FC2ブログ

04 | 2021/05 | 06

Yeovil Town日記・6 

FM2007日記・Yeovil Town~兄から弟への挑戦状~

1月

1日 月間最優秀選手に我等がAsabaが選ばれました♪なんと7試合で9ゴールを決める大稼ぎ。そりゃ、選ばれますって(☆∀☆)

1日 対 Northampton(H) 3位

1つ下の3位との上位対決ということで、大事な試合です。相手は守備陣が手薄のため、打ち合いになれば勝機は十分ある。しかし、試合は予想外に「探り合い」となり、均衡状態になった。後半に入り、やや押し込まれたのはYeovilだったが、相手DFが貰ったイエローに対する審判への執拗な抗議で退場すると、楽になった。エースCohenがクロスから豪快にボレーを叩き込んで先制し、1-0で見事に勝利。元日マッチを制し、日本人の暁監督には最高の年賀となった。


※実はこの1月1日のマッチの直前にパッチを当てたんですが、処理速度が速くなったような・・・気のせい?

3日 Webbが練習で負傷し、全治1~2週間。怪我しがちなのはパッチで直ったんのじゃないの?

6日 対 Rotherham(A):FA Cup 3rd Rnd

あれよ、あれよという間に勝ち上がってきてしまったFA杯だが、3回戦も願ったり叶ったりの相手を引いた。アウェイといえど、降格争いをしているチームに負けるわけにはいかない。オウンゴールで1点を失ったものの、2-1で手堅く勝利した。勝利賞金は8M!!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ


8日 守護神Behcetがウイルス性の風邪で最長1週間の離脱。うつさないようにね。

10日 対 Brighton(H):22位

降格ゾーン真っ只中のチームに、一応運に恵まれてとはいえ2位をキープしているチームが負けるわけにはいかない。またもやオウンゴールで先制を許し、前半をビハインドで折り返したが、後半に攻撃陣が奮起。Asabaの2ゴールとMorrisのゴールで3-1と逆転勝利した。v( ̄Д ̄)v


13日 対 Bradford(A) 5位

順位ではこちらが上だが、総合力は相手が上。オッズはその辺りをしっかりと見抜いているようだ。先制されて追いついたまでは良かったが、後半は相手の猛攻に遭い2点を連取され、終盤に1点を返すのが精一杯。久々の黒星を喫した。

※過酷な日程のため、SkivertonとCohenに要休養マークがついてしまった。かと言って休ませるわけにはいかず・・・誤魔化しながら使っていくしかないか。幸い、次の試合まで1試合空くし。

20日 対 Leyton Orient(H) 14位

ホームに帰って下位チームと戦ったのだが、前半にBarryがFKを直接決めて先制したものの、前半終了間際に追いつかれると後半立ち上がりには逆転ゴールを許す始末。83分、Morrisがなんとか同点弾を叩き込み引き分けたが、後手後手に回る内容に乏しい試合だった。


23日 好調のAsabaがウイルス性の感冒で5日間~2週間の離脱

27日 対 Derby(H):FA Cup 4th Rnd

チャンピオンシップで20位と低迷するDerbyですが、どのポジションの選手もうちの選手より上。ところが、立ち上がりにカウンターからWebbが決めて先制すると、粘り強く守りきって勝利!!!(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人
なんと12M貰って5回戦に進出です。(;・∀・)



○1月最終成績○

1月は5試合をこなしたYeovil。うちリーグ戦3試合は1勝1敗1分、FA杯は同ディヴィジョンのRotherham、格上のDerbyを撃破して、ついに5回戦へ進出。クジ運次第ではもう1回勝てると思ったが、West Hamを引いてきて万事休す。メンバー落としてきても勝てないだろうなぁ。

Yeovil Town日記・5 

続きを読む

Yeovil Town日記・4 

FM2007日記・Yeovil Town~兄から弟への挑戦状~

11月

4日 対 Millwall(H) 15位

ここで勝ち点3を取るためにカップ戦は捨てたんだ。負けるわけにはいかない。なんとなく変な理屈だが、フルメンバーで戦ったホームゲームは久々先発のGrayが質の高いオフ・ザ・ボールから2点を奪い勝利した。83分にセットプレーから1点失ったように、相変わらず1試合1失点以上のペースで失点を続けているが攻撃陣は好調だ。

