心から言うのだが、彼にそうした点を見出せたのは、私としても予期せぬ驚きだった。まさにゴールゲッターとして欠かせない素質を備えており、そのアグレッシブなスタイルが、日本のファンに愛されていたのだろうと思う」

少しばかりリップサービスが過ぎる印象を受ける。驚きの存在である割には、出場機会を与えていない。だが、ザッケローニはなおも日本の小柄なストライカーに言及する。

「常にゴールを狙うマサシの姿勢は、シェフチェンコに通じるものがある。シェフチェンコのような力強さはないが、間違いなく彼と同じ特徴を持った選手じゃないだろうか」

シェバにセリエAの奥深さや狡猾さを教えた本人であるザッケローニが、大黒をシェフチェンコに例えたのは、見逃せない事実である。

ただ、もちろんザッケローニは大黒とシェフチェンコを同列と見ているわけではない。あくまでも“飛躍的成長を遂げれば”という前提で、そう評価している段階だ。

「マサシはもっとテクニックを磨く必要がある。例えば、相手を引き付けてパスを出す時など、雑なプレーをすることがある。パスの精度はあまり高くない。初めてスタメン起用したフィオレンティーナ戦でも、彼は多くのミスを犯した。とにかくテクニックの向上が必要不可欠だ。彼は現在ではイタリア語で不自由なく会話をしている。通訳なんて大抵いらないほどだ。そうした面も含めて、彼の上達への意欲は旺盛だから、もっと成長できると信じている。そうなれば、自然と出場機会も増えてくると思うよ」

~ライブドアスポーツより(たぶん)~

そして、身に付くことなく使われることなく終了www
馬太目 ぽ..._〆(゚▽゚*)

お知らせ 

宣言していたにもかかわらず、FM日記の公開に至らず申し訳ない。
m( __ __ )m

今日から2泊3日で九州へ出張に行ってきます。
( ・ω・)∩

水曜日夜には更新するかもしれませんが、あまり期待せずにお願いしますwww

コメントなど頂いた分についても、水曜日にお返事いたします。

ではでは、また近いうちに☆
(*^ー゚)/~~

4時半起き成功の朝 

FM日記は明日ようやく公開します。それまでは雑談で勘弁を。
m( __ __ )m



○松坂大輔、レンジャーズへ?!

レンジャーズの本拠地があるテキサス州の地元紙が伝えたもので、落札金額は3000万ドル(約35億1000万円)近いと報じている。一方の西武はこの日、取締役会を開かず受諾を先送り。14日に松坂本人も出席するWBC優勝祝賀会で、華々しく移籍先発表というシナリオを用意している。

レンジャーズは大塚がいる球団。日本人の投手リレーが実現すれば痛快ですが、果たしてどうでしょうか。


○ロナウド、また負傷離脱

国王杯に出場したR・マドリーの「白豚」ことロナウド君は、見事今季公式戦初ゴールをゲットしたものの、左ひざを負傷。1カ月程度の欠場となる見通しだ。

本当に使えないなぁ、こいつは。
┐(´ー`)┌

そのくせ不満ばかり良いやがる。カペッロにしてみれば放出したくて仕方ないんだろうに。


○また文科省に自殺予告

新たに5通が届いたとのことだが、今後は愉快犯も出てくる可能性があるため、伊吹文科相は「混乱させるような手紙は慎んでもらいたい」と話した。

ただ、北九州市小倉では、いじめによる自殺予告手紙を投函し、実際に自殺したと思われる生徒が出ているため(現在調査中)、今後も暫くは非常事態が続きそうだ。

どうなっちゃうんだろ…。情けない国、頼りない親、役立たずな教員、ひ弱な子供。原因は全部にある気がしてならない。


○ブレーメン対ドルトムント

観ましたよ、朝起きて。

超前傾姿勢のブレーメンを鋭いカウンターでドルトムントが反撃に転じるという、スリリングかつ展開の速いゲームは1-3でドルトムントが勝利した。

ドルトムントは、FW1枚を残して中盤に人数をさき、自陣中程から猛烈なプレスをかけて、そこから一気に長いパスで裏を狙うという戦術を徹底。サイドバックが積極的に上がるブレーメンの攻撃を逆手にとり、巧みにサイドバックの裏から侵略した。

ドルトムントではチンガの活躍が目立った。フィジカルにモノを言わせてボール奪取に奮闘し、カウンターの際はエリア内へ飛び込みシュートを狙う。ドルトムントの2点目は彼が奪ったものだ。

敗れたブレーメンは、攻撃陣のパフォーマンスは悪くなかったが、守備陣が壊滅。前後左右いずれの揺さぶりにも弱く、ラインコントロールも稚拙で、やすやすと1本のパスから突破を許し、ピンチを重ねた。相手FWのシュートミスに救われなければ、あと2点は入れられていただろう。


寒い中、早起きしたかいのある面白いゲームでした。クローゼの3人抜きスーパーゴールも見られましたし。
o(^▽^)o

クローゼは高さ、速さ、テクニックの揃った素晴らしいFWになったものです。左右に流れてエリアへ突っかけたり、ボックス内で待って勝負もできる。ブンデスリーガ以外でも十分活躍できるはずです。

