10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FM日記置き場 

メインコンテンツであるFootball Managerシリーズの企画を整理して置く場所です。


※FM日記最終更新日:2016年7月23日
続きを読む
スポンサーサイト

ビビビッと来た 

ビビビッと来た――。と言っても、松田聖子の話ではない。スコットランドのフットボーラー、John Fleckだ。相互リンクの間柄であるケンティー氏の「名将現る -Football Manager-」の「負けに不思議の負けなし」(2016年7月23日付)に登場した彼の名前を読んだ瞬間、私の脳内に「以前、Football Managerで獲った選手だ!」と大きな声が鳴り響いた。

私も34歳を迎え、あやふやな記憶が増えてきた。度忘れも少なくない。しかし、John Fleckの記憶は確かだった。当ブログの検索機能に「John Fleck」と打ち込めば、かつてのプレー日記がヒットした。

http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/blog-entry-1766.html

FM2010による「1860ミュンヘン日記・9」である。

読むと、スコットランドのレンジャーズからクラブ史上最高額の18億5000万円で、彼を獲得していた。

Fleck_20100823115739_201607240146143e1.jpg

その金額に相応しい、21歳にしてワールドクラスの能力だ。2010年時、実際の年齢は19。ゲーム内で2年が経過しており、成長分もあるだろうが、いずれにせよ素質を高く評価されていたのは間違いない。

しかし、現在、彼はトップリーグでプレーしていない。2012年1月にレンジャーズからブラックプール(英2部、当時)へ期限付き移籍、同7月にはコベントリー(英3部、当時)へ完全移籍。今年7月からはシェフィールド・ユナイテッド(英3部)でプレーしている。スコットランド代表もU-21を最後に途絶えた。言い方は酷だが、伸び悩み、表舞台から消えかかっている。

実際、上記の「負けに不思議の負けなし」に掲載されているJohn Fleckの能力を見ると、FM2010から大幅に弱体化している。

2016y07m23d_032047331_R.png
ケンティーさん、勝手にキャプチャーしてすみません

Football Managerのリサーチャーは優秀で、だからこそプロのフットボールクラブや監督らが提携したり、スカウティングに用いたりする。個人的に印象に残っているのはSimone Padoinで、彼はビチェンツァでプレーしていた頃から「Championship Manager」(Football Managerの前身)で能力が高く、今では白黒(ユベントス)にいる。

ただ、“結果的に”期待が大き過ぎた選手も多い。John Fleckも、このままその一員となってしまうのか、それとも苦労の末にブレイクするのか。

まだ24歳。時間は、十分に残されている。

Football Manager 2015のデモが公開されました 

Football Manager 2015のデモが公開されました。商品を予約している人は、ダウンロードできます。

筆者は2014を全くプレーしないまま、2015を迎えました(苦笑)。もっとも、SIへの“お布施”は生涯続けるつもりなので、プレーの有無は関係ありません(それでいいのか)。

さて、2015には新しい要素があります。その幾つかを紹介します。

まず、監督(=プレイヤー)の経歴によって初期能力が変化します。

Manager Style

指導者としてのライセンスと選手としての経歴を最大にすると・・・

Manager Style Max

一方、共に最低にすると・・・

Manager Style Min

かなり違いますね。監督としての生活に、大きな差が出るはずです。

ユーザインターフェイスも、より視覚的に捉えられるようになりました。

Start_2014102421373861a.jpg

左端にアイコンが並んでおり、上から「ホーム」、「メール」、「選手」、「スケジュール」、「コンペティション」、「セカンドチーム」、「U-19」、「戦術」、「チームレポート」、「スタッフ」、「練習」、「スカウティング」、「移籍」、「クラブ」、「理事会」、「予算」です。

布陣や戦術の設定は、すっきりとまとめられています。

formation_201410242146001d5.jpg

選手名の左側にある円グラフの長さや色は、適正を示しています。分かりづらいかもしれませんが、MoritzとHofmannの適正はAccomplishedで、他の選手はNatural。また、Brosinskiは「full back」の役割が「Very good rating for the senior team」となっており、非常に向いています。

戦術を細かく設定するのが、以下の画面です。

tactics_20141024214602bb2.jpg

マインツのスタイルを表現すると、以下の指示でしょうか。

tactics2.jpg

緑が選択した指示で、赤は矛盾する指示です。

練習は、あまり変化していない気がします。

training_20141024220024416.jpg

何を集中的に鍛えるのか、どれくらいの負荷をかけるのか、平時と試合の前後を分けて決められます。

むしろ面白いのは、スカウティングの変化です。

arnautovic.jpg

分かりますか?

スカウトの知識によって、選手の能力がアバウトに表示されるのです。ただ、Paceが14-20は差があり過ぎませんか?足の速さが、そんなに違って見えるはずがない(苦笑)。試み自体は歓迎ですけどね。

その他、色々と改良されているようですし、プレーを通じて発見する喜びを味わいたいと思います。

以下、主な日本人選手の能力を紹介しておきます。酒井宏樹や大迫は、かなり評価されていますね。原口や柿谷は、やや低めからのスタートです。
続きを読む

Football Manager 2014のデモが公開されました 

「Football Manager 2014」の予約者向けにデモが公開されました。2013を満足にプレーしていない分際で、早速インストール。新作は早く触りたいという気持ちは残っていますからねw

beta_201310170035546b3.jpg
「Downloads」の部分が気になる

新作というよりも進化版―。事前の情報からの想像は、正しいと感じます。立ち上げてから始めるまでの流れは、基本的に2013と同じ。

Personal.jpg
生まれた場所と好きなフォーメーションを設定できるようになった。ただ、生まれた場所はアルファベット順で、「埼玉」までが長過ぎて東京のままにした。育った場所は東京だし(どうでもいい

さて、もう深夜ですし、プレーの感想は改めて。いつものように、日本人選手を紹介しておきます。細貝がアンカーとして強力になった印象です。他の選手は、そこまで大きく変わっていない気がします。評価額の増減はありますが。例えば、乾が10億円を超えています。なお、途中で面倒になったためw、紹介する選手は絞り込みました。犠牲になったのは瀬戸や松井大、MLS組などです。すみません。

画像は以下の「追記」の部分で。
続きを読む

Football Managerのプレー日記 

長らく「Football Manager」の話題から遠ざかっていますが、プレー日記を書いていらっしゃる方を見付けました。御存じない方は、ぜひ。

わわらばのFM日記

もはやプレー日記の紹介すら、以前の体裁を貫いていないという(苦笑)。「お前のプレー日記はどうした?」というツッコミに対しては、「PCのある部屋に暖房機器がなく、寒い(から長く過ごせない)」というお詫びしかありません。ただ、「着る毛布」を買ってもらったので、なるべく早く取り組みます。決して、今更ながら「ギレンの野望 アクシズの脅威V」のPSP版にハマったからではありません(おい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。