FC2ブログ

04 | 2006/05 | 06

熱く激しく、しかし不甲斐なく歯がゆい夜 

(家に着いたのは9時30分前だったか。試合が既に終わっているのを親に確認し、すぐさま観戦に入る。食事の間も惜しんで。そして…)



筆舌に尽くしがたい不満と、吐き出したい怒りがあるのは間違いない。

ボールホルダーへの緩慢なプレス、キープしても一向に躍動感や連動性の感じられない「場当たり的な」攻撃、テクニックやスピードばかりでゴールが程遠い男、ボールがそのまま流れてくることを全く考慮に入れず敵ばかり眺めるポジショニングでゴールを献上した男、完全なカウンター狙いだった相手に少ない手数であっさりと危険ゾーンへ運ばれてったディフェンス陣…挙げればキリが無く、書きながら自分の怒りが更に高まっていくのを感じる。

しかし、本当にポジティブな要素は何も無かったのか。違うはずだ。批判することは多くの方々に任せ、ここは讃えるべきところを讃えたいと思う。

まずは、Jリーグでの不調に危機感を募らせた玉田の積極的なチャレンジ。ゴールに入れられないのは本当に彼らしいのだが、フィニッシュまでの持っていき方、スピーディーなアタック、何かを仕掛けようという意図が見られたのは好印象だった。

それから、彼とコンビを組んだ巻も──軸足に当たって入ったゴールはまぐれだろうが──精力的な動きが目に付いた。時にピッチ中央までボール奪取に走り、顔中、ユニフォーム中を汚して必死にボールへ食らいつく。久保の代役を期待以上に果たした彼を、ジーコは呼んでくれるのだろうか。中山隊長のような活躍を、私はやってくれると信じているのだが…。

最後に、途中出場で実力の差をまじまじと見せつけた小野伸二。柔らかいタッチ、気の利いたトラップ&ターン、玉田や三都主へ通した超絶美技のスルーパス。中1日の強行日程とは思えない軽快な動きは、明らかに動きが重かった小笠原との役者の違いを証明していた。

敢えてもう1人挙げるならば、三都主か。相変わらず引いた相手ならば攻撃性能が活きる。

佐藤、長谷部は、毎度お馴染みジーコ的時間配分意図不明交代の犠牲となった形。長谷部は決定的なチャンスがあっただけに、あれを決めていれば…。


最終スコアは1-2。ジーコは試合後の会見で強がったが、どんな内容でもホームであのレベルの相手に負けてはならない。守備力があってもイマジネーションに欠ける遠藤、福西、阿部のセンタートリオはいかにも消極的ではなかったか、引いた相手を崩すために早く具体的に手を打つべきだったのではないか、采配には甚だ疑問が残る。

13日のスコットランド戦が国内最後のテストマッチ。あとは本番直前にドイツ戦、マルタ戦を残すだけだ。誰のコンディションが良くて、誰がチームに活力を与えているのか、再度見つめ直し、そろそろ適切な処置を施してくれないか。失望と悲しみをドイツに残していかないために──
スポンサーサイト

W杯出場国を斬る~イングランド~ 

イングランドの登録メンバーが昨夜発表された。

GK ジェームズ(マン・C)、グリーン(ノーウィッチ)、ロビンソン(トッテナム)

DF テリー(チェルシー)、ブリッジ(同)、キャラガー(リバプール)、R・ファーディナンド(マン・U)、G・ネビル(同)、A・コール(アーセナル)、キャンベル(同)

MF J・コール(チェルシー)、ランパード(同)、ジェラード(リバプール)、ベッカム(R・マドリー)、キャリック(トッテナム)、ジーナス(トッテナム)、レノン(トッテナム)、ハーグリーブス(バイエルン)、ダウニング(ミドルズブラ)

FW クラウチ(リバプール)、ルーニー(マン・U)、オーウェン(ニューカッスル)、ウォルコット(アーセナル)

補欠 GKカーソン(リバプール)▽DFヤング(チャールトン)▽MFレオ・コーカー(ウエストハム)▽FWデフォー(トッテナム)、ジョンソン(クリスタルパレス)


なんというか、個人的には驚いた。特にウォルコットが正式登録で残ったのには信じられない。

オーウェンのフランス大会みたいな活躍を期待してのものか、「南アフリカ大会に向けて経験を積ませて欲しい」と後任のマクラーレンから依頼されたのか分からないが、まさかの選出だ。トッテナムのレノンも10代でW杯出場のチャンスをゲット。コンサバなエリクソンが使うかどうかは分からないが、すんなりと決勝トーナメント進出を決めれば貴重な体験をすることになるかもしれない。右サイドバックもセンターバックもこなすA・ファーディナンドも選ばれるかと思ったけど、さすがにDFで若手を使うのは無謀に近いものがあるもんなぁ。

一方で落選組。テストマッチでかなりの活躍を見せていたレドリー・キングは4月に負った骨折で無念の落選。チェルシー移籍が完全に悪い方へ出てしまったショーン・ライト・フィリップスも漏れた。個人的にはキャリックよりパーカー、ウォルコットよりダレン・ベントを呼んで欲しかったが、前者はチームが低調、後者はテストマッチで結果を残せなかった以上、止む無しか。

あとはある程度予想通りのメンバー。好調トッテナム勢からの選出が目立つ。この陣容を見る限り、ベストメンバーが揃えばブラジルとも互角にやりあえるチーム(もっとも、ファンタジーアや面白さでは及ばないが)。ベッカムは最後の大会、ランパードやジェラードは脂が乗り切った状態の今回こそ戴冠を果たしたいところだ。


個人的に注目してるのは、J・コール。モウリーニョの指導によって一皮も二皮も向けた彼。テクニックとファンタジーアだけのプレイヤーから、チームのバランスをとり、守備をこなし、ゲームから消えることなく90分を迎えられるプレイヤーになってきた。恐らく中盤左サイドを任されることになるだろうが、テストマッチでエリクソンを唸らせたプレーを見せてくれれば、イングランドの中盤は揺ぎ無いものになろう。背番号10を貰えるかどうかも注目。ルーニーかオーウェンか、彼か…。