とにかく、この試合には敗れましたが、ブレーメンのフットボールは魅力的です。あんなチームの監督になれたら楽しいでしょうね。

FMもやらず雑談ばかりで申し訳ないですが 

○世界一長身の男性は中国人

中国人の喜順さんは身長長なんと2メートル36センチ。ギネスが「生存する世界一背の高い男性」と認定している。ちなみに「世界一背の高い女性」は2メートル31センチで、最も重い男性の体重は635キロ、最も細いウエストは38センチだという。髪の毛の最長は約5メートル63センチで、少なくとも31年間ハサミを入れてないとか。

2メートル36センチの男性の写真が載ってるんですが、やっぱり杖が必要なんですねぇ。しかも顔は異常長身者の宿命ともいえる「ジャイアント馬場顔」。さすがにこれほどの身長は要らないなぁ…。ちなみに私の中学生時代の理想は191センチでしたw


○PS3、明日発売

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、「プレイステーション3」を11日から世界に先駆けて国内で発売する。次世代DVD「ブルーレイディスク」再生装置を搭載し、高画質が特徴。生産遅れによる品不足から、手に入れにくい状況が予想される、

PS2は私が2台とも買いましたが(途中で壊れたから)、今回は弟が買ってくれるみたい。ただ、いきなり買っても初期不良などが怖いため、もう少し経ってから買うとか。私は今やPSでは「ウイイレ」かアトラスのゲーム(メガテン系)しかやらないですから、弟に任せるのが吉。ありがたいことです。
(^ε^)


○文科省にまた自殺予告手紙

高校2年生女子と名乗り、11日に自殺すると書いてあるとのこと。

本当に嫌な時代になりました。そういえば、いじめの現場を撮影した動画がネットに流れて…というのもあった。どうなってしまうんでしょうかね。今朝、めざましテレビで社会人から教職を目指すヒトのための学校についてやってましたが、私もついつい考えてしまいました。


○中田英寿氏、タヒチで美人モデルと熱愛ツーショット

中田英寿氏が、タヒチで日中ハーフのモデル、白雪(20)とセレブバカンスを過ごしていたことが分かった。今日発売の「FRIDAY」が報じている。

同誌によれば、2人は先月、タヒチ・ボラボラ島の超高級コテージで2泊3日のバカンスを過ごした。1泊1当たり23万円以上のロイヤルスイート。2人とも水着姿で、親密度はかなり高そうな雰囲気だったという。

これまで女優、宮沢りえとのキス写真を雑誌に掲載されたり、女優や金髪のデンマーク人モデルなどとのデートも目撃されてきた。

今回のお相手は、中田氏好みの「黒髪にスレンダーな美女」。日中のハーフで、芸能界デビューは10歳。軽自動車で高い人気を誇る三菱自動車「i(アイ)」のCMにも出演し、3人組ユニット「東京コールプロジェクト」ではコーラスを担当しており、今月15日には同ユニットでシングル「愛の東京コール」を発売予定だ。

ふ~ん。個人的には興味のない顔ですが、中田がよくキャッチされる相手の顔はこんな系統ばかりですな。なるほど。

「中田といえばHG(ハード●イ)」がネットでは通説となってますが、いつか結婚するのでしょうかね。


~以上、全てサンスポより~


○はらたいらさん、死去

クイズ番組の名物解答者として知られる漫画家のはらたいら(本名原平=はら・たいら)さんが10日午後0時7分、肝不全のため埼玉県富士見市の病院で死去した。63歳。高知県出身。葬儀・告別式の日取りなどは未定。

10代のころから漫画雑誌に投稿を始め、63年にデビュー。「ゲバゲバ時評」「モンローちゃん」などを発表し、批評精神の利いたナンセンスギャグが注目された。

76年からは、博識ぶりを買われて、TBS系テレビのクイズ番組「クイズダービー」にレギュラー解答者として出演し、正解率が高いことから「はらたいらさんに○○点!」というフレーズで親しまれ、約16年間にわたってお茶の間の人気者となった。

パソコンや英語への挑戦など等身大の目線で中高年を応援する著書も多く、50歳前後から苦しんだ男性更年期障害には正面から向き合って体験記を出版した。

~日刊スポーツより~

はらたいらさんに3000点は超メジャーなギャグですよね。ご冥福をお祈り致します。


○日ハム、見事な逆転勝利

東京ドームで行われたアジアシリーズ、ラニュー×日本ハム戦は日本ハムが2-1で勝利した。

試合は4回まで両チーム無得点だったが、5回に曾豪駒が日本ハム先発武田勝の打球を捉えてレフトスタンドにソロホームランを放ち、ラニューが先制する。

ラニュー先発雷鵬に7回まで抑えられていた日本ハム打線は8回、先頭の代打稲田が内野安打で出塁すると代打紺田が送って1死2塁のチャンスを作る。

ここでラニューは先発の雷鵬から魔鋭に交代。ところが魔鋭が乱調で2者連続四球となり、日本ハムは1死満塁の大チャンス。田中賢介が内野ゴロに倒れるも俊足稲田が好走塁を見せホームへ生還し同点に追いつく。さらに小笠原が犠牲フライを放ち日本ハムが逆転!

