FC2ブログ

03 | 2006/04 | 05

チャンピオンズリーグ準々決勝第2節1日目 

いよいよベスト4に進出する2チームが決定する。

ミラン対リヨン

初戦はスコアレスドロー。ジュニーニョ・ペルナンブカーノを欠いたリヨンが良くやったと言うべきか、アウェーゲームを無失点でやり過ごしたミランに良くやったと言うべきか、判断は難しいところだ。

チーム状況を見る限りでは、チアゴの出場停止こそ痛いものの、前述したようにエースのジュニーニョが復帰し、キャプテンのカサッパもベストな状態で復帰するなど、ほぼフルメンバーが揃ったリヨンに一日の長があるか。ミランはカフーが戻り、スタムもベンチ入りできるかもしれないとのことだが、直前のレッチェ戦を嫌な形で落としているだけに、ホームといえど厳しい戦いを余儀なくされるだろう。

いずれにせよ、共に堅守を売りとするチームである以上、先制点がどちらに転ぶかによって大勢が決しそうな気がする。心情的に、またフットボールの質という部分を加味してもリヨンを応援したいと思う。

「予想スコア」

ミラン 0-1 リヨン

トータルスコア1-0でリヨンが準決勝進出。


ビジャレアル対インテル

1stレグでは開始早々に先制され、やっとの思いで逆転勝利を収めたインテル。しかし、ビジャレアルがDFのゴンサロ・ロドリゲスを出場停止で欠くのに対し、インテルは出場停止の選手もおらず、怪我で戦列を離れていたフィーゴが復帰。土曜日のリーグ戦もメッシーナを相手に3-0と圧勝しており、万全の状態でこの試合に臨めそうだ。

一方のビジャレアルも、初戦で出場停止だったアルアバレーナ、ホシコ、タッキナルディが戦線復帰を果たす。土曜日には難敵サラゴサをアウェーで下しているように、チーム状態は良好だ。1stレグでアウェーゴールを奪っているのも大きい。
このアドバンテージを生かせる戦い方――カウンターアタック――が出来れば、見事ジャイアントキリングを果たせるかもしれない。

「予想スコア」

ビジャレアル 1-2 インテル

トータルスコア2-4でインテルが準決勝進出。
続きを読む
スポンサーサイト