※今月は試合間隔が1週間あるため、コンディションづくりは楽なのだが・・・逆に試合に出てない選手のフィットネスは不足気味になるかも。練習試合でも挟むかなぁ。

11日 対 Merthyr Tydfil:FA Cup 1st Rnd

うちのオッズは1-10だってさ  ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!  確かに、相手はセミプロチームでうちが負けて良いはずはない。ホームゲームだしね。立ち上がりから一気に攻め寄せると前半にWebbが貫禄の2ゴールを挙げてリードを奪い、相手が疲れた&退場者を出した後半はゴールラッシュ!!Paul Terryが今季初ゴールを含む2得点、途中出場のMcCallumにもゴールが生まれて5-0の爆勝!Terryは能力的にディフェンシブなセンターハーフの3番手に過ぎないため、なかなか出番はないわけですが頑張ってくれました。

そして、勝利賞金3Mキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!  あまりイングランドではやらないので覚えてなかったのですが、勝利賞金高いのね。うちにとって3Mは非常に貴重なだけに、くじ運に感謝しないと♪後半に負傷退場したWelshも全治2日~1週間と軽傷だったし☆


13日 FA Cupの抽選会が行われ、またまたセミプロのチーム引いた~♪

18日 対 Oldham(A) 22位

アウェイゲームでも終始試合を支配したYeovilは、Grayが後半に入って相手DF2人の間隙を縫うドリブルから豪快にネットを揺らして先制し、その後何度もゴールを襲ったものの、GKの好セーブと決定力不足から追加点を奪えず。すると86分、4トップにしてきた相手の攻撃を抑えきれず同点に追いつかれてしまう。枠内シュートは我々が8に対し相手は2本と「勝てる試合」だったのだが・・・無念のドロー。


25日 対 Crew(H) 12位

開幕前は半分より上の順位に入ると目されていたCrewだが、ここまでは苦戦を強いられている。この日もYeovilの攻撃陣の猛威に晒されて防戦一方。GKを中心に守備陣が奮起し、84分にKalalaが30メートル強のミドルシュートを突き刺すまで無失点で抑えていたが、点を奪える気配は全くなく、1-0というスコア以上に差をつけられた敗戦だった。逆にYeovilは今月最後の試合を勝利で飾り、これで今月は2勝1分の無敗で乗り切った♪
v( ̄Д ̄)v



○11月最終成績○

FA Cupでの大勝を含めて、今月は3勝1分と素晴らしい成績。順位も未だ上位をキープしており、怪我人が出なければ中位で終われるかも。ちなみに給与予算は結構な額はみ出ているのに、チームが上位につけていることもあって観客動員に恵まれ、業績は毎月黒字!!来季に向けて給与枠を拡大して欲しい・・・。

あれ、SS撮り忘れた・・・。
(;つД`)

Yeovil Town日記・3 

FM2007日記・Yeovil Town~兄から弟への挑戦状~

10月

1日 最優秀選手とか監督の選出がありましたが、引き続き無視w

4日 右サイドバックのレギュラーとして毎回安定したパフォーマンスを見せてきたThelwellが練習で負傷して全治1~2カ月。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
折角怪我人が減ってきてサブの1人だけになっていたのに・・・残念。

7日 対 Blackpool(H) 9位

オッズ上はこちらが勝利見込み。しかし、4倍対5倍というのを見ても戦力値は互角。実際前半は押し込まれるシーンが目立った。

「サポーターのために勝て!」と檄を入れて迎えた後半は逆にYeovilペースで試合が進み、ついに73分、Webbが巧みなフリーランニングでマーカーを外して先制点を挙げた。