このあとは武田久、MICHEALの継投でラニュー打線を抑え日本ハムが2連勝した。

家に帰って夕飯を食べながら見てましたが、逆転しそうな雰囲気があって、その通りに逆転してくれました。さすがに勝負強いチームですね。日本一のプライドも強くしているのかも。
。・゚・(ノ∀`)・゚・。

この調子で決勝トーナメントも頑張ってくれ!!!


---------- キリトリ -----------

実は来週の月曜日から水曜日午前中まで九州に行ってきます。広い九州ですが、行くのは博多と小倉だけ。天神地区を拠点に2泊3日の短期滞在でございます。

安宿で宿泊費浮かし、出張費と合わせて美味しい物を食べたり、お土産をたんまり買ったりしないと♪
(ノ´∀`*)

今回はPC持っていかないので土産をいっぱい溜め込めるぞ(おい)
(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

まぁ、取材ばっかりで時間があるかっていう問題はありますが、適当に買ってきますね。どなたかお勧めあれば教えて下さい。
m( __ __ )m

拠り代はどこにあるか 

人はその日々書き換えられていく人生という物語の中で、常にヨリシロを求めている。

それが対等な個体である「ヒト」か、帰属するという温かみを付与してくれる「集団」か、はたまた根源的な存在証明としての「意味」かは、それぞれに様々であるが、いずれにせよ、帰巣意識が並外れて強い人類の日常行為は、全て依存と自立の連鎖において帰結する。

集約される。


これは決して悪いことではないのだが、特に精神的に脆弱な若年層や女性は、ややもすれば依存心ばかりが旺盛になり、依存という行為に対して真意や価値を抱いてしまうことになりかねない危険性を孕んでいる。

自傷行為や強度の他人依存、自己消化機能の未発達、代替可能対象への即時転換などは、概ねその悪しき症例と言えよう。

幼稚なる魂が、現代社会というイカレた迷路の中では発達し過ぎてしまった自我や肉体を制御できずにいるから、器(うつわ)ばかり巨大化し、やがて支える土台(=魂)が耐えられなくなる。

理想ばかり華美に飾り、その癖に簡単に繰り返される、薄っぺらい繋がりの数々。吐いて捨てるほど余っているから、永遠さえ無尽蔵に見えてしまうのだろう。

盲目な、哀れなる子羊達の逃走。

土台のない器は、何を幾ら積んだところで結局は傾き倒れるだけのコトなのに…。

拠り代は、決して自己陶酔をあてがう対象ではない。

自らを律し、奮い立たせ、活力を生み、何かを築き上げるための「自負」であり「誓い」であるはずだ。

そこへ辿り着かない限り、ヒトは本当の拠り代を見いだせず、ただくすぶり続けて、大事なモノを逃していくのだろう。

カタチだけの憐憫を頼りに──。

裏にある嘲(あざけ)りに気付くことなく──。


道標となる真の対価を、早く見つけなければならない。

汚泥が乾ききり、浄化する術を失う前に──。





どうしてか、ヒトは自らの独り善がりを認めたがらない。その実、帰属意識が強いくせに、全てを放り投げて独りになろうとする。曰わく、唯我独尊──。

他人の領域に踏み込むのを躊躇し、仮初めの嘘っぱちな「優しさ」で繕うことに慣れすぎると、やがて湧いてしまう厄災。人災。

拠り代を求める側も、なる側も等しく意義を抱きしめ、感情を打通させなければ何ら意味も優しさもないのに、その小さな理解さえ躊躇するから、どんどんと削がれていき、やがて芯棒は倒れてしまう。

一度倒れてしまったモノを再び立てるために込めるチカラがどれだけ膨大か…誰もが解っていても、何故だろう、繰り返されるのは悲劇ばかり。

オトナになれば、オトナでいれば、万事が丸く整うと思っていた。

愚かしいまでの誤認だった。

もっとも、「子供」はより、子供らしい愚鈍さと矮小さと、見るに耐えない児戯を繰り返していて、この所は「こんなモノにココロを奪われてたのか」と愕然とし、比肩する環境なきゆえの「幻視」だったのだと深く悟る。

幸せか不幸せか解らないが、気付けてしまった自分の「青さ」を多少恥じ入ってしまう。

だからと言って、懐かしき日々が汚点に堕ちることはないが──。


定点観測という言葉、価値。定点が上下すれば、観測の意義や角度も変わる。今居る位置はそれなりに高く、かつ見やすいようだ。

関わり合う事象の質の高さが、それを表している。

絡み合う複雑な愛情と、誰かへ惹かれていく昂ぶりと、全方位を独り眺める平穏とが混じり合い、夜はまた「物想う刻」に換わる…。


---------- キリトリ -----------

○フランクフルト・高原、2試合連続決勝ゴール

どうした「ミスター100%」(注:ゴール前で確実に外すことから、当時所属していたハンブルクの地元紙に名付けられた)、なんとなんと2試合連続でゴールゲットです!!!
(((゜д゜;)))

