08 | 2017/09 | 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存報告 

長らく放置しておりますが、管理人はツイッター上には頻繁に出没しておりますし、最近はニコニコ動画の「ブロマガ」を1週間に1度くらいのペースで発行しています。内容は、このブログから「Football Manager」の日記を除いただけ。直近では、岡崎慎司とマインツに関するコラム、独ブンデスリーガ12-13シーズンの回顧および13-14シーズンのプレビューなどを書きました。もし宜しければ、チェックしてみて下さい。私は「フットボール狂の宴」というコミュニティを持っていますので、そちらから読めるはずです。

なお、このブログも暫くしたら更新を再開します。なぜ長く放置していたかというと、「FM日記の次を用意できたら」と考えていたからです。申し訳ありません。せっかく頂いたコメントにレスしていないのも、心からお詫び致します。こちらも再開時に、きちんと真心を込めて書かせて頂きます。

もう少し、お待ち頂けると幸いです。

暑い夏、皆様も健康には留意下さいませ。
スポンサーサイト

私信 

もう長くFC2ブログを使っているにもかかわらず、いわゆる「鍵付きコメント」のチェックが恒常的に疎かになっております。鍵付きコメントとは、ブログ主にしか見えないコメント。管理画面以外では確認できません。それゆえに見落としがちです。きちんとチェックしていればいいのですが、つい怠ってしまい・・・せっかく頂いたコメントをスルーする形になっています。申し訳ありません。

ただ、気付いた時点で読んでいますし、その温かいコメントには励まされています。ツイッターやニコ生などを介さず、ここだけで繋がっている方がいて、私の長いだけのプレー日記を読んで「Football Manager」を始めた方もいる。それを知るにつけ、「細々でもブログを続ていきたい」と思えます。直接、鍵付きのコメントにレスを返してしまうと、鍵付きの意味がなくなってしまうので、この場を借りてお詫びとお礼をさせて頂きました。

新年と京都橘と私 

明けましておめでとうございます・・・の時期は過ぎてしまいましたが、本年はひっそりと活動しますので、宜しくお願い致します。

長らく放置しておりましたが、体調不良と激務でそれどころではありませんでした(苦笑)。もっとも、2回戦の仙台育英戦で“一目惚れ”した京都橘に夢中になる余裕はありましたがw 彼らに出逢えて、時には現地まで追い掛けて、そして決勝まで応援できる幸せを、今は噛み締めています。

今日の桐光学園との準決勝も見事でした。

1番の永井、今日も勇気ある飛び出しと「絶対にこぼさない」という気迫を感じさせるハイボール処理で相手のロングスロー、放り込みを凌いでくれました。2番の倉本、粘り強く相手の縦を塞ぎ、果敢なドリブルで右サイドに活力をもたらしてくれました。

3番の林、その地空を問わない1対1の強さは、とても1年生とは思えないレベルでした。4番の橋本、的確なカバーとギリギリで足を出せる気持ちの強さは、3年生の責任感でしょうか。林とのコンビは鉄壁でした。13番の吉中、高林の代役とは言わせない、勤勉なアップダウンで左サイドを死守しました。

9番の宮吉、いつものような攻め上がりを自重し、堅実に繋ぎ役をこなして中盤を引き締めてくれました。6番の釋、ボールを刈り取る平常業務に加え、今日はゴール前に顔を出してアクセントになりました。8番の伊藤、右に左に縦横無尽。推進力は衰え知らずで、ゴールまで射止めました。

11番の中野、馬力のあるドリブルとタイミングの良いダイアゴナルランで、アタッキングサードの攻略に多大な貢献を果たしました。7番の仙頭、絶妙なポジショニング、熟達のファーストタッチ、広い視野、京都橘の攻撃は今日も彼から始まりました。

10番の小屋松、圧巻のスピードとスキルだけでなく、怪我を抱えているとは思えない相手を引きずるようなパワーで、相手の守備陣を混迷に陥らせました。17番の赤澤、スラリとした体型から姿勢の良いドリブルは今日も相手を押し下げ、得点の起点となるパスも出しました。

18番の文字、190cmの長身を生かしてセットプレー時の守備と前線でのボールキープで与えられたタスクをコンプリートしました。そして5番の高林、よく帰ってきてくれました。これまで、試合後のインタビューで常に選手達は貴方の名を呼んでいましたね。まさにキャプテンです。

ファイナルサードでの抜群の決定力と自陣での鉄壁の守り。説得力のある強さを示し、明後日の決勝に挑みます。願わくば、彼らに凱歌を。

いつも偉そうにフットボールを語りながら、「予想」と名の付くものは悉くダメでしたが、今回の選手権で京都橘を推し続けてきた人は少ないのではないでしょうか。「結局、自慢かよ」と怒られそうですがw、たまには有頂天になってもいいですよね。

長くなりましたが、2013年の第1弾をお届けしました。

年末のご挨拶 

いよいよ2012年も残り僅か。今年は、これまでで最もブログの更新が減ってしまいました。ただ、13年も細々と続けていきますので、今後とも宜しくお願い致します。

私にとっての2012年は決して良い年ではありませんでした。しかし、幸せと不幸せは交互に、そして均等に来るとされています。13年こそは幸多からんと期待しております。皆様の13年も、素晴らしいものになるよう祈念しつつ、結びとさせて頂きます。

お久しぶりです 

お久しぶりです。これほど更新を休んだのは、過去の不祥事(憶えている方はいないでしょう)以来だと思います。実は、①昇格して仕事が猛烈に忙しくなった、②義父が入院した、③嫁が入院した、という“トリプルパンチ”を浴び、ブログを書く余裕がありませんでした。コメントのやり取りをさせて頂いている方々の所にも足を運べずにいて、ある意味では浦島太郎のようになっています。「ツイッター上には定期的にいたじゃないか」というツッコミはご容赦下さい(苦笑)。

幸い、②と③は無事に解決しました。全くの無事・・・とは言えないのですが、命に別状はありませんし、これからに響くような病気でもないので。私はできる限りサポートし、共に歩むだけです。

さて、お休みの間にはブログについても色々と考えました。無期限の休止という選択肢も浮かびました。今や、「ツイッター」や「ニコ生」を通じた発信もしていますしね。むしろ、そちらがメインとなっている。ただ、ニコ生で「ブログから来ました」や「FM日記を読んでいます」というコメントを頂戴すると、完全に止めてしまうのも憚られて・・・。ウンターハヒンク日記も途中ですしね。

今後は更新頻度が大幅に減るでしょうが、それでもひっそりと続けていきます。皆様の所にも、また覗いたり書き込んだりしますので、その際は宜しくお願いします。

追伸:ウンターハヒンク日記・10を公開したので、興味がある方はどうぞ。この日記の下にあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。