さらに82分、CKからWebbが決めて2-0とすると、相変わらずの悪い癖で終了間際の86分に1点を失ったが2-1できっちり勝ち点3をサポーターにプレゼント。スタッツを見る限りでもシュート数で倍、枠内シュートで4倍となっており、後半はよく頑張ってくれた。


14日 対 Gillingham(A) 18位

下位に沈んでいるとはいえ、自力では相手のが上であることをオッズが示してる。実際、前半の早いうちに先制されて苦しい展開になった。ところが、攻撃陣は好調。Webbがカウンターから同点にすると、キャプテンのSkivertonがCKからヘッドで逆転弾を叩き込む。

しかし、勝ち点3を珍しく守りに行った采配が失着となってしまった。守備的なフォーメーションにしたために中盤で自由にボールを動かされてしまい、サイドからの放り込みに守備陣の対応も徐々に遅れると、残り30分から2失点。結局勝ち点を取り逃す結果に、苦虫を噛み潰した。順位は6位。

※負傷退場したTonkinが無事だったのと、負傷マークがついて代えたMcCallumも異常なしだったのは救い。

17日 対 Notts Country(H):Jhonstone’s Paint Trophy

耳慣れないカップ戦で2部チームとの対戦です。当然、スタメンは全員サブ。それでも楽勝かと思ったのに・・・すっとこどっこいな守備陣が点をとる度にゴールを献上する始末。なんとか3-2と競り勝ったが、Morrisの負傷退場といい、内容は最悪に近い。

この勝利で600kの賞金をゲット。下位ディヴィジョンでは馬鹿にならない額だから、ありがたい。ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

ちなみにMorrisは全治2週間程度と、軽傷。助かった。


21日 対 Swansea(H) 8位

順位上は下でも、メディア予想で6位とされている彼らのが実際には強いのかもしれない。しかし、うちはホームなら強い。この日も21分に好調McCallumの豪快なボレーで先制すると、相手の反撃をカウンターからの1点に抑えてドロー。シュートは沢山打たれたが、決定力不足に助けられた。順位は変わらず6位。


24日 大切な左サイドバックのTonkinが怪我。全治1~2カ月だとさ。┐(´∀`)┌


28日 対 Brentford(A) 20位

20位のチームが相手なのに、どうやらうちはかなり分が悪いらしい。見る目のない奴等だ ( ゚Д゚)ドルァ!! と、無駄に息巻いてやってきたYeovilだが、開始2分で失点しては世話ない。さすがに一瞬だけ動揺の表情を見せた暁監督は、すぐさま高い位置まで上がってくる相手の両サイドのケアを指示するなど修正を加える。

その結果、前半はゴールこそなかったものの幾つかチャンスをつくり、相手の攻撃も押さえ込んで、良い形で後半へ。すると、今季好調のWebbがチームを救う。58分、76分と切れ味鋭いドリブルから相手ディフェンスラインを突破してゴール!!鮮やかな逆転勝利でYeovilは順位を1つ上げた。ちなみに、エースCohenがレイティング10を達成☆


31日 対 Bristol City(A):Jhonstone’s Paint Trophy 2nd Rnd

絶対勝てないだろうと思った時点で勝敗は決しているもの。4日後のリーグ戦の相手が勝ち点3をとれそうなMillwallということから、オールサブで戦い1-4の惨敗。ってか、奴等強いぞ・・・(;´Д`) しかも、運悪くAsabaが終盤に負傷して全治2週間~1カ月。悪巧みの報いですな・・・。



○10月最終成績○

カップ戦は見事に2戦目で砕け散ったが、リーグ戦は案外順調に進んでます。特にCohenの活躍と能力は全然ないのに点をとるWebbの不可解さが目立ちますねwww

10gatsu.jpg

Yeovil Town日記・2 

FM2007日記・Yeovil Town~兄から弟への挑戦状~

9月

1日 最優秀選手とか監督の選出がある日ですが、暫くは無縁なので無視w

2日 対 Leyton Orient(A)