しかも、味方のシュートがそのままでは止められてしまうのを予測し、走り込んでダイビングヘッドでコースを変えるとは、驚嘆すべき見事なパフォーマンス。日本人プレイヤーってのは「確変」中は滅茶苦茶素晴らしいゴールを生み出しますねぇ。稲本しかり。

このゴールが勝ち星に繋がったというのも価値があり、今季は5点くらいは決めそうな勢い。7点いけば万歳って感じかな。


○IZAM、吉岡美穂が結婚

人気タレントの吉岡美穂(26)と3人組バンド「SHAZNA(シャズナ)」のボーカル・IZAM(イザム=34)が結婚することが8日、スポーツ報知の取材で分かった。今月中に入籍する予定で、吉岡は現在、妊娠3か月。2人は昨年11月に知人を介して知り合い、極秘交際を続けていた。まだ同居はしておらず、結婚式は来年を予定している。IZAMは1999年9月にタレント・吉川ひなの(26)と離婚しており、再婚。

元祖癒やし系アイドルが電撃結婚する。吉岡が選んだお相手は、このほど6年ぶりに活動を再開させたばかりのロックバンド「SHAZNA」を率いるIZAM。2人の交際はこれまで一度も報じられたことがない。癒やし系と元ビジュアル系の
異色カップルの誕生だ。



スポーツ報知、渾身のスクープです。芸能スクープといえば、スポニチや日刊スポーツが有名ですが、やりましたね。

IZAMといえば、例の吉川ひなのとの「7日間結婚」が印象深いですが、あれは何だったんでしょうかねぇ…。
┐(´ー`)┌

今年はSHAZNAの復活新生があったり、舞台での活躍を増やしたりと活躍の目立ったIZAM。今度の結婚生活はどれくらいもつんでしょうか。吉岡美穂の体には赤ちゃんがいるとのことですから、失敗なきようお願いします。

ちなみに私にとってのスポーツ報知といえば、就活中、各部署の長が勢揃いした圧迫面接でボロボロになり落ちたという懐かしい思い出が(苦笑)。面接対策とは無縁の就活だったので、結果的にダメダメな状況を招いてしまいました。今から考えると、JRAやら他のスポーツ紙やらの面接も酷かったなぁwww
(-.-;)


○ワコール、京都パープルサンガとユニフォーム契約締結

観客“寄せて”成績“上げる”!?J1京都が来季から地元企業で、スポンサーのワコールとユニホーム契約を結ぶことが8日、分かった。女性下着ブランドがサッカーのユニホームを手掛けるのは異例中の異例で、超ハイテク素材を生かした高品質の“戦闘服”になるのは間違いない。J1残留を懸けて苦闘が続く06年シーズン。J1でお披露目するためにも残留は譲れない。

女性下着ブランドとサッカーのユニホーム。連想さえ不可能な“コラボ”が07年の古都で実現することになった。京都が来季からワコールとユニホーム契約を結ぶことが判明。ワコール製の下着、いや戦闘服を身につけたJリーガーが来季のリーグ戦に登場する。

「今までの女性下着メーカーというイメージを打ち破って、スポーツウエアも扱っているというのをアピールしたい」

本紙の取材に、ワコール広報部は決定に至った経緯を明かした。固定したイメージを脱却したいワコールに対し、地元密着型のチームづくりを目指すクラブは京都市に本社を置く同社にアプローチ。両者の思惑が合致して、今回のプランが実現に至った。

ただ、ユニホーム契約を結ぶパートナーは、当然のごとくスポーツメーカーが主だけに、Jリーグの承認を取る作業も難航。粘り強い交渉が実って、最終的には各クラブの合意を取りつけた。

女性用の下着がメーンの同社も、最近はスポーツアンダーウエアなども手掛けている。その一つが「CW-X」と呼ばれるもので、マリナーズのイチロー、プロゴルファーの青木功らトップアスリートが愛用している。運動性、快適性、吸汗速乾性に優れており、超ハイテク素材がそのままユニホームに流用される。

京都の梅本徹社長は「詳細は言えない」と明言を避ける一方で「楽しみにしといて」と交渉が順調に進んでいることを示唆した。

~スポニチより~


うちの会社とは縁の深いワコールさん。まさかサッカーのユニフォームに手を出すとは思いませんでした。
( ̄○ ̄;)

インナー系ならイチローと組んで素晴らしい商品を出されてますが、スポーツ用品メーカーでもあるまいし、大丈夫なんでしょうか。

もっとも、1番「大丈夫か」って心配なのは京都パープルサンガ自体ですよね。降格の可能性は限りなく高い…。


○スルツカヤ、引退せず?!

現役引退を報じられたフィギュアスケート女子で世界選手権を2度制したイリーナ・スルツカヤが7日、「まだ終わっていない」と話し、引退説を否定した。アイスショー出演のために滞在している米国で電話取材に応じた。引退報道に関しては「ばかげた話。記事を書いた記者に会ってみたい」とキッパリ。

某巨大掲示板をはじめ、あれだけ彼女の引退をオシムコメントで持ち切りだったのに、まさかの誤報ですか?!
\(゜□゜)/

豪州にはためく日本国旗 

★豪州GⅠメルボルンカップで日本馬が1、2着!!