相手は17位、こちらは16位と「上下対決」となった、この試合。戦前は不利が予想され、「打ち倒す!」と鼓舞したものの逆効果で2人がモラル最低になってしまうという悪循環の中、Guyettがセットプレーから強烈なヘッドで2発!!開始早々に鮮やかなミドルで先制され、前半でエースCohenに負傷マークがついて交代を余儀なくされた時にはどうなるかと思ったが、逆転勝利で11位へ浮上した♪


3日 入団直後に怪我して戦線離脱していたAsabaがようやく練習に復帰。能力はかなり落ちているが、これからに期待したい。

9日 対 Chesterfield(A)

アシマネのレポートを読む限りでは、中心選手の能力もチーム能力もたいしたことないと思ったのだが、報道では相手が有利とされている。しかし、試合はYeovilペースで進み、14分には怪我明けのMcCallumが先制点を挙げる。ところが、再三再四のチャンスをGrayが逃し続けると雲行きが怪しくなり、29分に同点に追いつかれてしまう。後半は互いにチャンスをつくりゴール前に迫ったが、決め手を欠いてドロー。順位は13位に後退した。


12日 対 Doncaster(H)

久々にホームへ帰り、必勝体勢のYeovil。戦力値で上回る相手に対して、狙い通りのカウンターでWebbが2点を奪取したものの、終了7分前にまさかの同点弾を浴びて勝ちきれず。順位は1つ下がって14位に。負けてはいないが、ジリ貧だぞ。(;つД`)


16日 対 Scunthorpe(H)

17位のチームとの戦いは、ホームサポーターの声援を背に積極的に仕掛け、相手が退場者を出したこともあり、きっちりと勝ち点3をゲットした。好調Webbがこの日も2ゴールと気を吐き、脆弱な守備陣はなんとか1失点で切り抜けた。無失点に抑えられないんだもんなぁ。これで順位は8位へ。


23日 対 Cheltenham(A)

メディアの予想ではうちの1つ下、24位となっていたものの、ここまで5位と健闘するCheltenham。しかし、能力に見るべきところはない。ここはきっちり勝って、勝ち点を積み上げたいところ。

久々に試合間隔が1週間空いてコンディションが上々のYeovilは、怪我から復帰したAsabaが先発に名を連ねる。前半18分、Grayが中盤との巧みなパスワークで抜けだして先制すると、後半に入って47分、Asabaがいきなりのゴールを挙げて2-0とリードを広げる。

Cheltenhamはゴール前まではいくものの、シュートが一向に枠へ飛ばず90分間で枠内シュートは0本。降格候補同士の対決はYeovil Townが制し、順位を5位まで上げた。


26日 対 Tranmere(H) 18位

MiddlesbroughやらBluakburnなどトップリーグから選手をレンタルできている時点でうちらより格上なんじゃないかと思うわけですが、18位に沈んでいるTranmereをホームで迎撃。ってか、このディヴジョンは何故か4-1-2-2-1が流行中。どこのチームもそればっかりなんですが。( ・ω・)

試合の方は、警戒していたボロからの助っ人Danny Grahamをフリーにして毎度お馴染み先制点を奪われる展開から、王様Witschgeのゴールで追いつき、後半にはGrayが角度のないところからネットにボールを突き刺して逆転した。能力的にはちっとも勝ってないし、内容もほぼ互角でしたが、うちのGKが踏ん張ってくれた。彼は半信半疑で使っていたのに、かなり優秀です☆ そのうち紹介します♪

この勝利によって、なんと3位へ浮上しましたwww


30日 対 Bristol City(A) 2位

血迷ったか3位につけるYeovilはアウェーでBristol Cityと「ダービーマッチ」を戦う。互いに好調な今、「リアルなら現地は相当盛り上がるんだろうなぁ」とか思いながらアウェー用のカウンター作戦を発動。ポゼッションは相手に譲りながら要所は激しいプレスで締めるという戦い方は正解だったようで、相手の枠内シュートを1本に押さえ込んだが・・・その1本がスーパーミドルだった。(;つД`)  連勝は3でストップ


○9月最終成績○

3連勝があったりと、なかなかに好調だった9月。さてさて、どこまで勢いは続きますか。

9gatsu.jpg