第146回メルボルンC(7日、オーストラリア・フレミントン競馬場、GI、3歳上、ハンデ、左・芝3200メートル)
は、岩田康誠が騎乗したデルタブルース(栗東・角居厩舎 父ダンスインザダーク)が快勝し、賞金300万豪ドル(約2億8000万円)を獲得した。2着にD・オリヴァーが騎乗したポップロック(栗東・角居厩舎 父エリシオ)が入り、日本馬のワンツーフィニッシュとなった。

日本調教馬の海外GI制覇は15度目(12頭目)。同レースをオーストラリアとニュージーランド以外の馬が勝ったのは史上3頭目。岩田騎手は海外GI初制覇で、日本人騎手がオーストラリアGIを勝ったのも初めて。

デルタブルースは積極的な競馬で直線入り口で先頭に並ぶとそのまま押し切り、菊花賞以来のGIタイトルを豪州最大のレースで獲得した。ポップロックは直線よく伸び2着を確保した。

◆岩田康誠騎手の話
「馬場に入るまではすごく緊張したけど、ゲートに入ってから開き直れた。ゴール前でポップロックが来たのは分かったけど、ちょっとだけ勝ったかな、と思った」

◆角居勝彦調教師の話
「(担当馬の1、2着は)信じられない、という気持ち。検疫厩舎(きゅうしゃ)で比較的自由に調教をやらせてもらえたし、さまざまなリクエストも聞いてもらえたことが、いい結果に結び付いたと思う」

◆日本中央競馬会(JRA)高橋政行理事長の話 
「オーストラリアで最も伝統のあるレースでの1、2着は素晴らしいこと。日本のサラブレッドの実力を世界に示してくれたことをうれしく思う」

~サンスポより~

ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

いやぁ、やってくれましたよ!!!
(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人

欧州では馬場適性の差で苦杯を舐め続けている日本馬も、米国、豪州、香港、UAEなどでは大活躍中です☆

もっとも、今回遠征した2頭は重い馬場でも持ち味を失わない「重厚」なタイプなだけに、むしろディープインパクトよりも海外適正は高い気はしますけどね。

いずれにせよ、近年は豪州遠征馬の惨敗が続き「(あまりの体たらくに)何故遠征してきたのか」などという批難も出ていたため、そうした雑音を一掃する日本馬のワンツーフィニッシュには胸が空きました。
v( ̄Д ̄)v

しかし、なんだかんだ言って角居調教師は優秀な方ですねぇ。ディープの池江師も確かに優秀な方ですが、「角居師の下で遠征してれば結果も違ったのかな」なんて馬鹿げた妄想を抱いてしまうほど、海外実績を積み上げてますね。
(・∀・)チゴイネ!


★大型トレード相次ぐ、今度は谷が巨人へ

オリックスの谷佳知外野手(33)と巨人の鴨志田貴司投手(22)、長田昌浩内野手(22)が交換トレードされることが分かった。7日、両球団から発表される。

谷は1996年のドラフト2位でオリックス入り。2003年に最多安打、02年に盗塁王を獲得するなど、俊足好打の外野手として活躍。2004年のアテネ五輪には「長嶋ジャパン」の一員として出場、銅メダルを獲得した。通算1237試合で打率2割9分9厘、97本塁打、552打点、144盗塁を記録している。

鴨志田は2002年に巨人に入団し、主に中継ぎで34試合に登板。長田は2003年に入団、12試合に出場している。

巨人は外野が高橋由、清水、亀井ら左打者が多いことから、右の外野手が補強ポイントの一つとなっていた。一方、オリックスは若手の内野手が手薄なことに加え、速球派投手の獲得を目指していた。

もう、正式に発表されたんでしょうかね。結婚してから成績がガタ落ちの谷ですが、怪我もあったわけで万全ならまだまだ甦ると思うのですよ。ただ、年俸は高いですし、将来性ある若手2人を出してまで獲る選手なのかは疑問です。
( ・ω・)

---------- キリトリ -----------

なんとなく、新しい機能がついていたのでアンケートなどを仕掛けてみました!!

ってか、誰ですか「昇格」に投票している方はwww
(;´Д`)

そのうち日記を公開しますが、Yeovil Townのメディア順位予想は24チーム中21位で、所属しているリーグは4チームが降格ですから、バリバリの降格候補。
(;つД`)

昇格なんてできませんって(なら書くな)。

鞘に戻らない刃 

はなのいろは うつりにけりな いたずらに わがみよにふる ながめせしまに

という小野小町の歌を少しだけ思い返していた。

人の心というものはなかなか分からないもので、本当に花の色が変わるのと同じように色づき、褪せてしまい、永久に続くと思われた蜜月すら何かの拍子に簡単に終わってしまう。

元来、軽薄に振る舞い、思慮浅薄で口から生まれてきたような下劣な男を日々演じている自分だからこそ、何も手元に残らないのだろうか。

ただひと時の清涼剤として「笑い」を提供するだけに終始し、そのたびに信頼や誠実さが剥がれ落ち、大事なモノを絶えず失っては悲嘆に暮れる。

その繰り返しが24年間続いてきた。

一向に貫き通したコトに巡り合えず、「飄々と」とは名ばかりの「寒々しい」自分がいて、ふと振り返れば、後ろには誰もいない。

一匹狼というには牙が丸くなり過ぎてしまった。

愛されるキャラクターをモノにするには汚れ過ぎて、優しさも足りない。

人望や畏敬の念とは無縁の道程――。

レーゾンデートルを他人からの必要度合いに求めるならば、人間としては疾うに失格している。

権力と強靭さだけを居丈高に主張し、裸の王様になるのが関の山だろう。

そこが限界。最低な最高到達地点。

独りでいることを恐れなくなって久しいはずなのに、時折、揺り戻しのように感情が零れてきて、頭を抱えてしまう。

どこで間違えたのか。

それとも天性ゆえの報いか。

収まる在り処――鞘――を求めて、あとどれくらい進めばいい。

ヒトを知り、ヒトに踏み込むのが少し辛くなってきている。

【競馬&長野アナw】10年目の戴冠 

武士沢友治騎手がデビュー10年目で初めて重賞競走を勝利した。長くコンビを組んできたトウショウナイトも、これが初の戴冠。惜敗の日々を乗り越えて、熟成されたコンビの共同作業がついに実った。そしてその瞬間に、デビュー当時から武士沢騎手を推してきた私の悲願も成就した。

顔も騎乗スタイルも派手なところはまるでない。しかし、確かな技術と穴馬を持ってくるセンスは玄人を唸らせるものがあった。

同期の桜は勝浦正樹。テレグノシスとのコンビで一躍GⅠ騎手の仲間入りを果たした彼は、既に毎年安定した勝ち星を挙げる「いっぱし」の騎手として認められている。

今年の勝ち星でも約20の差を付けられ、重賞騎乗にも事欠かない彼に対し、武士沢騎手の主戦場は「午前中」の平場競走であり、ローカル競馬場での中継もされないようなレースである。

しかし、草の根にあって続けてきた努力、一層育まれた技術は、絶対にヒトを裏切らないものだ。ついに、大輪の花を咲かせる。

人馬一体──。画面から伝わるイメージは、一体感に満ち溢れていた。

力強い伸び脚が長い長い府中の直線を突き進む。このゴール板に先頭で飛び込んだ瞬間こそが、これまでの苦難の報いとなる。

並びかけてくるのは天皇賞(春)3着、豪州GⅠ2着の実績が光る国内屈指の長距離ランナー、アイポッパー。騎乗者は関東トップ騎手の横山典弘。

だが抜かせない。1完歩ごとに縮まっていた差が、並んでから縮まらない。

そのまま、先頭で駆け抜けた──。


画面の前で拍手を送る自分がいた。10年越しの重賞制覇を前に、10年間の自分を振り返る。

中学を卒業し、高校を出て、大学も終えた。

にもかかわらず、得たものは限りなく少なく、彼の艱難辛苦を表せるほど筆力は磨かれていない。

募る情けなさを見て見ぬふりせず、逆に推進力へ換え、生きていかなければならないだろう。競馬は時に人生を指し示しているのだから。


--------------------------------------------

こんな真面目な詩を書いた後になんですが、今日は「バカ槻千夏」が昨日から過労で倒れているため、スーパー競馬のメインキャスターが長野翼様でした♪
(*^_^*)

もうね、彼女を見ているだけで癒されます☆
(≧▽≦)ゞ

流麗な日本語、ほとんど原稿を読み間違えない卓越した技術、適切・適度な合いの手。次のメインには是非彼女を据えて下さいませ。
m(_ _)m

いやぁ、競馬以外でも存分に堪能できた時間でした☆★☆
(=^▽^=)

長野翼アナを知らない皆様へ、一応写真を載せておきます。トウショウナイト&武士沢騎手の画像が手に入ったら載せます♪


71165278_8341fab586_o.jpg



moejyo.2005.05.02.nagano_4.jpg



nagano02.jpg

FM2007日記・Yeovil Town~兄から弟への挑戦状~ 

【Plologue】

私には弟がいる。

身長は私とほぼ同じだが、体重は30キロ以上重く、また黒人のように柔軟な筋肉を持つ怪物だ。中学生の頃から現在に近い体躯を有し、それを持て余していたヤツは、いわゆる「ヤンチャ」な生活を過ごした。誰かとトラブルを起こしては、私と母親でよく学校へ赴いたものだ。

根は良いヤツで、心の奥に優しさを隠し持っている。ただ突然スイッチが入り「キレる」時があるのが難点だった。

そんな4つ下の弟。

兄と弟。最も卑近な比較対象として、往く道の質を見比べられるのは間々あるものだが、タイプの全く違う私と弟には無縁だった。

勉学をある程度貫いた私に比べ、彼はより現実的で、経済系の高校を卒業した後に専門学校へ行って技術職に就いたからだ。

正反対。

ゆえに横に並ぶことはあっても、縦に並ぶことはなかった。

しかし、Paul TerryとJhon Terry。

彼らは共に同じフィールドで比較される人生を選んだ。

世界的なスポットライトとは無縁の3部リーグで戦う兄と、煌びやかなステージで世界一の金満クラブを牽引する弟。

差は歴然としている。

兄は弟を誇りにしているのだろうか。

確かに、どこかで兄は弟を「自分のが上」と思いながら、弟の快挙を心から喜べる存在でもある。私自身が兄だからこそ、解る感情。

今の彼らは平穏で幸せなのかもしれない。

それでも――。私は彼らが共にトップリーグで戦い、輝く姿を見てみたい。喩え、それがゲームの中だけの夢物語だとしても。

イングランドの地に降り立ったのは、そういうことだ。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――


仰々しく始まりましたが、FM2007では初のプレイ日記ということもあり、あまり堅苦しくせずに進めようと思ってます。確かに、ドラマティックな展開を狙ってのタイトルですし、設定なのですが・・・正直、それに応えられるような忍耐がありそうにありませんwww

なので、最初は本当に物語っぽくやろうとも思ったのですが、それはまた次回ということで。

とりあえずはGrenoble日記をベースに、多少アレンジしながら書いていけたらと思っています。

仕事が忙しいため、更新はゆっくりになるかとも思いますが、どうぞ末永くお付き合い下さいませ。
m( __ __ )m

解放、そして自覚 

軽い衝撃を残して、足下にボールが収まる。

視線を上げれば、そこには無限の世界が待っている。

ドリブルか、パスか、シュートか。

放つは直線か放物線か。

ヒトをどう動かして、敵をどう交わすのか。

自由にイメージを膨らませ、描いた絵を具現化するための「創作」。

脳が痺れるような快感が押し寄せて、いつまでも球体を追いかけたくなる。

だから、息を切らしながら走ることを止めず、身体を張り、時に痛むことすら厭わない。

麻薬のようなチカラがフットボールには在る。

身体が、精神が病んでいる時だからこそ、狂おしいほどの愛を実感した気がする。

体調も足もイマイチだったけれど、ピッチに立って良かった。


---------- キリトリ -----------

3連休に日記を書くつもりはなかったんですが、何となく素直に感情を書き連ねたくなりました。生粋の物書きなんでしょうね(苦笑)。

それにしても、ボールを追っている時の何とも言えない浮揚感、高揚感は本当に最高だなって思います。

誰もが真剣で、熱くて、楽しんでいる時に1人だけ乗り遅れてたら何もできない。だから、力を解放して、心を研ぎ澄まして夢中にならざるをえない。そこにはソレだけしかなくなるから、終わった後の充足感もまた活力へ変わる。

自分が紛いなりにもフットボーラーでいられてるからこそ救われるシーンってのは、いっぱいあるなぁ。

そんなことを考えた夜でした。

なんとなく金曜日って感覚がなくて、ついつい夜のフットボール観戦時間を調べてしまう。本当に変な気分だ。
(^_^;)

いきなり話は変わりますが、ナビスコ杯決勝についても書いておきますか。

やはりジェフはチームのスタイル的に一発勝負に強いですね。運動量とシステマティックな連係を売りにするチームは、どうしても長いシーズンを戦っているうちにガス欠になります。しかし、優勝争いからも脱落し、一戦に集中できる体制が整えば非常に強い。本来の力をフルに発揮し、出足で勝り、激しいプレッシャーで主導権を握り、相手を押し込むことが可能になるからです。

得点はなかなか入りませんでしたが、終盤の互いに疲れた時間で試合を決めに行けられた力は、チームの走力に裏打ちされたものであり、単発の試合に強いスタイルがもたらしたものなのと言えるでしょう。

選手では1ゴール1アシストの水野。若いのに見事な活躍でした。ラッキーボーイ的な存在が出たチームに勝利は転がり込むもの。ジェフの勝利はこの条件も満たしましたね。当たり前っちゃ当たり前ですがw

書くこと、イパーイ 

ここ最近で1番驚いたことは、「フットサルで知り合った女性が小島太を知っていたこと」です、こんばんは♪
(・ω・)/

やりますな。
(・_・;)

小島太というと、私の世代ではサクラチトセオーを駆ってジェニュインを破った天皇賞秋が思い出されます。

そして何より、初めてココロから好きになったヒトが彼を「チトセ、チトセ」と呼んでいたのを思い出します。

お互いに好きだったはずなのに、どこかで食い違ってしまった。掛け違えたボタンは全て外せば戻るけれど、ヒトは違う。
結局、遠ざかる一方だった。

競馬なんて絶対興味なかった彼女が、チトセオーを知った意味を気付けなかった後悔。

中学2年生。若かったな――。


昨夜はあの日記だけでしたが、あまり興味のある方もいないでしょうし、そろそろ詳細を書こうと思います。

実は昨日、印刷所で校正作業をしている時に会社から「(私のデスクの)PCが壊れた」との報告を受けました。入社時に貰ったPCで、勝手に色々と入れたり世を共に明かしたり、とても愛着があっただけに、なんというか逆にカラッポになってしまいました。

それが今朝、いきなり点いたんですよ!!私のココロが届いたのかと、本当に驚きました。もちろん、嬉しかった。

ただ、挙動は依然としておかしく、最期の命を燃やしているようにも見えたため、バックアップ作業を開始しました。

そして、大方のファイルを移し終えたのち、それを待っていたかのように動かなくなりました。

リカバリィすれば甦るのかもしれないけれど、もう同じキミに会うことはない。

だから今日こそ、今までありがとうと伝えようと思う。

雨の日や雪の日も歩いたっけ。

出張先でも、伴に在った。

お世話になったね。

お疲れ様、そして、ありがとう。

さようなら。

---------- キリトリ -----------

ちなみに今日は他人のデスクで仕事してたので、ネットサーフィンもしてないです。お陰で仕事が進む進むwww

普段の3倍速くらいですよ!今日の私は赤かったはず(ガノタだけが分かるwww)。
v( ̄Д ̄)v


明日が終われば3連休。私も会社にこそ行きませんが、原稿はいっぱい書かないといけません。
・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・

足の怪我でフットサルもできませんし、一歩も家から出なかったり?!
(;´∀`)・・・いたいなぁ・・・

誰か連れ出して下さい(とか言いながら断るオトコですがwww)。

ではでは、健全な皆様は良い夜を☆
(*^ー゚)/~~

私は仮眠→4時起き→3時間原稿書き作戦を発動します!
ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

失敗したら…激怒されるんだろうなぁ。


---------- キリトリ -----------

以下、朝にミクシィへ書いたものをここに。


○チャンピオンズリーグ結果【ネタバレ】


★グループA

バルセロナ 2-2 チェルシー

レフスキ 0-3 ブレーメン

★グループB

スパルタク・モスクワ 0-1 インテル

バイエルン 0-0 スポルティング

★グループC

リバプール 3-0 ボルドー

PSV 2-0 ガラタサライ

★グループD

シャフタール・ドネツク 2-2 バレンシア

ローマ 1-1 オリンピアコス

~超サッカーからのメールより抜粋~

『総括』

今のフットボールシーンでバルセロナ対チェルシー以上に盛り上がる試合はないかもしれない。内容、結果、スピリットの全てが揃った好ゲーム。

バルセロナは勝ち点で3位に落ちたが、ブレーメンを叩いて勝ち上がって欲しい。ブレーメンの試合を普段観ている自分は愛着もあるが、バルセロナにはまだ消えてもらいたくない。

華やかな試合の裏で、愛しのインテル様が敵地で1-0勝利!!
o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪

開始直後のゴール以降は押し込まれるシーンが多く、相も変わらず決定機を逃し続け、引き分けるかとヒヤヒヤしましたが逃げ切りました。同組のバイエルン対スポルティングが引き分けたため、あとはスポルティングにリベンジするのみだ!!!

他には、チャンピオンズリーグだけ強い(?)リバプールが完勝でノックアウトラウンドへ。ボルドーのだらしなさには失望です。

稲本が先発したガラタサライはPSVに完敗。やはり、オランダトップ集団>トルコトップ集団は揺るぎないご様子で。

一方のD組は、くせ者揃いで大混戦ですな。バレンシアとローマも楽には抜けられそうにない。

残りの試合は今夜でございます。

--------------------------------------------
フットボールの話題を続けます。

○カッサーノ、またか

R・マドリーのカッサーノが今日のS・ブカレスト戦のベンチメンバーから漏れた。28日のヒムナスティック戦で出番がなかったことについて、監督に「恩知らず。ローマでは尽くしてやったのに」と毒づいたという。

やれやれ。
┐(´ー`)┌

さすがは現代最高のDQNプレイヤー。数少ない理解者をも簡単に敵へ回す。


○平山語録

FC東京は11日の川崎戦に向けて初の試みとなる敵地専用ポスターを作成し、集客アップを図る。川崎サポーターの来場を狙ったポスターには「君たちは、FC東京に勝ちたくないのか!」と挑発的な内容となっている。

ポスター肖像候補に挙げられながら落選した平山は「ポスターにはイケメンしか載らない。(載るように)頑張ります」と巻き返しを誓った。

あれ?その理論だと、イケメンじゃないキミは頑張っても載りませんよ。頑張るのは整形ですか??
( ̄ー ̄)

さすがは「ハナクソ王子」(興味のある方はググって下さい)と呼ばれるネタの宝庫。平山語録は偉大ですw

もっとも、川崎側の中村憲剛は我那覇にしておくべきだったのでは…。FC東京は誰なんだろ、画像が小さいから見にくいんですが、石川かなぁ。

~共にサンスポより~

--------------------------------------------

続いて芸能ネタ。

○中村獅童・竹内結子夫妻、離婚へ

「今、会いにゆきます」が台無しです。せっかく映画館で観て感動したのになぁ。

まぁ、岡本綾やら高岡早紀やら密会を撮られまくったら仕方ない。
(*´Д`)=з

もうさ、「今、綾とゆきます」で良いじゃん(誰が上手いこと言えと)。
ヽ(゜▽、゜)ノ

関連する誰も特に興味ないので辛口気味w 母親は竹内結子が好きだから離婚を喜んでたwww

--------------------------------------------

オリックスや巨人で活躍した野村貴仁が覚せい剤で捕まったり、懐かしのエスパー清田が大麻で捕まったりと色々ありますが、この辺はさらっと流します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。